ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 772295 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳(戸沢出合から)

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山wellwater, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
2時間3分
合計
6時間50分
S戸沢山荘09:5610:04書策新道入口10:0811:50政次郎ノ頭12:0912:16書策小屋跡地12:3512:46新大日茶屋12:4912:50新大日12:5712:57新大日茶屋12:5813:09木ノ又小屋13:1313:14木ノ又大日13:2813:49塔ノ岳14:0114:03尊仏山荘14:0414:05塔ノ岳14:1614:31金冷シ14:37花立14:4514:53花立山荘14:5715:20天神尾根分岐15:2416:24書策新道入口16:3416:43戸沢山荘16:4516:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

駐車場裏の水無川。名前とは異なり水はたっぷり流れています。
2015年11月29日 09:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場裏の水無川。名前とは異なり水はたっぷり流れています。
政次郎尾根を示す標識を無視し、地理院地図を頼って登っていきます。木々にはかろうじて白いペンキが残っていますが踏跡はなく、明らかな廃道。
2015年11月29日 10:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
政次郎尾根を示す標識を無視し、地理院地図を頼って登っていきます。木々にはかろうじて白いペンキが残っていますが踏跡はなく、明らかな廃道。
この尾根はほぼ直登のコースなので、それなりに疲れます。
2015年11月29日 10:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根はほぼ直登のコースなので、それなりに疲れます。
登山道を普通に進むと行者ヶ岳の先に出るのですが、それでは嫌だと道を逸れて正面の岩場を登り始める息子。踏跡ないし、やめてくれ。
2015年11月29日 11:51撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を普通に進むと行者ヶ岳の先に出るのですが、それでは嫌だと道を逸れて正面の岩場を登り始める息子。踏跡ないし、やめてくれ。
戻ってくる様子がないのでしかたなく後を追いました。富士山がなんとか見えます。
2015年11月29日 11:56撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってくる様子がないのでしかたなく後を追いました。富士山がなんとか見えます。
はるか遠く、真ん中に鎮座する塔ノ岳の山頂に尊仏山荘が見えます。今日はあそこまで行って戻ってきます。
2015年11月29日 11:57撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるか遠く、真ん中に鎮座する塔ノ岳の山頂に尊仏山荘が見えます。今日はあそこまで行って戻ってきます。
岩場を登り切ると行者ヶ岳の山頂につきました。
2015年11月29日 12:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登り切ると行者ヶ岳の山頂につきました。
向こうには大山、三ノ塔、烏尾山が見えます。
2015年11月29日 12:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうには大山、三ノ塔、烏尾山が見えます。
表尾根に出てからは、険しい上りは少なくなります。
2015年11月29日 12:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根に出てからは、険しい上りは少なくなります。
新大日の山頂に到着。今日はあまりぬかるんでいません。
2015年11月29日 12:50撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日の山頂に到着。今日はあまりぬかるんでいません。
木ノ又小屋に到着。先客がコーヒーを頼んでいましたが、品切れでした。水がないのか、豆がないのか。
2015年11月29日 13:12撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋に到着。先客がコーヒーを頼んでいましたが、品切れでした。水がないのか、豆がないのか。
昨年派手に崩落していた箇所は補修されていました。しかしまだ通れる状態ではないようで、登山道はここから右下へ迂回します。
2015年11月29日 13:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年派手に崩落していた箇所は補修されていました。しかしまだ通れる状態ではないようで、登山道はここから右下へ迂回します。
塔ノ岳山頂に到着。
2015年11月29日 14:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂に到着。
1
尊仏山荘前には存在感たっぷりの太陽電池パネルが新たに設置されていました。
2015年11月29日 14:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尊仏山荘前には存在感たっぷりの太陽電池パネルが新たに設置されていました。
大倉尾根を下っていきます。ここも崩落箇所。
2015年11月29日 14:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根を下っていきます。ここも崩落箇所。
チャンプ畠山氏に遭遇。本日二回目でトイレットペーパーを運んでいるそうです。塔ノ岳に来ると大体二回に一回はお会いしている気がします。
2015年11月29日 14:46撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チャンプ畠山氏に遭遇。本日二回目でトイレットペーパーを運んでいるそうです。塔ノ岳に来ると大体二回に一回はお会いしている気がします。
1
花立山荘に到着。私はここで玉こん[email protected]円をいただきました。
2015年11月29日 14:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘に到着。私はここで玉こん[email protected]円をいただきました。
市街地と相模湾を眺めながら下りていきます。
2015年11月29日 14:57撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市街地と相模湾を眺めながら下りていきます。
1
意外と歩きにくい道です。
2015年11月29日 15:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と歩きにくい道です。
ここからバカ尾根を外れ、左に天神尾根を下りていきます。
2015年11月29日 15:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからバカ尾根を外れ、左に天神尾根を下りていきます。

感想/記録

最高気温が安定して20度を下回るようになってくると丹沢の季節です。本年度の初丹沢は、足慣らしの意味も込めて戸沢出合からの塔ノ岳最短コース。登ると暑く止まると寒い気候で、登りの時はTシャツ1枚でも汗だくでしたが、花立山荘のトイレ前の温度計では3.5度でした。

さくっと行ってさくっと帰ってくるはずが、鈍足の息子のせいで結局日没時刻を回ってしまいました。昨年、塔ノ岳から丹沢山まで足をのばした時と時間がさほどかわらないのはどうしたわけでしょう。

廃道好きの息子は去年に引き続き今年も書策新道に興味津々で、引き止めるのに苦労しました。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

崩落 直登 出合 廃道 踏跡
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ