ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 772518 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

大倉⇔塔ノ岳⇔丹沢山⇔蛭ヶ岳 完全ナイトハイク ピストン

日程 2015年11月15日(日) 〜 2015年11月16日(月)
メンバー pikosuke
天候晴れ(富士山が薄っすらと見えて良かった)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間33分
休憩
1時間8分
合計
11時間41分
S大倉バス停16:3517:08雑事場ノ平17:45駒止茶屋18:05堀山の家18:31天神尾根分岐18:56花立山荘19:36塔ノ岳20:07日高20:19竜ヶ馬場20:39丹沢山20:5921:29不動ノ峰休憩所21:3321:50棚沢ノ頭22:05鬼ヶ岩ノ頭22:33蛭ヶ岳22:5623:15鬼ヶ岩ノ頭23:2623:44棚沢ノ頭23:52不動ノ峰00:1500:49丹沢山01:14竜ヶ馬場01:26日高01:52塔ノ岳02:0202:26花立山荘02:55天神尾根分岐03:12堀山の家04:01見晴茶屋04:39ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
塔ノ岳 ⇔ 丹沢山の崩壊したコルの丸太梯子(階段)は、夜間、早朝だと凍結する可能性もあるので要注意です。

大倉⇔塔ノ岳間は人気のルートのため、道の養生はしっかりとしていますが、塔ノ岳⇔蛭ヶ岳間は、階段が一部壊れている箇所があるので気をつけてください。

丹沢山⇔蛭ヶ岳の間は写真で説明した通り、植物のトラップに注意。また、痩せ尾根も大倉尾根より細く長い箇所があるので慎重に歩行を。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ ゲーター チェーンスパイク

写真

出発前に秦野ビジターセンターに寄り…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発前に秦野ビジターセンターに寄り…
1
15日が最終日の「写真で見る丹沢の自然 今・昔」を見てきました。(中は撮影禁止)

丹沢を撮り続けてきた 故奥野幸道さんの写真展です。
昔はやはりブナ林や茅場が多かったのですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15日が最終日の「写真で見る丹沢の自然 今・昔」を見てきました。(中は撮影禁止)

丹沢を撮り続けてきた 故奥野幸道さんの写真展です。
昔はやはりブナ林や茅場が多かったのですね。
1
今日の…
日の入16時35分
日の出06時16分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の…
日の入16時35分
日の出06時16分
1
ふ〜

塔ノ岳を眺めつつ、日没までの時間がとても長く感じます。
これからの山行の緊張感が高まってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふ〜

塔ノ岳を眺めつつ、日没までの時間がとても長く感じます。
これからの山行の緊張感が高まってきます。
今日はクリステル嬢ではなく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はクリステル嬢ではなく
キャサリン嬢にご挨拶。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャサリン嬢にご挨拶。
1
16時35分
大倉尾根へ入山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16時35分
大倉尾根へ入山
1
17時11分
見晴茶屋

手前の大倉高原山の家分岐で、道を譲った年配の登山客の方に行き先を聞かれたので、答えたところ、「ヒィルーーーー????!!!!」と驚きの声が山に響きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17時11分
見晴茶屋

手前の大倉高原山の家分岐で、道を譲った年配の登山客の方に行き先を聞かれたので、答えたところ、「ヒィルーーーー????!!!!」と驚きの声が山に響きました。
18時05分
堀山の家

到着前に獣臭がして狼狽しましたが、トイレの臭いで安心しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18時05分
堀山の家

到着前に獣臭がして狼狽しましたが、トイレの臭いで安心しました。
18時56分
花立山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18時56分
花立山荘
19時36分
塔ノ岳に到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19時36分
塔ノ岳に到着です。
塔ノ岳⇔丹沢山の崩壊したコルは怖い(-_-;)

ココの丸太階段は四つん這いで登り降りします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳⇔丹沢山の崩壊したコルは怖い(-_-;)

ココの丸太階段は四つん這いで登り降りします。
20時07分
日高(ひったか)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20時07分
日高(ひったか)
20時19分
竜ヶ馬場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20時19分
竜ヶ馬場
20時39分
丹沢山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20時39分
丹沢山に到着
この先に薄っすらと富士山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先に薄っすらと富士山が見えます。
丹沢山から蛭ヶ岳は初山行なので地図を頭に叩き込みます。

(自分が言う資格はありませんが、ナイトハイクをするのであれば、必ず日中に一度は通っておくべきです。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山から蛭ヶ岳は初山行なので地図を頭に叩き込みます。

(自分が言う資格はありませんが、ナイトハイクをするのであれば、必ず日中に一度は通っておくべきです。)
20時59分
少し長めの休憩を取って、いざ蛭ヶ岳へ出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20時59分
少し長めの休憩を取って、いざ蛭ヶ岳へ出発。
今朝までの大雨が降っており、大倉尾根辺りはそれほど泥濘は酷くありませんでしたが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝までの大雨が降っており、大倉尾根辺りはそれほど泥濘は酷くありませんでしたが・・・
丹沢山⇔蛭ヶ岳間は泥濘というより水溜り状態でした。

階段の丸太が水をせき止めてたり、山道一面の水溜りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山⇔蛭ヶ岳間は泥濘というより水溜り状態でした。

階段の丸太が水をせき止めてたり、山道一面の水溜りです。
前回の丹沢山へのナイトハイクで凍結を経験したので、チェーンスパイクを着けるタイミングをうかがってましたが、結局下山するまで必要はありませんでした。

逆にゲーターを着けるタイミングを逸し、泥だらけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回の丹沢山へのナイトハイクで凍結を経験したので、チェーンスパイクを着けるタイミングをうかがってましたが、結局下山するまで必要はありませんでした。

逆にゲーターを着けるタイミングを逸し、泥だらけです。
1
不動ノ峰手前の休憩小屋で一休み。
ココならテント張れるなと思っていましたが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰手前の休憩小屋で一休み。
ココならテント張れるなと思っていましたが…
やはりそうですよね。国定公園ですから。ビバークなら良いと思いますが。

このルートではテン場は大倉高原山の家付近のみです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはりそうですよね。国定公園ですから。ビバークなら良いと思いますが。

このルートではテン場は大倉高原山の家付近のみです。
21時41分
不動ノ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21時41分
不動ノ峰
21時50分
棚沢ノ頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
21時50分
棚沢ノ頭
蛭ヶ岳まで行く途中、力尽きたらエスケープルートとしてユーシン方面に向かう事も考えていました。

熊木沢出合に降りられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳まで行く途中、力尽きたらエスケープルートとしてユーシン方面に向かう事も考えていました。

熊木沢出合に降りられます。
小ピークを登りきる直前で、この木に頭をぶつけてしまい、軽い脳震盪(*_*)

ナイトハイクだと視野が狭くなり、道が先にあるかどうか、足元の安全性、この2点に集中してしまうので、このような頭上のトラップには要注意です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークを登りきる直前で、この木に頭をぶつけてしまい、軽い脳震盪(*_*)

ナイトハイクだと視野が狭くなり、道が先にあるかどうか、足元の安全性、この2点に集中してしまうので、このような頭上のトラップには要注意です!
22時05分

鬼ヶ岩ノ頭付近の…
鎖場に到着…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22時05分

鬼ヶ岩ノ頭付近の…
鎖場に到着…
聳え立つ鬼ヶ岩

このふたつの岩が鬼の角に見えるためその名がつきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聳え立つ鬼ヶ岩

このふたつの岩が鬼の角に見えるためその名がつきました。
下を恐る恐る覗き込むと…
ヘッデンの灯りも届かず真っ暗で奈落の底に落ちる感じ…

平らな状態に見えますけど、写り込んでる鎖を見れば判ると思いますが上から撮った写真です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を恐る恐る覗き込むと…
ヘッデンの灯りも届かず真っ暗で奈落の底に落ちる感じ…

平らな状態に見えますけど、写り込んでる鎖を見れば判ると思いますが上から撮った写真です。
奈落の底に落ちそうな感覚を持ったのは鎖場を降りた先にある、この痩せ尾根のため。とても細くて暗闇では上からは確認できず、何処まで降らなければいけないのかと凄く不安にりました。

(ナイトハイクをするなら必ず日中の山行を経験しておきましょう)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈落の底に落ちそうな感覚を持ったのは鎖場を降りた先にある、この痩せ尾根のため。とても細くて暗闇では上からは確認できず、何処まで降らなければいけないのかと凄く不安にりました。

(ナイトハイクをするなら必ず日中の山行を経験しておきましょう)
実は鎖場の経験も初めてだったので、降りれたは良いけど帰りの鬼ヶ岩ノ頭の登り返しはどうしよう…

なんて考えながら歩いてたら、22時33分、いつの間にか蛭ヶ岳山荘に到着しました。ちょっと拍子抜け。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実は鎖場の経験も初めてだったので、降りれたは良いけど帰りの鬼ヶ岩ノ頭の登り返しはどうしよう…

なんて考えながら歩いてたら、22時33分、いつの間にか蛭ヶ岳山荘に到着しました。ちょっと拍子抜け。
神奈川で1番高いところにたった独りで居る悦に浸ります。(蛭ヶ岳山荘の中に居る人は忘れてください)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神奈川で1番高いところにたった独りで居る悦に浸ります。(蛭ヶ岳山荘の中に居る人は忘れてください)
3
塔ノ岳の夜景も綺麗ですが神奈川最高峰から見る夜景は格別。

写真は撮れませんでしたが星空も綺麗で、薄っすらと見える富士山も印象的でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳の夜景も綺麗ですが神奈川最高峰から見る夜景は格別。

写真は撮れませんでしたが星空も綺麗で、薄っすらと見える富士山も印象的でした。
1
流石に檜洞丸までは無理です。この先は無謀であると解っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流石に檜洞丸までは無理です。この先は無謀であると解っています。
22時56分
神奈川で1番高いところに居る悦に、もう少し浸って居たいのですが下山開始。

今日の目標はもう一つ。
「日没時間の完全ナイトハイク!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22時56分
神奈川で1番高いところに居る悦に、もう少し浸って居たいのですが下山開始。

今日の目標はもう一つ。
「日没時間の完全ナイトハイク!」
下山時に、今日2回目の植物トラップ。

急な泥の斜面に滑りそうになったので岩に手をついたら、植物の棘が手に刺さりました(*_*)

鬼ヶ岩ノ頭から蛭ヶ岳の間は野薔薇の枝が結構道に迫り出しているので注意が必要です。花は白くて可愛いのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時に、今日2回目の植物トラップ。

急な泥の斜面に滑りそうになったので岩に手をついたら、植物の棘が手に刺さりました(*_*)

鬼ヶ岩ノ頭から蛭ヶ岳の間は野薔薇の枝が結構道に迫り出しているので注意が必要です。花は白くて可愛いのですが。
そして鬼ヶ岩ノ頭の登り返し

三点確保!

で何とかクリア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして鬼ヶ岩ノ頭の登り返し

三点確保!

で何とかクリア。
自分にとっては意外と急でした…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分にとっては意外と急でした…
下から見た鬼ヶ岩の写真
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見た鬼ヶ岩の写真
登りきって余裕が出たので鬼ヶ岩に挟まれて遊んでみた写真
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきって余裕が出たので鬼ヶ岩に挟まれて遊んでみた写真
23時44分
棚沢ノ頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
23時44分
棚沢ノ頭
23時52分
不動ノ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
23時52分
不動ノ峰
不動ノ峰辺りの東側も夜景が綺麗。日中なら西側は富士山を眺められます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰辺りの東側も夜景が綺麗。日中なら西側は富士山を眺められます。
日付が変わる前に不動ノ峰休憩所でひと休み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日付が変わる前に不動ノ峰休憩所でひと休み。
実はヘッデンが暗いなとずっと違和感を感じていたのですが、電池残量がレッドシグナルでした。鬼ヶ岩の鎖場が暗かったのはこの為だったかもしれません(反省)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実はヘッデンが暗いなとずっと違和感を感じていたのですが、電池残量がレッドシグナルでした。鬼ヶ岩の鎖場が暗かったのはこの為だったかもしれません(反省)。
0時49分
再び丹沢山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0時49分
再び丹沢山
1時14分
竜ヶ馬場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時14分
竜ヶ馬場
1時52分
再び塔ノ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時52分
再び塔ノ岳
塔ノ岳の野良ネコさんと会話

「またお前登ってきたのか」
「ハイ」
「で、今日はエサ持ってきたか?」
「ナイ」
「・・・」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳の野良ネコさんと会話

「またお前登ってきたのか」
「ハイ」
「で、今日はエサ持ってきたか?」
「ナイ」
「・・・」
1
2時02分
塔ノ岳から下山開始

今日はハードな山行ですが珍しく転んでいません。「遭難は下山時に多い。気を抜かずに!」そんな思いを込めて、写真撮影。(結局、最後の最後で転びましたが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時02分
塔ノ岳から下山開始

今日はハードな山行ですが珍しく転んでいません。「遭難は下山時に多い。気を抜かずに!」そんな思いを込めて、写真撮影。(結局、最後の最後で転びましたが)
2時26分
花立山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時26分
花立山荘
大倉尾根ナイトハイクは今日で5回目ですが、ナイトで下るは初めてなので、ガレ場はとても緊張します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根ナイトハイクは今日で5回目ですが、ナイトで下るは初めてなので、ガレ場はとても緊張します。
2時55分
天神尾根分岐

流石に今日はチャンプ畠山さんには逢えませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時55分
天神尾根分岐

流石に今日はチャンプ畠山さんには逢えませんでした。
3時12分
堀山の家
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時12分
堀山の家
4時01分
見晴茶屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時01分
見晴茶屋
4時39分

昨日16時35分に大倉から入山し、大倉尾根 ⇔ 塔ノ岳 ⇔ 丹沢山 ⇔ 蛭ヶ岳をピストンで下山口に到着。

蛭ヶ岳まで登り、かつ完全ナイトハイクの目標も達成しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時39分

昨日16時35分に大倉から入山し、大倉尾根 ⇔ 塔ノ岳 ⇔ 丹沢山 ⇔ 蛭ヶ岳をピストンで下山口に到着。

蛭ヶ岳まで登り、かつ完全ナイトハイクの目標も達成しました。
2

感想/記録

自分では限界に近いハードな山行でした。

山行後、疲れや足裏痛、ふくらはぎ痛がひどく、テンションも↓↓
数日間は全く山に登る気が起きませんでした…
訪問者数:208人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ