ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 771024 全員に公開 ハイキング丹沢

惣久径路・八丁径路下部探索

日程 2015年11月28日(土) [日帰り]
メンバー zuppy1519
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清川村役場前駐車場(今回から道の駅に昇格)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
14分
合計
5時間45分
Sスタート地点09:0809:13煤ヶ谷09:31鳥屋待沢/権現橋10:16惣久径路400m鞍部付近10:53鳥屋待沢/権現橋11:52水ノ尻沢墓前鹿柵13:14八丁径路430m付近13:2814:35水ノ尻沢平成の森碑14:48煤ヶ谷14:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
単なる作業道探索です。登山道ではありません。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スマホGPS 東丹沢詳細図(2015年度版)

写真

谷太郎林道の権現橋左岸から惣久径路を目指します。(東丹沢詳細図のルートにはない)
2015年11月28日 09:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷太郎林道の権現橋左岸から惣久径路を目指します。(東丹沢詳細図のルートにはない)
沢沿いの径路は昔からの単なる作業道ですが判りやすいです。
2015年11月28日 09:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの径路は昔からの単なる作業道ですが判りやすいです。
標高240m付近から北西方向にりっぱな新設作業道がスタートします。沢越え部分は20mほど仮設のトラバース路がありますが、そこを除けば歩きやすい&判りやすい径路です。
2015年11月28日 09:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高240m付近から北西方向にりっぱな新設作業道がスタートします。沢越え部分は20mほど仮設のトラバース路がありますが、そこを除けば歩きやすい&判りやすい径路です。
標高300m付近から鹿柵沿いに進みます。
2015年11月28日 10:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高300m付近から鹿柵沿いに進みます。
惣久径路の415mピーク西側の鞍部に到着。新設作業道はここで一旦途切れた後、東方向に延びています。
2015年11月28日 10:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣久径路の415mピーク西側の鞍部に到着。新設作業道はここで一旦途切れた後、東方向に延びています。
415mピーク西側の美しい径路!でも415mピーク付近で新設作業道は終了です。(南方向に延伸しそうなピンクテープはありましたが、、、)
2015年11月28日 10:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
415mピーク西側の美しい径路!でも415mピーク付近で新設作業道は終了です。(南方向に延伸しそうなピンクテープはありましたが、、、)
2
415mピークから東南東方向の尾根を下降しました。急坂で滑ったのでチェーンスパイクを付けました。
2015年11月28日 10:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
415mピークから東南東方向の尾根を下降しました。急坂で滑ったのでチェーンスパイクを付けました。
林道まで標高差50m上の尾根の先端には露岩があります。ここからは植林帯を無理やり林道に下りました。惣久径路探索終了。
2015年11月28日 10:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道まで標高差50m上の尾根の先端には露岩があります。ここからは植林帯を無理やり林道に下りました。惣久径路探索終了。
1
おまけ:不動沢を登ってみたら、りっぱな古いログハウスがあり私有地立入禁止となり、あえなく終了。
2015年11月28日 11:39撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ:不動沢を登ってみたら、りっぱな古いログハウスがあり私有地立入禁止となり、あえなく終了。
八丁径路は東丹沢詳細図通り、墓前の鹿柵から急坂を登り尾根に取りつくことができます。尾根に乗ってしまえば、歩きやすい尾根でした。
2015年11月28日 11:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁径路は東丹沢詳細図通り、墓前の鹿柵から急坂を登り尾根に取りつくことができます。尾根に乗ってしまえば、歩きやすい尾根でした。
途中標高380m付近で北側斜面からの作業道と合流します。(東向きの写真)三峰方向に行くには、ここから少し西で作業道から尾根に取りつく必要があります。東丹沢詳細図にあるZ字の切返しはありません。
2015年11月28日 13:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中標高380m付近で北側斜面からの作業道と合流します。(東向きの写真)三峰方向に行くには、ここから少し西で作業道から尾根に取りつく必要があります。東丹沢詳細図にあるZ字の切返しはありません。
下りは前回と同じ北側斜面の作業道を下りました。作業道自体は尾根筋よりも歩きやすい道です。前回間違えて直進してしまった場所には枝を並べておきました。標高230m付近。もう下に林道が見えていますが、その先も判りにくいところがあります。
2015年11月28日 14:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは前回と同じ北側斜面の作業道を下りました。作業道自体は尾根筋よりも歩きやすい道です。前回間違えて直進してしまった場所には枝を並べておきました。標高230m付近。もう下に林道が見えていますが、その先も判りにくいところがあります。
水の尻沢沿いの平成の森の碑の前に下りて来ました。道が判っていないと、ここにスマートに下りてくることは困難かと思います。途中に目印テープでもあればいいのですが、、
2015年11月28日 14:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の尻沢沿いの平成の森の碑の前に下りて来ました。道が判っていないと、ここにスマートに下りてくることは困難かと思います。途中に目印テープでもあればいいのですが、、
おまけ:清川村役場前から見た華厳山南尾根。この山腹にも多数の新設作業道があります。(去年尾根から確認しただけ)さすが清川村!
2015年11月28日 14:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ:清川村役場前から見た華厳山南尾根。この山腹にも多数の新設作業道があります。(去年尾根から確認しただけ)さすが清川村!
1
清川村役場前の駐車場に帰着。今回から道の駅に昇格したみたいです。24時間利用可能になったのかな?(未確認)
2015年11月28日 14:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清川村役場前の駐車場に帰着。今回から道の駅に昇格したみたいです。24時間利用可能になったのかな?(未確認)

感想/記録

前々回、惣久径路と八丁径路を歩いて不明だった部分のリベンジ探索です。
惣久径路:鳥屋待沢左岸の径路を歩いていくと、標高240m付近から新設の作業道が現れます。そのまま登れば415mピーク西側の鞍部付近に着きます。415mピークから東南東の尾根は歩きやすいですが、最後は植林地を無理やり下ります。
八丁径路:東丹沢詳細図通り、水の尻沢の墓前ゲートから尾根に取りつけます。東丹沢詳細図では標高360m付近でZ字切返しトラバース分岐とありますが、登り方向はZ字にはなっておらず、すぐ尾根に登らないといけません。下りはジグザグ道で北側斜面を水の尻沢の平成の森に下りましたが、最下部は荒れてて判りにくいです。八丁径路にあった邪魔な枝は切り落としてきました。
訪問者数:216人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 林道 左岸
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ