ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 771232 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

丹沢山縦走(表尾根・主脈・三峰:菩提から宮ケ瀬)

日程 2015年11月28日(土) [日帰り]
メンバー uzt
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】06:30秦野駅ー06:45 菩提(バス:秦51・渋沢駅北口行)
【復路】16:51三叉路(毎時51分発)ー17:36厚木駅
※三叉路には本厚木駅方向のバス停表示板が有りませんでした。
 一つ先の宮の平から乗車しました。(徒歩5分も違いません。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間14分
休憩
34分
合計
9時間48分
S菩提バス停06:4907:23葛葉ノ泉08:46日本武尊の足跡(終点)08:4708:56二ノ塔08:5709:09三ノ塔09:1009:14三ノ塔地蔵菩薩09:35烏尾山荘09:36烏尾山09:4209:56行者ヶ岳10:13政次郎ノ頭10:1410:20書策小屋跡地10:21書策新道分岐10:2210:34新大日茶屋10:3610:36新大日10:44木ノ又小屋10:46木ノ又大日10:4811:08塔ノ岳11:09尊仏山荘11:1011:33日高11:58竜ヶ馬場12:40瀬戸沢ノ頭13:12太礼ノ頭13:1413:33円山木ノ頭13:3713:49無名ノ頭13:5214:01本間ノ頭14:0615:00松小屋ノ頭15:0115:32高畑山15:3415:56御殿森ノ頭16:02御殿森(長者ノ森・大休場)16:0316:37三叉路登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
丹沢山前後で電池切れにより少しログが飛んでます。
コース状況/
危険箇所等
特に危険な個所は有りませんでした。
菩提から二ノ塔では見かけた登山者はゼロ。丹沢三峰間も一ケタ程度でした。
その他周辺情報三叉路バス停付近は一般の自販機は有りますがアルコール類は見当たりませんでした。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

身支度はバスの中で済ませて快晴の二ノ塔目指してスタート。
同乗した登山者はゼロ。
菩提のバス停付近には登山道案内は見つかりませんでした。
一つ手前の菩提原の方がメインルートかもしれません。
2015年11月28日 06:46撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
身支度はバスの中で済ませて快晴の二ノ塔目指してスタート。
同乗した登山者はゼロ。
菩提のバス停付近には登山道案内は見つかりませんでした。
一つ手前の菩提原の方がメインルートかもしれません。
目指す尾根を正面に水路沿いに進み定源寺への坊坂を超えて、両側をゴルフ場のネットで囲われた道を抜けると、表丹沢野外活動センターに出ます。トイレも有るようです。
2015年11月28日 07:13撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す尾根を正面に水路沿いに進み定源寺への坊坂を超えて、両側をゴルフ場のネットで囲われた道を抜けると、表丹沢野外活動センターに出ます。トイレも有るようです。
更に進んだ葛葉の泉には駐車場と簡易トイレも有り、ここまでは車で入れる様です。
2015年11月28日 07:25撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に進んだ葛葉の泉には駐車場と簡易トイレも有り、ここまでは車で入れる様です。
ゲートを脇から抜けて、ほんの少し林道歩きです。
2015年11月28日 07:25撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを脇から抜けて、ほんの少し林道歩きです。
登山道の取付きは見落としそうな感じ。
道標は少し見上げた上に有ります。
登山道の丁度中間辺りで再び林道と交差するポイントも次の登山道への取付きが判り難く、林道を少し戻った所に有りました。
2015年11月28日 07:26撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の取付きは見落としそうな感じ。
道標は少し見上げた上に有ります。
登山道の丁度中間辺りで再び林道と交差するポイントも次の登山道への取付きが判り難く、林道を少し戻った所に有りました。
ひたすら直登に近い急登を上り詰めて尾根に出ると綺麗な富士山がお出迎え。
周りに笹原が現れると二ノ塔までもう一息。
2015年11月28日 08:39撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら直登に近い急登を上り詰めて尾根に出ると綺麗な富士山がお出迎え。
周りに笹原が現れると二ノ塔までもう一息。
2
二ノ塔到着。
ベンチの奥から出てきます。
2015年11月28日 08:52撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ塔到着。
ベンチの奥から出てきます。
当然、この眺望あっての表尾根。
2015年11月28日 09:09撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当然、この眺望あっての表尾根。
4
やはり晴れたこの景色が表尾根の魅力の一つですね。
相模湾までスッキリ見渡せます。
2015年11月28日 10:29撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり晴れたこの景色が表尾根の魅力の一つですね。
相模湾までスッキリ見渡せます。
1
富士山と尊仏山荘をセットで撮ったつもりが山荘は木の陰になっていました。
2015年11月28日 10:48撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と尊仏山荘をセットで撮ったつもりが山荘は木の陰になっていました。
1
塔ノ岳山頂。
快晴ほぼ無風で気温も高め、今日は大賑わいです。
2015年11月28日 11:08撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂。
快晴ほぼ無風で気温も高め、今日は大賑わいです。
3
やはり富士山が見えると嬉しいですね。
2015年11月28日 11:08撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり富士山が見えると嬉しいですね。
2
人ごみをスルーして、そのまま丹沢山を目指します。
2015年11月28日 11:36撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人ごみをスルーして、そのまま丹沢山を目指します。
程無くして丹沢山到着。
こちらも思いの外大賑わい。
と言う事で、お昼はお預けでこちらもスルーしてもう少し先に進みます。
2015年11月28日 12:09撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程無くして丹沢山到着。
こちらも思いの外大賑わい。
と言う事で、お昼はお預けでこちらもスルーしてもう少し先に進みます。
2
まだ距離的には残り半分です。
30分ほど先のベンチでお湯を沸かして静かなお昼休みとしました。
2015年11月28日 12:14撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ距離的には残り半分です。
30分ほど先のベンチでお湯を沸かして静かなお昼休みとしました。
バス時刻に余裕が有りそうなので、以前にパスした山頂を経由してみました。
山頂にはベンチもあり小休止。
2015年11月28日 15:32撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス時刻に余裕が有りそうなので、以前にパスした山頂を経由してみました。
山頂にはベンチもあり小休止。
無事下山。
記憶違いで敢えて熊の橋の反対から登って来ました。
正解は三叉路寄りに素直に出ます。
2015年11月28日 16:42撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。
記憶違いで敢えて熊の橋の反対から登って来ました。
正解は三叉路寄りに素直に出ます。

感想/記録
by uzt

 先週の消化不良を解消すべく、快晴の期待が高い中、リベンジで丹沢山に出掛けてきました。少ししっかりと歩きたかったのでロングの縦走で計画してみました。加えて、来るべき大雪で蓑毛も使えない様な時のルートとして、菩提からのアクセスを確かめておく目的で二ノ塔尾根で表尾根に取付いてみました。
 表尾根と主脈は陽気に誘われて相当な数の登山者が行きかっていましたが、その前後では静かな山歩きが楽しめました。下山後の三叉路のバスが1時間に1本しかないのがネックですが、上手く合わせる事が出来て身体を冷やすことも無く帰路につくことが出来ました。今回も下山後用にビールを持参するのを忘れたのが少々残念でした。
訪問者数:181人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 直登 ロング 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ