ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 771879 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

奥秩父、ひっそりと南天山

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー norider
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道路
 こまどり荘を過ぎてからダート区間を1Kmくらい走りますがフラットなので大抵の車は大丈夫でしょう。
 途中岩盤素彫りの短いトンネルが2箇所あってワイルドです。

駐車場
 登山口の道路脇に5,6台停められます。
 こまどり荘に停めて林道を歩いて行くのもありかなと思います。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間41分
休憩
50分
合計
3時間31分
S南天山登山口10:3711:03法印の滝11:0911:21二又分岐11:2411:28南天尾根へのとりつき11:3012:40南天山13:1113:32南天尾根へのとりつき13:3613:38二又分岐13:3913:47法印の滝13:4914:06南天山登山口14:0714:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
踵に豆ができたので登りはスローペースです。
コース状況/
危険箇所等
コース状況
・途中、基点からの距離と山頂までの距離が書かれた標識が多数あり目安になります。
・尾根コース分岐までは鎌倉沢沿いを歩いたり、対岸へ渡ったり、高巻きしたりで変化に富んで飽きないです。
 法印の滝は派手さはないものの見ごたえあります。
・尾根コースはひたすらつづら折れの道を登っていきます。
 風の影響を受けず暖かい。
・尾根に出ると一気に北側の展望が開けます。
 多少滑りやすい岩場もありますがすぐに山頂です。
 山の北側には少し積もった雪があり、風が冷たい。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

到着時駐車場?は4台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着時駐車場?は4台
駐車場すぐ脇の登山口。
杖が沢山置いてありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場すぐ脇の登山口。
杖が沢山置いてありました。
もう葉っぱは全部落ちてました。
ふかふかです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう葉っぱは全部落ちてました。
ふかふかです。
1
鎌倉沢沿いを歩きます。
標識は各所に!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌倉沢沿いを歩きます。
標識は各所に!
天然木使用の丸太橋を何度も渡ります。
見た目以上に頑丈でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然木使用の丸太橋を何度も渡ります。
見た目以上に頑丈でした。
1
滝が多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が多いです。
2
枯葉の世界の中、コケが光り輝いてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯葉の世界の中、コケが光り輝いてました。
5
法印の滝です。
綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法印の滝です。
綺麗でした。
3
尾根コースへの分岐です。
南の字が欠けてます。
右へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根コースへの分岐です。
南の字が欠けてます。
右へ
唐松の枯葉なんでしょうか?
いい雰囲気で好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松の枯葉なんでしょうか?
いい雰囲気で好きです。
1
周囲は冬を迎える準備ですが馬酔木は花を咲かせる準備をもうしているのでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲は冬を迎える準備ですが馬酔木は花を咲かせる準備をもうしているのでしょうか?
1
山頂が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えました。
1
山頂標識の後ろに両神山が鎮座。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識の後ろに両神山が鎮座。
2
両神山の左に視線を移すと八丁峠の更に左に三角の山が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山の左に視線を移すと八丁峠の更に左に三角の山が
4
両神山を望遠で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山を望遠で
5
冠雪した浅間も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冠雪した浅間も見えます。
1
肉眼では見えませんでしたが望遠で映してみると噴煙が上がってるのがわかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼では見えませんでしたが望遠で映してみると噴煙が上がってるのがわかります。
10
これは雲取山方面かな。
北側斜面には結構雪が付いてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは雲取山方面かな。
北側斜面には結構雪が付いてます。
2
三角の山の麓は崩れてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角の山の麓は崩れてます。
1
左が大ナゲシというのか。
2015年11月29日 13:21撮影 by X-M1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が大ナゲシというのか。

感想/記録

天候が落ち着かず久々の快晴、しかも久々の土日連休。
でも地域の空き缶拾いがあるので、それが終わって9時自宅出発です。
行き先は以前から気になっていた中津川林道沿いにある南天山。
もう紅葉はとっくに終わって木の葉は全部落ちてました。

駐車場で支度をしていると1台車が入ってきて、これから南天ですか?と聞かれる。
地元小鹿野の人でこれから登るそうだ。
秩父槍ヶ岳に登ったことはあるかと聞かれ。
今度行って見たいけどまだ無いでーす。
地図上に登山道の表示がないのでそれが不安と言っていた。
今日も来る途中登山口だけは確認してきたらしい。
(自分も今日確認しましたよ)
60代くらいの方でしょうかね、先に出発しましたが写真撮ったりしてたらすぐに追いつかれ先に行ってもらいました。

今回は新調した靴(何度かは履いたが)の慣らしも兼ねて足に馴染ませる意味でも踵が痛くなるのは想像できたがあえて履いていった。
尾根コースはひたすらつづら折れに入るがすぐに踵が痛〜い!
途中後ろ向きに歩いたりしてみた。 → 痛くない!!!
でも太ももが疲れる。
豆できたの確実だ。
ゆっくりペースで山頂を目指す。

途中下ってきた方が浅間がいいよ〜!
と言ってと通りすぎていった。

尾根に出ると一気に展望が開けた。
言われた通り冠雪した浅間がくっきり見える。
山頂はもうすぐだよなと思い、GPSを確認。
下りでは踵は痛くないはずだからあと少しの辛抱だと思い山頂を目指すと駐車場で一緒になったおじさんが下って来た。
カメラマンですか?
首にカメラぶら下げて、登ってくるのが遅かったんでそう思ったのかな?
いえいえ、そんなんじゃありませんよ。
踵に豆ができたとは言えず。。。

やっぱり冠雪した浅間は綺麗ですね〜
存在感が違いますよ。。。少しの間、談笑

そしてすぐそこの山頂へ。
おぉ、両神山がすぐそこに鎮座しているではないか。
両神山を間近で西側からあまり見たことが無いので、何度も見ている両神山が新鮮に感じた。
左方向に続く八丁峠とその先の三角の山々が凛々しい。
南天山は展望いいね。
でも周囲の木を切ったみたい。

山頂はあまり広くないが独り占めなので荷物を広げ昼食をいただきました。
ちょっと風が冷たいかな。
北斜面には雪がある。

帰りは来た道を下るだけ。
下りは踵痛くないので快調に一気に下った。
駐車場には白い軽トラ1台がぽつんと停まっていた。
2シーター、ミッドシップエンジンで彩甲斐街道をガンガン下り帰りました。
訪問者数:282人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 GPS 紅葉 高巻き
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ