ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 771056 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

塩屋〜元町 (縦走路→平野防火道は危険!?)

日程 2015年11月28日(土) [日帰り]
メンバー barb
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き:JR塩屋
帰り:JR元町
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
11分
合計
6時間58分
SJR塩屋10:2210:56旗振山10:5811:12おらが茶屋12:59荒熊神社13:0013:05高取山13:18安井茶屋前広場13:29高取山-丸山登山口13:55鵯越駅14:57菊水山15:0315:24天王吊橋15:2515:47鍋蓋山15:58七三峠16:19標高366m水準点近くの鉄塔16:2017:20JR元町G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
平野谷西尾根→平野防火道は迷いやすい箇所、危険箇所あり
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

遅い出発〜、塩屋から〜。
2015年11月28日 10:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅い出発〜、塩屋から〜。
3
旗振山より。
2015年11月28日 10:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山より。
4
高倉台より栂尾山を望む。山頂の物見櫓周辺えらい刈り込んでますね。
2015年11月28日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高倉台より栂尾山を望む。山頂の物見櫓周辺えらい刈り込んでますね。
須磨アルプス、無事通過しました。
2015年11月28日 11:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須磨アルプス、無事通過しました。
3
東山より。神戸空港手前で飛行機がターンしていきます。関空行きかな?
2015年11月28日 12:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山より。神戸空港手前で飛行機がターンしていきます。関空行きかな?
1
横尾の住宅街からショートカットコースのつもり。A地点
2015年11月28日 12:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾の住宅街からショートカットコースのつもり。A地点
D地点。傾斜きつく、やや危険です。
2015年11月28日 12:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
D地点。傾斜きつく、やや危険です。
妙法寺に抜けました。E地点。
2015年11月28日 12:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙法寺に抜けました。E地点。
A〜E地点の位置。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A〜E地点の位置。
高取山より〜。
2015年11月28日 13:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山より〜。
3
鵯越の
2015年11月28日 13:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鵯越の
主たち
2015年11月28日 14:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主たち
1
菊水山に着きました。今日は通常階段修行です。
2015年11月28日 14:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菊水山に着きました。今日は通常階段修行です。
3
鍋蓋山です。今日はこれにて打ち切りです。変な色気出して平野防火道から街に出ることにしました。
2015年11月28日 15:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋山です。今日はこれにて打ち切りです。変な色気出して平野防火道から街に出ることにしました。
4
七三峠から先が、、、ありゃ? 二本松林道出合までは問題ありませんでした。
2015年11月28日 16:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七三峠から先が、、、ありゃ? 二本松林道出合までは問題ありませんでした。
1
二本松林道出合から先、危険、立入禁止とあります。ごめんなさい、先を急ぐもので。。。
2015年11月28日 16:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本松林道出合から先、危険、立入禁止とあります。ごめんなさい、先を急ぐもので。。。
1
行き止まりと書いてあるのに、スルスルとそちらへ...(引き返し中に撮影)
2015年11月28日 16:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き止まりと書いてあるのに、スルスルとそちらへ...(引き返し中に撮影)
踏み跡が、、、、笹ヤブに覆われております。
2015年11月28日 16:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が、、、、笹ヤブに覆われております。
2
この部分、谷筋に道があるようですが、ロストしました。何とか復帰しましたが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この部分、谷筋に道があるようですが、ロストしました。何とか復帰しましたが。
1
やっと神戸の街が見えました。
2015年11月28日 16:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと神戸の街が見えました。
3
やはり、通せんぼ。
2015年11月28日 16:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり、通せんぼ。
1
人里に出くわして、ホッとしましたが、足元を見るとここが一番危険でした!
2015年11月28日 16:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人里に出くわして、ホッとしましたが、足元を見るとここが一番危険でした!
2
ここに出ました。正規のルートではありません。
2015年11月28日 17:04撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに出ました。正規のルートではありません。
1
この「危険」部分です。足元を滑らすと宅地裏の擁壁から転落しそうです。矢印の方が登山口に向かう正解のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この「危険」部分です。足元を滑らすと宅地裏の擁壁から転落しそうです。矢印の方が登山口に向かう正解のようです。
2

感想/記録
by barb

天気のよい日。どこか行かないと....
アップダウンが適度に気持ち良い六甲全山縦走路の前半部分を行きますか。

摩耶山頂での打ち切りの予定が、時間がかかってしまい鍋蓋山打ち切りに。さて大龍寺から下るか、、、おっ、鍋蓋山から直下山できる破線が地理院地図にありますやん(後に調べると平野谷東尾根道〜平野谷防火道)。初めての道ですが、こっちの方が何となく街に出るの早そうだし行ってみますか?。。。と安易な気持ちで下ったのです!

結論的に言うと大師道もしくは市ヶ原を経由した方が安全でした。街に出る時間的にも大差なかったと思われます。少なくとも夕暮れ前に下りで利用すべき道ではありませんでした。

二本松林道のスグ先のP366付近は、魅力的な尾根がたくさん出ていて迷いました。その先の谷筋は道跡が切れています。ところどころ急な斜度があったり、笹薮など。。。最後、住宅街敷地裏手に行ってしまったのも不正解でした。足元が住宅裏の擁壁の上でした。

訪問者数:217人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ