ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 772472 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

国東のへそ、両子山

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー tiny-knight
天候薄曇り、晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
両子寺 駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
30分
合計
4時間30分
S両子寺駐車場07:3007:40奥ノ院07:5009:00両子山09:2010:30犬鼻峠12:00両子寺駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登山2日目は、まあるい国東半島のど真ん中(へそ)、両子山に登ることとした。
上りも下りも地理院地図にないコースを歩いた。上りは標識によると「町境尾根コース」、下りは予定では「郡境コース」だったが「犬鼻峠」へ出てしまった。共に工事用ロープがルートに沿って張られ分かりやすかった。所要時間はコースタイム程度と思う。
コース状況/
危険箇所等
・地理院地図にないコースもあり、地図とコンパスが必要。主要な道はロープが誘導してくれるが、ロープが途切れると、ポイントポイントで分かりにくい。木製の案内標識(国東トレイルコース用?)もあるが、踏み跡薄く迷いやすい。誘導する地名(「・・峠」など)が、地理院地図にはないので、先人者のブログなどで情報を仕入れておくことが必要。
・足元は、まだ固まった道になっていない、崩れやすい。特に落ち葉もあり、踏み跡は期待できない。
その他周辺情報国東半島には、SPAみたいな温泉や、地元の人が行く温泉もある

装備

備考 カメラのSDカード、地図を忘れた

写真

両子寺、早朝出発、この時期満車となるが、参拝客や観光客などの車はまだいない
2015年11月29日 07:25撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両子寺、早朝出発、この時期満車となるが、参拝客や観光客などの車はまだいない
この階段を上がり、
2015年11月29日 07:26撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段を上がり、
参拝入口、ここで受け付けをする、早朝はゲートが閉まっているので、前日お寺さんへ連絡しておく、拝観料は300円、登山者は100円安い
2015年11月29日 07:28撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参拝入口、ここで受け付けをする、早朝はゲートが閉まっているので、前日お寺さんへ連絡しておく、拝観料は300円、登山者は100円安い
立派な杉と紅葉のコラボ
2015年11月29日 07:27撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な杉と紅葉のコラボ
1
本堂(書院・客殿:天台宗)
2015年11月29日 07:28撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本堂(書院・客殿:天台宗)
正面の「護摩堂」へ先にお参りすること
2015年11月29日 07:29撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の「護摩堂」へ先にお参りすること
「しぐれモミジ」、七不思議のひとつ
2015年11月29日 07:34撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「しぐれモミジ」、七不思議のひとつ
2
「鬼橋」を渡って、奥ノ院へ上がる
2015年11月29日 07:35撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鬼橋」を渡って、奥ノ院へ上がる
この急な階段を上る
2015年11月29日 07:39撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急な階段を上る
奥ノ院、ここでしっかりお参りする、写真はこの裏の岩窟にある石仏への入り口
2015年11月29日 07:41撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥ノ院、ここでしっかりお参りする、写真はこの裏の岩窟にある石仏への入り口
1
しばらく歩いて、百体観音と「針の耳」(七不思議)をくぐる
2015年11月29日 07:57撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩いて、百体観音と「針の耳」(七不思議)をくぐる
「鬼の背割り」(七不思議)は通らないで、右の「難コース」と書かれた方向へ登って行く、ここを通って行くルートは下へ降りて、舗装道を登る一般コースらしい
2015年11月29日 08:04撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鬼の背割り」(七不思議)は通らないで、右の「難コース」と書かれた方向へ登って行く、ここを通って行くルートは下へ降りて、舗装道を登る一般コースらしい
難コースは、踏み跡のない地山の傾斜(急登)をロープ伝いに登って行く
2015年11月29日 08:29撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難コースは、踏み跡のない地山の傾斜(急登)をロープ伝いに登って行く
やっと頂上です
2015年11月29日 08:57撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと頂上です
1.5劼鯡1時間で来ました
2015年11月29日 08:58撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1.5劼鯡1時間で来ました
1
「国東半島峯道ロングトレイル」(国東半島で10コース)の通過点らしい
2015年11月29日 08:59撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「国東半島峯道ロングトレイル」(国東半島で10コース)の通過点らしい
1
一等三角点
2015年11月29日 08:59撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点
1
ここにも、今どきの「マユミ」の綺麗なピンク
2015年11月29日 09:00撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも、今どきの「マユミ」の綺麗なピンク
2
展望台から見た、豊後高田方向
2015年11月29日 09:01撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から見た、豊後高田方向
宇佐方向?
2015年11月29日 09:01撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇佐方向?
頂上展望所にある石の山案内標示版
2015年11月29日 09:03撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上展望所にある石の山案内標示版
頂上から西へ向かい、この「郡境コース」を降りる予定が、一般コース(舗装道)と思い、右奥のロープ案内のある「犬鼻峠」へ下りる羽目になった
2015年11月29日 09:26撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から西へ向かい、この「郡境コース」を降りる予定が、一般コース(舗装道)と思い、右奥のロープ案内のある「犬鼻峠」へ下りる羽目になった
こんな感じです、ほとんど利用する人はいないようです
2015年11月29日 09:29撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じです、ほとんど利用する人はいないようです
踏み跡はほとんどありません
2015年11月29日 09:51撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡はほとんどありません
1時間以上、迷いながら出たのが「犬鼻峠」、両子寺から見て両子山のちょうど真裏です
2015年11月29日 10:29撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間以上、迷いながら出たのが「犬鼻峠」、両子寺から見て両子山のちょうど真裏です
ここから、しばらく車道歩きで両子寺へ戻ります、途中綺麗な「マユミ」の実
2015年11月29日 10:50撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、しばらく車道歩きで両子寺へ戻ります、途中綺麗な「マユミ」の実
1
くねくねした車道を、横切るように、トレイルコース標示板がありますが、ほとんど踏み跡なく、足を踏み込んでも迷います、やっとのことで、直近の両子寺の書かれた標示板を見つけました
2015年11月29日 11:41撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くねくねした車道を、横切るように、トレイルコース標示板がありますが、ほとんど踏み跡なく、足を踏み込んでも迷います、やっとのことで、直近の両子寺の書かれた標示板を見つけました
両子寺の本来の参拝道を登ります、まずは七不思議の無名橋、赤い太鼓橋です
2015年11月29日 11:58撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両子寺の本来の参拝道を登ります、まずは七不思議の無名橋、赤い太鼓橋です
1
仁王像(仁王門)です、これも有名です
2015年11月29日 11:59撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁王像(仁王門)です、これも有名です
3
奥に見えていた総合門(山門)をくぐります、昨年の紅葉はこの辺が素晴らしかったのですが、今年はほぼ終わりです
2015年11月29日 12:01撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に見えていた総合門(山門)をくぐります、昨年の紅葉はこの辺が素晴らしかったのですが、今年はほぼ終わりです
1
上に上がると少し綺麗な紅葉が・・・、そして左が両子寺の駐車場です、やっと戻りました
2015年11月29日 12:05撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上に上がると少し綺麗な紅葉が・・・、そして左が両子寺の駐車場です、やっと戻りました
2
帰りに寄った、立ち寄り湯、昨年は地元の人が多かったのですが、表も綺麗になり、露天もできて、地元の人以外が増えています、北九州からも来るようになったということでした、残念
2015年11月29日 13:28撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに寄った、立ち寄り湯、昨年は地元の人が多かったのですが、表も綺麗になり、露天もできて、地元の人以外が増えています、北九州からも来るようになったということでした、残念
撮影機材:

感想/記録

 2日目の登山であり、ガイド付き地図や、地形判断の地理院地図などを自宅に忘れた。頂いた地図で歩くことができたが、下りは予定外のコースを取ってしまった。
 予定外に、沢山歩いたが、色々な面で学ぶことが多かった。
 この山は、一般コースは車道歩きで問題ないと思うが、他のトレイルコースは踏み跡なく、コンパスと地形図が必要です。(よく工事用ロープで案内してくれていますが・・)
訪問者数:491人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ