ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 770507 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

伊奈ヶ湖〜櫛形山

日程 2015年11月28日(土) [日帰り]
メンバー drunk
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊奈ヶ湖県民の森キャンプ場
中央道双葉JC → 中部横断自動車道「南アルプスIC」→ 県民の森入り口から15分

道路状況:舗装した一般道に枯葉多数(てんこ盛)
     ※凍結はありませんでした

駐車場:県民の森にあり(無料)

トイレ:ほこら小屋にあり
    ウッドビレッジは未確認
    
コンビニ:南アルプスIC周辺には無かったと思います
     但し一般道沿いにあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
27分
合計
5時間47分
S伊奈ヶ湖駐車場06:0007:51ほこら小屋08:31櫛形山(最高点)08:43櫛形山08:4608:56櫛形山(最高点)09:24裸山09:3509:49アヤメ平09:5109:51アヤメ平避難小屋10:45見晴らし台10:5611:47伊奈ヶ湖駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山行総工程時間=5時間48分(標準時間=7時間20分)
歩行距離=24.39km
標高差=1,173m
平均速度=4.21km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに表記されているので、参考程度として下さい。
 データの間引きは1,000P以下にしています。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
コース状況/
危険箇所等
1.中尾根登山道は歩きやすいです
2.ほこら小屋以降、一部雪があります
3.日が出ると、踏み込んだ時に霜柱が崩れて埋まります
 少し歩きにくいです
4.北尾根登山道は枯葉がびっしり敷き詰められていて
 枯葉の下の枝や石で足元がぐらつくので歩きにくいです
 こちらを登りに使うほうが良いと思います
その他周辺情報ウッドビレッジ伊奈ヶ湖
http://www.inagako.com/

南アルプス市
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/sisetsu/lodge-kenmin
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヒートテックTシャツ ヒートテック長袖シャツ アンダータイツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 帽子(ニット帽) 手袋(冬用) ストームクルーザージャケット(パンツは未使用) 着替え ザック ザックカバー スパッツ ダブルストック 行動食(SOYJOY×1+おにぎり×2+パン×1) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×3+山専ボトル500mL) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト ストック 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

伊奈ヶ湖駐車場を出発です。
ちなみに空には一片の曇りもなく素晴らしい星達でした。
満月の月明かりが邪魔でしたが……。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊奈ヶ湖駐車場を出発です。
ちなみに空には一片の曇りもなく素晴らしい星達でした。
満月の月明かりが邪魔でしたが……。
2
富士山の見事なモルゲン……くうぅ〜木々が邪魔ですうぅ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の見事なモルゲン……くうぅ〜木々が邪魔ですうぅ。
1
そしてご来光
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてご来光
2
これまた久し振りの見事な青空。葉の落ちた木々の姿もまた季節を感じさせます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまた久し振りの見事な青空。葉の落ちた木々の姿もまた季節を感じさせます。
3
奥仙重(三角点)に進むと、登山道にも雪があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥仙重(三角点)に進むと、登山道にも雪があります
1
山梨百名山の標柱がある地点、初めて来た時はここで引き返してしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山の標柱がある地点、初めて来た時はここで引き返してしまいました。
1
奥仙重に向かう途中で、ようやく景色が開けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥仙重に向かう途中で、ようやく景色が開けます
4
裸山に向かう途中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裸山に向かう途中
1
裸山からの眺望、まん前に南アルプスがあるのに、ここ櫛形山界隈は眺望がイマイチです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裸山からの眺望、まん前に南アルプスがあるのに、ここ櫛形山界隈は眺望がイマイチです。
3
みはらし台より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みはらし台より
3
みはらし台より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みはらし台より
1
みはらし台より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みはらし台より
2
みはらし台より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みはらし台より
9
みはらし台より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みはらし台より
4
みはらし台より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みはらし台より
4
みはらし台より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みはらし台より
1
少しだけ紅葉が楽しめました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ紅葉が楽しめました
3

感想/記録
by drunk

2015年11月28日(土)
本日は快晴なり。但し北へ行けば強風予報となっており、
またもや狙う山とは別の所へ訪れる事になった……(T^T)
自分が慎重なだけなのかもしれないが、
とにかく今年はあの山とは縁が無いらしい。
※明日も曇天らしいので今年度の登頂は諦める事にした。

さて今回は再登となる「櫛形山」である。
南アルプス前衛に位置する「櫛形山」ではあるが、
樹林帯が多く、また尾根&山頂での眺望はあまり期待できない。
眺望があるのは、池の茶屋林道側だけと思われ、今回は苦行になるかもしれない。
折角の快晴なのに、眺望も期待できないこの山を選択した理由は
強風を避ける為以外に、他に候補が思いつかなかった事も理由だが、
前回訪れた時のログが無い事から、今回はログを残す事を目的にした為である。

とは言え、ここ数週間のぬるい山行からの脱却と言う意味では
「櫛形山」は標高差もあり、山自体を堪能するには問題はない。
そして暗闇の中、静かな山行を期待してスタートする。

が、しばらくすると一時的に先行者を追い抜く事になる。
一時的と言うのは、追い抜いた後、
ず〜〜〜〜〜っとヘバリ付かれたからである。
静かな山を楽しみたかったのに、
真後ろで足音が響き続けるのに辟易したので、
こちらの休憩がてらに抜いてもらいました。
(若い男性と思いますが、暗いので判りません)
彼はあっと言う間に居なくなり、
そして改めて静かな山の時間を過ごす事になります。

でもはっきり言って身体は重たい感じです。
心肺関係は問題ありませんが、足の筋肉が言う事を聞きません。
判ってはいますが、眺望の無い山は疲労感が別物です。
先週の疲れが残っているのと、捻挫はいまだ回復せずで、
下半身に問題ありです。(下半身に問題って、男性として最悪か?)
これだけ山に入ってて、捻挫云々か?
いや、ひねり具合とか、足のつき方とかで、
「ウッ」ってなるんです(-。-)ボソッ

なお登山道は、中尾根登山道から登りましたが非常に歩きやすい環境です。
ただ下山の北尾根登山道は、こんなに歩きにくかったのか?
と思うほど歩きにくかったです。(前回は平成峡経由だったので詳細は不明)
枯葉の下に、「木の枝」「石ころ」が点在しているのと、
急勾配箇所は、枯葉で滑るので、かなり慎重に歩きました。
なので、今回とは逆方向で登るのがお勧めかもしれません。

今回はこんなところで。
訪問者数:556人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 931
2015/11/30 11:42
 以前予告しておられた櫛形山ですね✨
今回、お目当てにしていたお山ではなかったようですが、以前12月に歩かれるとおっしゃっていた櫛形山ですね〜(*^▽^*)お恥ずかしながら櫛形山を存じ上げていなかったのですが、南アルプスの懐、っと言ってもいいような位置に存在するのですね!さぞや眺望が!!っと思いきや、なかなか気に囲まれた我慢の登山のようですね💦でも個人的にはお写真5枚目以降はそんなに密な樹林帯でもなさそうで、お天気も良かったのもあるのでしょうが日も差し込んで気持ちよさそうです♪見晴らし台も広く作られているのですね!!(≧▽≦)
登録日: 2012/3/4
投稿数: 371
2015/11/30 19:13
 過去に訪れた時と略同時期の櫛形山
chi-suke さん毎度。
今回の櫛形山登山ルートは、標高差もあり
又、歩きでもあり(もっと歩きでのあるルートもある)なのですが、眺望はイマイチです。
池ノ茶屋登山口から登れば、1時間もかけずに山頂に到着できるのと
登山口までの移動&登山中の眺望は素晴らしいと思います。
ただ林道は冬期閉鎖期間があると思いますので、要確認です。

下記は2012年の簡単な記録です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-204977.html

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 ご来光 三角点 紅葉 霜柱 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ