ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 771966 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鎌ヶ岳〜三ツ口谷・武平峠周回〜

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー tonzablow
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鈴鹿スカイライン(R477)三ツ口谷登山口前の路肩駐車スペースへ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間58分
休憩
28分
合計
2時間26分
S武平峠・三ッ口谷・表道分岐11:0212:15鎌ヶ岳12:3913:04武平峠13:0713:24表道登山口13:2513:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標が要所に設置されており、赤テープ、ペイント、ケルンなども多いためコースは明瞭で道迷いのリスクは小さい。鎌ヶ岳山頂直下からガレ場を登る場合は落石や崩落に注意。ガレ場を避けて長石尾根ルートへ迂回した方が安全。武平峠道は特に危険箇所なし。
その他周辺情報【温泉】
片岡温泉アクアイグニス600円。湯の山街道(R477)を四日市IC方面へ。
https://aquaignis.jp/
【コンビニ】
近鉄湯の山線大羽根駅前にセブンイレブンあり。
北勢方面からのアクセスの場合は菰野庁舎前にミニストップあり。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 サングラス ツェルト カメラ

写真

国道306号千種地区あたりから見た鎌ヶ岳。
薄曇りですが視界は悪くなさそうですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道306号千種地区あたりから見た鎌ヶ岳。
薄曇りですが視界は悪くなさそうですね。
1
鈴鹿スカイライン(R477)の御在所中道登山口を過ぎて2度目の大きな右カーブのところが三ツ口谷登山口の入口です。路肩に数台駐車できるスペースがあります。白線をはみ出すと取り締まり対象なので注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿スカイライン(R477)の御在所中道登山口を過ぎて2度目の大きな右カーブのところが三ツ口谷登山口の入口です。路肩に数台駐車できるスペースがあります。白線をはみ出すと取り締まり対象なので注意。
この道標が目印です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標が目印です。
すぐにスカイラインと並行している登山道と分岐。左下へ降りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにスカイラインと並行している登山道と分岐。左下へ降りていきます。
1
降りたところは砂防堰堤の上側。だだっ広い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りたところは砂防堰堤の上側。だだっ広い。
1
堰堤越しにみた四日市市街地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤越しにみた四日市市街地。
1
三ツ口谷は文字通り沢沿いに遡上するルートです。
何だか号泣しているように見える堰堤です(笑)
右岸(下からみて左手)から高巻きして上側に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ口谷は文字通り沢沿いに遡上するルートです。
何だか号泣しているように見える堰堤です(笑)
右岸(下からみて左手)から高巻きして上側に出ます。
3
この辺り紅葉シーズンの眺めが素晴らしそうです。
すっかり落葉していますが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り紅葉シーズンの眺めが素晴らしそうです。
すっかり落葉していますが。
1
渡渉を何度も繰り返しながら登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉を何度も繰り返しながら登っていきます。
2
以前このルートを下りに使ったときは、「難路」の文字に尻込みして迂回路を選択しましたが、今日は登りなんで大滝経由で行ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前このルートを下りに使ったときは、「難路」の文字に尻込みして迂回路を選択しましたが、今日は登りなんで大滝経由で行ってみます。
1
よく判らないけどこれが大滝かな?意外と迫力がない。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく判らないけどこれが大滝かな?意外と迫力がない。。。
1
迂回路と無事合流。
難路は確かに斜度が大きいですが木の根をしっかり掴んで歩けば特に問題はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路と無事合流。
難路は確かに斜度が大きいですが木の根をしっかり掴んで歩けば特に問題はありませんでした。
1
だんだん沢の幅が狭くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん沢の幅が狭くなります。
1
この滝は左岸(右手)から巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は左岸(右手)から巻きます。
2
長石尾根ルートとの連絡地点に到達。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石尾根ルートとの連絡地点に到達。
1
どこから登ろうか一瞬思案したけど、長石尾根ルートは先月歩いているので、このまま三ツ口谷をガレ場経由でツメることにします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこから登ろうか一瞬思案したけど、長石尾根ルートは先月歩いているので、このまま三ツ口谷をガレ場経由でツメることにします。
1
めっちゃガレガレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めっちゃガレガレ。
1
この辺りから落石に細心の注意を払う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから落石に細心の注意を払う。
1
ガレ場を登りながら降り返ると御在所が佇んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を登りながら降り返ると御在所が佇んでいます。
1
本当に崩れやすい。上に人がいる時はなるべく横に避け、下に人が居る時は動かない方がいいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に崩れやすい。上に人がいる時はなるべく横に避け、下に人が居る時は動かない方がいいです。
2
ガレ場を登りきったところで武平峠道と合流。
あとは歩きなれた道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を登りきったところで武平峠道と合流。
あとは歩きなれた道です。
1
山頂直下。もちろん直登を選択。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。もちろん直登を選択。
1
山頂到着。今年何回目だったかなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。今年何回目だったかなあ。
6
天照皇大神宮社。今年も一年無事でいられて有難うございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天照皇大神宮社。今年も一年無事でいられて有難うございました。
2
下界を見下ろしながらランチにしよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界を見下ろしながらランチにしよう。
蒙古タンメン中本。山で食べるには少々辛すぎるかも。
ドリンク多めに消費しちゃいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒙古タンメン中本。山で食べるには少々辛すぎるかも。
ドリンク多めに消費しちゃいます。
鎌尾根。春先に歩いた時は残雪だと思いきや大雪で四苦八苦したのも懐かしい思い出。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌尾根。春先に歩いた時は残雪だと思いきや大雪で四苦八苦したのも懐かしい思い出。
1
入道ヶ岳。セブンマウンテンで一番低くても広くてくつろげる山頂が人気の山ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道ヶ岳。セブンマウンテンで一番低くても広くてくつろげる山頂が人気の山ですね。
1
下りは武平峠へ。途中から鎌ヶ岳を振り返る。
いつみても凛々しいお姿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは武平峠へ。途中から鎌ヶ岳を振り返る。
いつみても凛々しいお姿。
3
武平峠道は快適な尾根歩きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠道は快適な尾根歩きです。
1
ところどころザレてますが、メリハリがあって退屈しない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころザレてますが、メリハリがあって退屈しない。
2
武平峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠に到着。
1
ここで外国人の方を含む数名のパーティーが写真を撮っていました。御在所から下ってきて鎌ヶ岳へ向かわれるようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで外国人の方を含む数名のパーティーが写真を撮っていました。御在所から下ってきて鎌ヶ岳へ向かわれるようでした。
1
スカイラインにでました。
ここからスカイラインと並行する登山道を使って三ツ口谷の入口まで下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スカイラインにでました。
ここからスカイラインと並行する登山道を使って三ツ口谷の入口まで下ります。
1
歩く人がそれほど多くないようで、落ち葉フカフカの快適な道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩く人がそれほど多くないようで、落ち葉フカフカの快適な道。
1
途中スカイラインのヘアピンカーブを見下ろせる場所がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中スカイラインのヘアピンカーブを見下ろせる場所がありました。
2
御在所表道の入口。お社発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所表道の入口。お社発見。
1
ここから三ツ口谷入口はすぐです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから三ツ口谷入口はすぐです。
1
堰堤上の分岐地点に戻ってきました。4枚目の写真の場所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤上の分岐地点に戻ってきました。4枚目の写真の場所です。
1
はい、本日も無事帰着。
シャモニ(四日市の登山用品店)に寄って、ソールの貼り替えから返ってきた靴を受け取って帰ろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、本日も無事帰着。
シャモニ(四日市の登山用品店)に寄って、ソールの貼り替えから返ってきた靴を受け取って帰ろう。
1
こちらが返ってきた靴。トランゴアルプ。
買って1週間で外れて無くなったソール側面のスポルティバのロゴが復活してた。またすぐ外れそうだけど。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが返ってきた靴。トランゴアルプ。
買って1週間で外れて無くなったソール側面のスポルティバのロゴが復活してた。またすぐ外れそうだけど。。。

感想/記録

昨日伊吹山ナイトハイクから帰ってきて日中あまり寝なかったので、今朝はすっかり朝寝坊。9時過ぎの起床でもサクッと登れるのが鈴鹿の山のいいところです。当初は武平峠から楽々ピストンにしようかと思いましたが少々物足りなさを感じるので、以前下山に一度使ったことがある三ツ口谷コースを登り方向で使ってみようと思い立ちました。帰りは武平峠へ下れば周回コースも組めるので。
御在所、鎌ヶ岳の辺りは、都合に合わせていかようにもコースを選べるのが嬉しいですね。私自身はあまり歩けていませんが、朝明渓谷から釈迦ヶ岳、ハト峰、根の平あたりも同じようにコースの自由度が高くていい感じのように思います。
訪問者数:282人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ