ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 770393 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

赤岳

日程 2015年11月26日(木) 〜 2015年11月27日(金)
メンバー MS-06R-2
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間40分
休憩
2時間10分
合計
8時間50分
S八ヶ岳山荘08:0011:10行者小屋13:0015:00文三郎尾根分岐15:2016:50行者小屋
2日目
山行
7時間0分
休憩
50分
合計
7時間50分
行者小屋07:2009:10文三郎尾根分岐10:20赤岳11:00文三郎尾根分岐11:50行者小屋12:4015:10八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン ピッケル ハードシェル 

写真

行者小屋手前から積雪量が増えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋手前から積雪量が増えてきました
3
ノートレースの文三郎尾根尾に進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノートレースの文三郎尾根尾に進みます
吹き溜まりは進むのがつらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹き溜まりは進むのがつらい
2
階段はまだその姿をとどめてくれている
でもいつもより長く感じる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段はまだその姿をとどめてくれている
でもいつもより長く感じる
2
一瞬ガスの切れ間から赤岳が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬ガスの切れ間から赤岳が
2
赤岳主稜分岐かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳主稜分岐かな
文三郎分岐はなかなかみえない・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎分岐はなかなかみえない・・・
1
見えた
でもまだまだ遠い こっからラッセルで1歩1歩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えた
でもまだまだ遠い こっからラッセルで1歩1歩
3
ようやく分岐到着
一瞬阿弥陀岳と南陵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく分岐到着
一瞬阿弥陀岳と南陵
2
予想通りの風のため今日は
これで降ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想通りの風のため今日は
これで降ります
2
明日もう1度チャレンジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日もう1度チャレンジ
3
夕暮れです
テン場へ急ぎます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れです
テン場へ急ぎます
3
夜半は晴れ間もあり
月が雪面を照らしていましたが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜半は晴れ間もあり
月が雪面を照らしていましたが
2
翌朝は昨日よりもガスが
再び文三郎尾根を登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は昨日よりもガスが
再び文三郎尾根を登ります
2
分岐到着
昨日より風は弱くこのまま赤岳を
目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐到着
昨日より風は弱くこのまま赤岳を
目指します
2
鎖は出ているのでルートは取れるのですが
吹き溜まりのラッセルがしんどい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖は出ているのでルートは取れるのですが
吹き溜まりのラッセルがしんどい
2
竜頭峰
あと少しだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜頭峰
あと少しだ
4
よかった
ハシゴは出ている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よかった
ハシゴは出ている
6
ハシゴふたつ目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴふたつ目
3
ようやく到着 しかし
風とガスのため滞在時間3分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく到着 しかし
風とガスのため滞在時間3分
8
竜頭峰を下りはじめたら
風が一段と強くなってきた
凍っていないけど下りは緊張する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜頭峰を下りはじめたら
風が一段と強くなってきた
凍っていないけど下りは緊張する
2
文三郎分岐を通過
風も強く寒いので
休憩なしで降ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎分岐を通過
風も強く寒いので
休憩なしで降ります
1
行者小屋到着
急激に寒気が入ってきた感じがする
急いでテントを撤収し南沢を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋到着
急激に寒気が入ってきた感じがする
急いでテントを撤収し南沢を下ります
3
けっこう降りてきたのに寒い寒い
昨日は凍って無かった沢も凍り始めている
このまま温泉めざします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう降りてきたのに寒い寒い
昨日は凍って無かった沢も凍り始めている
このまま温泉めざします。
3

感想/記録

1泊2日の予定で赤岳をめざしました。
1日目は行者小屋から文三郎尾根を登りましたがガスと風が強く
ラッセル箇所も多かったので文三郎分岐まで登って行者小屋にもどりました。
夜半は晴れ間もあり雪の月夜も楽しめたのですが、翌朝は曇り空のスタートでした。
文三郎分岐までは昨日のトレースで少し楽に登れました。昨日よりは風も弱くこのまま赤岳を目指しました。竜頭峰までの岩稜は鎖がでているのでルートは明確でしたが吹き溜まりのラッセルに時間をとられました。
山頂は風とガスのため数分滞在で下山開始、竜峰頭を過ぎたあたりで風が強くなって
きたので文三郎を通過し一気に行者小屋まで降りました。寒気が入ってきているようで樹林帯に入っても寒さがどんどん増してきます。急いでテントを撤収し南沢を下りました。
雪を想定しての山行でしたが、新雪の為ピッケル・アイゼンはまだ効果的ではなかったですが良い経験となったと思います。
訪問者数:652人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/4/7
投稿数: 6
2015/11/28 22:33
 雪山初心者の自分にはトレースが生命線でした
赤いジャケットの方かな?何度かすれ違いましたね。金曜にラッセル跡を利用させていただきました。トレースがとても心強かったです!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ