ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 771135 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

北丹沢〜焼山から富士山大展望の姫次まで〜

日程 2015年11月28日(土) [日帰り]
メンバー mt-jun825
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
往路:自宅最寄り駅→JR橋本→タクシー(約6千円)→焼山登山口
復路:焼山登山口→地元の人の車→三ケ木バス停→JR橋本駅→自宅最寄り駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間3分
休憩
31分
合計
9時間34分
S焼山登山口バス停06:3506:45焼山登山口10:06焼山10:0810:22鳥屋分岐10:38平丸分岐10:57大平分岐11:03黍殻避難小屋11:38八丁坂ノ頭11:3912:06姫次12:2712:46八丁坂ノ頭12:4713:06黍殻避難小屋13:15大平分岐13:39平丸分岐13:55鳥屋分岐13:5614:09焼山14:1115:49焼山登山口15:5016:00焼山登山口バス停16:0216:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危ない場所はありません。私は、取り付き点を見逃して道迷いしました(後述)が、道標明瞭なので、私と同じ過ちはほぼないでしょう。
その他周辺情報焼山登山口バス停前に神社があり、その裏手のトイレが利用可能。バス停近辺には、雑貨店が1,2店あり。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 ストック カメラ

写真

自宅の最寄り駅から5:12分発の電車に乗ります。人はまばらで、ザックを背負った人が数名。
2015年11月28日 05:16撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自宅の最寄り駅から5:12分発の電車に乗ります。人はまばらで、ザックを背負った人が数名。
JR橋本駅からタクシーにて6:30頃焼山登山口バス停に到着。約6千円でした。ちなみにJR橋本駅から始発バスで乗り継ぐと、7時20分に到着します。バス停の横には神社があり、裏手のトイレが利用できます。
2015年11月28日 06:44撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR橋本駅からタクシーにて6:30頃焼山登山口バス停に到着。約6千円でした。ちなみにJR橋本駅から始発バスで乗り継ぐと、7時20分に到着します。バス停の横には神社があり、裏手のトイレが利用できます。
焼山登山口から100メートルほど西に歩くと登山道へ誘導する道標があり、ここを左に入ります。
2015年11月28日 06:47撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山登山口から100メートルほど西に歩くと登山道へ誘導する道標があり、ここを左に入ります。
山道に入る手前。山里の雰囲気が素敵です。
2015年11月28日 06:48撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道に入る手前。山里の雰囲気が素敵です。
バス停から10分ほどで林道の入口に到着します。”登山者はお入りください。”と書いてあるので入ります。
2015年11月28日 06:54撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停から10分ほどで林道の入口に到着します。”登山者はお入りください。”と書いてあるので入ります。
林道を進みます。この時点ですでに登山道への取り付き点を行き過ぎています。気付かずに進む私。GPSでは少しコースを外れている程度。林道だし、踏み跡もあるし、ルートミスを疑っていません。
2015年11月28日 07:13撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を進みます。この時点ですでに登山道への取り付き点を行き過ぎています。気付かずに進む私。GPSでは少しコースを外れている程度。林道だし、踏み跡もあるし、ルートミスを疑っていません。
1時間ほど歩いて、リボンは所々にあるもののルートが荒れてきて、GPSでずれも大きくなったので、さすがに”おかしい”と思い引き返しました。途中の通行止めの取り付き地点が、地図上の点線で示されてるルートの入口と今更気づく。
2015年11月28日 08:25撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほど歩いて、リボンは所々にあるもののルートが荒れてきて、GPSでずれも大きくなったので、さすがに”おかしい”と思い引き返しました。途中の通行止めの取り付き地点が、地図上の点線で示されてるルートの入口と今更気づく。
ほぼ振り出しまで戻り、正規の登山道に復帰しました。約2時間のロス。この時点で表丹沢までの縦走はあきらめましたが、どこまで行こうか悩んだ。
2015年11月28日 09:11撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ振り出しまで戻り、正規の登山道に復帰しました。約2時間のロス。この時点で表丹沢までの縦走はあきらめましたが、どこまで行こうか悩んだ。
とりあえず焼山まで来ました。眺望はいまいち。しばし休憩をとります。
2015年11月28日 10:12撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず焼山まで来ました。眺望はいまいち。しばし休憩をとります。
電波塔かと思ったら展望台で登ることが出来ます。私はめんどくさいので登らず。
2015年11月28日 10:12撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔かと思ったら展望台で登ることが出来ます。私はめんどくさいので登らず。
焼山で引き返すのもつまらないので、景色の良さそうな姫次まで行こうと決めました。
2015年11月28日 11:05撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山で引き返すのもつまらないので、景色の良さそうな姫次まで行こうと決めました。
黍殻(きびがら)避難小屋。確認しませんでしたが、きれいそう。簡易トイレも設置されていました。
2015年11月28日 11:11撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻(きびがら)避難小屋。確認しませんでしたが、きれいそう。簡易トイレも設置されていました。
北丹沢も木道、階段が良く整備されています。やはり丹沢は階段+木道がなくちゃ!
2015年11月28日 11:49撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北丹沢も木道、階段が良く整備されています。やはり丹沢は階段+木道がなくちゃ!
姫次に到着すると眼前に富士山。ここまで足を延ばしてよかった。しかし、行くはずだった蛭が岳方面を示す道標がスタート時のルートミスを後悔させます。
2015年11月28日 12:15撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次に到着すると眼前に富士山。ここまで足を延ばしてよかった。しかし、行くはずだった蛭が岳方面を示す道標がスタート時のルートミスを後悔させます。
団体さんが出発した後、まったりと休憩。風もなく比較的暖か。コーヒーブレイクののち帰路につきます。
2015年11月28日 12:25撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
団体さんが出発した後、まったりと休憩。風もなく比較的暖か。コーヒーブレイクののち帰路につきます。
東海自然歩道コース最高点(らしい)。このあたりは、北丹沢トレール大会のコースになっているようです。
2015年11月28日 12:39撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道コース最高点(らしい)。このあたりは、北丹沢トレール大会のコースになっているようです。
膝が痛くなってきたのでストックを使って、ゆっくり景色を楽しみながら下山します。
2015年11月28日 12:47撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
膝が痛くなってきたのでストックを使って、ゆっくり景色を楽しみながら下山します。
宮が瀬ダムが見えます。
2015年11月28日 12:59撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮が瀬ダムが見えます。
よく整備された登山道。膝が痛くなっている私にはこれでも辛い。
2015年11月28日 13:33撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備された登山道。膝が痛くなっている私にはこれでも辛い。
焼山まで戻りました。冷えてきたので、汗冷えしないようにダウンを羽織って小休止。
2015年11月28日 14:15撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山まで戻りました。冷えてきたので、汗冷えしないようにダウンを羽織って小休止。
北側の景色。傾いてきた日差しが山々を照らしています。
2015年11月28日 15:22撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の景色。傾いてきた日差しが山々を照らしています。
登山道への取り付き点まで帰ってきました。行きはこれを見落として林道を進んでしまったわけですが、こんなものどうして見落とすのでしょうね?
2015年11月28日 15:56撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道への取り付き点まで帰ってきました。行きはこれを見落として林道を進んでしまったわけですが、こんなものどうして見落とすのでしょうね?
こんな道標もあるのに・・
2015年11月28日 15:56撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道標もあるのに・・
ゲードまで戻りました。
2015年11月28日 15:58撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲードまで戻りました。
本当は戻るはずのなかった焼山登山口バス停まで戻りました。次のバスまで40分ほどありましたので、何を血迷ったか三ケ木に向かい歩き始めたところ、地元の人に拾ってもらいました。歩いたら2時間近くかかる道のりでした。
2015年11月28日 16:09撮影 by DSC-RX1R, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当は戻るはずのなかった焼山登山口バス停まで戻りました。次のバスまで40分ほどありましたので、何を血迷ったか三ケ木に向かい歩き始めたところ、地元の人に拾ってもらいました。歩いたら2時間近くかかる道のりでした。

感想/記録

出だしのルートミスが大失敗の山行きでした。下山時に取り付き地点を確認したら、道標がしっかりとありました。これを見逃すとは、その時いったい私は何を見ていたのだろうと不思議です。表丹沢まで足を延ばせなかったのは残念でしたが、気を取り直して姫次まで行ったのは正解でした。澄み切った空に美しい富士山を眺めることが出来ました。また、機会があればもう一度訪れてみようと思います。
訪問者数:218人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ