ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 771261 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢 大山(女坂〜男坂)

日程 2015年11月28日(土) [日帰り]
メンバー tosyjp
天候快晴(冬晴れ)
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

[アプローチ]
町田駅0726〜0752伊勢原駅0810〜0830大山ケーブル
大山ケーブル1242〜伊勢原駅1315〜1338町田駅

[コースタイム]
大山ケーブル0830〜女坂〜0905大山寺〜0924阿夫利神社下社〜1033大山山頂1105〜1148阿夫利神社下社〜男坂〜1223大山ケーブル
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録
by tosyjp

写真付きの感想は、ブログ「週末は歩きing」をご覧ください。
http://tosyjp.blog.fc2.com/blog-entry-82.html


丹沢 大山を歩いてきました。
8時に伊勢原駅に着くとバス停には長い行列が。
人の多さに驚きながら、臨時直行バスで大山ケーブルへ向かいました。

8時半に着いて女坂を歩き始めるとモミジがいい色に紅葉していました。
本日の目論見は真っ赤なモミジで染まっている大山寺の参道を見ること。
期待が高まります。
DSC02041, DSC02062

参道に着いて上を見上げると、、
アレ? 残念ながらすでにほとんどが落葉。。
昨年は11月30日に登ってちょうど見頃だったのですが。。。
ジャストのタイミングで紅葉を見るのは本当に難しいですね。
DSC02129


大山寺を過ぎてさらに登っていくと、先月デビューしたばかりの新型ケーブルカーが。
頭とお尻のデザインが異なるなかなかユニークな車両でした。
DSC02149


女坂は男坂よりも緩やかなハズですが、、急な階段がず〜と続きます。大山は結構キツイですね。
DSC02185, DSC02213


阿夫利神社下社まで登ると眼下には朝日に輝いている相模湾が。
今年のミシュラングリーンガイドに2つ星として紹介されたそうです。
DSC02267, DSC02290


下社からは、ケーブルカーや男坂から登ってきた人達が合流して一気に人が増え渋滞気味に。
DSC02350


富士見台まで上がると突然視界が開け冠雪した富士山が。
宝永山の遥か下の方まで白くなり逞しい感じに。
DSC02387


今日は冬型の気圧配置となり、雲一つない冬晴れに。
愛鷹山塊まで続くなだらかな稜線が綺麗に見えました。
DSC02405


歩き始めて2時間、やっと上社の祠に到着。
DSC02438


山頂からは素晴らしい眺望が。伊豆大島が意外なほど近くに見えました。
DSC02468


右は伊豆大島、左には江ノ島が。その奥には、三浦半島、房総半島が。
大山は3回目ですが、この絶景を見たのは始めてです。
DSC02471


山頂は東側も開けていて関東平野が一望できます。
DSC02527


帰りはガッツリと男坂を歩いてみました。
DSC02581


くねくね曲がっている女坂に比べて、男坂はまっすぐ、まるで梯子のような急勾配の階段が続いていました。
また女坂に比べて全体的に明るい感じが。
DSC02602


麓まで下りて来ると、なんと!桜が咲いていました。
二季咲き桜でしょうか。今年はなかなか寒くならず、各地で咲かないハズの桜の花が開いたと、そう言えばニュースで取り上げられていました。
DSC02668



今回は人が多く、まるで高尾山のようでした。
下山時、これから登る人が数珠繋ぎに。特に若い女性の多さが目立ちました。
紅葉の時期だからか、あるいは新型のケーブルカーがデビューしたからか?
何故こんなに人がいるのかちょっと不思議でした。

期待していていた大山寺のモミジは残念でしたが、
きつい階段を登った先に突然現れた本格的に冠雪した富士山や、
朝日に輝く眩しい相模湾を望みながら清々しく歩くことができた一日となりました。


[Camera]
Sony α6000/Vario-Tessar T*E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ