ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 773698 全員に公開 フリークライミング伊豆・愛鷹

65 城山クライム VS GO RU FU

日程 2015年12月02日(水) [日帰り]
メンバー mmakiram3612SailnSnow, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間20分
休憩
10分
合計
9時間30分
S城山登山口07:0015:20城山15:3016:30城山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
初めての城山でしたので スラブになれず足での立ち込みのふんぎりがむつかしかったです。1ピッチ目のとんとん拍子(5.8)も相当苦労しましたが なんとか登り切りました。 他のメンバーも悪戦苦闘でしたので バトルランナーは次回にして当初の目的 南西カンテに向かう。アプローチのホームボーイ(5.8)はスラブに慣れてきたせいか 安定して登る事ができました。そこから斜上バンドを80m〜100mくらい上がった所に南西カンテ取り付きがありました。取り付きまで60m という情報があり少々行ったりきたりしちゃいました。
1ピッチ目45m 高度感満点  快適なクライミング。あまりランニング取
        りすぎると ゼルプストバンドがずり落ちそうになりま
        すよ
2ピッチ目15m 落石を起こさないように歩き
3ピツチ目15m トップの我儘で小ハング直登のルート選択
       悪戦苦闘で抜ける。後続隊 大騒ぎでアブミまで総動員。
4ピッチ目 20m M先輩とT先輩のありがたいご助言のおかげで トッ
       プは右から直上 上に抜けちゃわないとピンがないので
        被った岩に必死でかぶりつき乗りこす。後続隊は
       ノンビリ左ルートをニコニコ登ってくる。終了
この後 城山頂上を踏み下山
その他周辺情報駒の湯 ぬる湯(38℃)があり ゆっくり長湯ができる
   45分以内 350円 80分以内 500円
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 11mm40m 10mm50m

写真

道の駅 伊豆のへそ 前夜仮眠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅 伊豆のへそ 前夜仮眠
南壁 正面が スットコドッコイじゃなく とんとん拍子(5.8)ルート バトルランナー1ピッチ目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南壁 正面が スットコドッコイじゃなく とんとん拍子(5.8)ルート バトルランナー1ピッチ目
上り始めのS 体がギクシャクして動作がかたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り始めのS 体がギクシャクして動作がかたい
3
確保点より取り付きを望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確保点より取り付きを望む
新人HさんをあやつるS なつかしい肩がらみ確保 この確保法が一番あやつりやすい??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新人HさんをあやつるS なつかしい肩がらみ確保 この確保法が一番あやつりやすい??
南西カンテへのアプローチ 後輩の登りを見上げるT先輩とM先輩
2015年12月02日 10:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西カンテへのアプローチ 後輩の登りを見上げるT先輩とM先輩
南西カンテへのアプローチ ホームボーイ(5.8)を登るMさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西カンテへのアプローチ ホームボーイ(5.8)を登るMさん
Tさんに冗談いいながら確保するS
2015年12月02日 10:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Tさんに冗談いいながら確保するS
1
Tさんがんばる ザック背負ってもらいすいません Aさんがいれば・・・・
2015年12月02日 10:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Tさんがんばる ザック背負ってもらいすいません Aさんがいれば・・・・
斜上バンドを地響きをたてて駆け抜けるM先輩 やっぱり変わった先輩です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜上バンドを地響きをたてて駆け抜けるM先輩 やっぱり変わった先輩です。
アプローチ2ピッチ目 斜上バンドを行くHさん 少々へっぴり虫(まだ岩虫になってない)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アプローチ2ピッチ目 斜上バンドを行くHさん 少々へっぴり虫(まだ岩虫になってない)
1
南西カンテ1ピッチ目 快適 アルパインクライミングの極み いよいよ岩虫に変身
2015年12月02日 11:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西カンテ1ピッチ目 快適 アルパインクライミングの極み いよいよ岩虫に変身
まだまだ岩虫に成りきれていない へっぴり虫のお尻
修行が足りない!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ岩虫に成りきれていない へっぴり虫のお尻
修行が足りない!!
2間バンドでくつろぐ岩虫達 残り5.7 1ピッチのはずが  Mトラップを思案中か M先輩(白ヘル)
A師匠の穴を取り繕ってけなげに皆にサービスするHさん Aさん弟子に感謝!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2間バンドでくつろぐ岩虫達 残り5.7 1ピッチのはずが  Mトラップを思案中か M先輩(白ヘル)
A師匠の穴を取り繕ってけなげに皆にサービスするHさん Aさん弟子に感謝!!
4ピッチ目 Mトラップにはまり右方向に直進するS岩虫
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4ピッチ目 Mトラップにはまり右方向に直進するS岩虫
1
このアブミはなんだ??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このアブミはなんだ??
最終クライム Tさんご苦労様でした 先輩方がバックに居てくれたお陰で安心して登れました。
2015年12月02日 15:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終クライム Tさんご苦労様でした 先輩方がバックに居てくれたお陰で安心して登れました。
片付けをするM先輩 今日はの登攀は満足でしたか? 最高の笑みが返ってきました よかった!!
2015年12月02日 15:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片付けをするM先輩 今日はの登攀は満足でしたか? 最高の笑みが返ってきました よかった!!
終了点で Aさんに代わり 師匠の穴を埋めるべくザイルを巻く新人Hさん 一生懸命でしたよ ご苦労さまでした。 師匠ほめてあげてください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終了点で Aさんに代わり 師匠の穴を埋めるべくザイルを巻く新人Hさん 一生懸命でしたよ ご苦労さまでした。 師匠ほめてあげてください。
城山頂上にて みたらしだんご を食べて 人心地つけ岩虫から人に戻る。 いい景色です。今日も充実していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山頂上にて みたらしだんご を食べて 人心地つけ岩虫から人に戻る。 いい景色です。今日も充実していました。
2
城山南壁全景 バトルランナー2ピッチ目(右端)に岩虫達がくっいている。 ザイルが岩虫が這った跡みたいです。城山や 岩虫達が這った跡 なんちゃって・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山南壁全景 バトルランナー2ピッチ目(右端)に岩虫達がくっいている。 ザイルが岩虫が這った跡みたいです。城山や 岩虫達が這った跡 なんちゃって・・・
2
さよなら 今日はありがとう また来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよなら 今日はありがとう また来ます。
1
撮影機材:

感想/記録

今回もニコヨンクライマーズ参上です いつまでもなぜか70歳冷や水クライマーことT先輩 少しはひっこんだのか?恰幅のいいM先輩66歳 情報通の新人Hさん61歳 S62歳 ザイルパートナー杵柄クライマーAさんと言いたい所だが なんとAさん なんとなんと GO RU FU なんだとか。前回の三つ峠の時 GORUFUに行ったT先輩に こんなよきクライミング日和にGORUFUとは・・ とか言ったかどうか?知らないが 思っていたはずのAさんが ですよ。世の中ちょっと・・・。
そんなわけで4人で初城山(mさんは30年前に来たとかなんとか 年取ってあまり覚えていないようなので 初 とします)参上。
城山 5.8のとんとん拍子なら とんとん登れるはず が、が  スットコドッコイ  難しい うまく足で立ち込めない。しかし 登り始めちゃったので、ヒヤヒヤもので小ハングを越し確保点へ ヤレヤレでした。セカンド サードともぶつくさ言いながらA0まじえて登ってきたが、Hさん靴が足に合わず もう履いていられないとのこと。下にいるMさんの了承を得て下降することになりました。 下降後 Hさん Sにこっぴどく注意されションボリ Sはとっても嬉しそうでした??。 そんな訳で バトルランナーは次回にお預けとし 当初の目的 イザ 南西カンテに アプローチは5.8のホームボーイを選択 普通のハイキングシューズのHさんは ゴボウ登りOKということで 登りはじめました。城山スラブ2ピッチ目のせいか、スムーズに足で立ち込め 余裕で登れました。      斜上バンドでは 取り付きが分からず 2往復くらいして 立ち木の間を抜けるように進んだ先に写真で観ていた取り付き発見。 確保用のピンもまったくなく 登られてる割には さみしい取り付き点ですね。ルートは前述のように我々が30年前に登っていたクラシックルートを彷彿とさせとても爽快で 楽しく登りました。
最終ピッチの顛末 凹角に入り左に行こうとしていたら M先輩 T先輩から右手にボルトが2つくらい打ってあるのでそっちがルートに違いないとのトラップ??を掛けられ 素直なSは右直上ルートへ ハング気味壁に取り付いたんですが 頭上に被さってきてバランスとりにくいし 2本目のピンから上にピンがない 上のフレーク掴むために、甘いホールドで一気に体引き上げてみたら うまくいったのでよかったが、掴めなかったら、けっこう痛い思いしていたでしょう。5.7ではないでしょうね。その後M先輩、T先輩 私の苦労を見て あっさり前言撤回し 左にルート変更、ルンルンで登ってきて 左はガバがあって楽だった・・・・とか。こういう非情な先輩にはきをつけましょうね。後からHさんが Mトラップに引っ掛かったSさん とか言ってました。
途中で、Sはカメラをうっかり落としてしまいました。下部が人のいない地帯だったのでよかったです。 新人のHさんにあれや、これや、うるさいことを言ってる手前 大失態 大きなこといえませんね。でも小さなことはこれからもビシバシ言いますよHさん。
今回 斜上バンドでお話をした ご婦人クライマー なんと72歳 (74?)
はぁはぁーとひれ伏してしまいました。すばらしき チャレンジ精神です。 うちのご長老Tさんも弱気な事言ってないで ガンガン登ってくださいよ 岩攀じる力はまだまだすばらしいですから  曳いては私とかAさんのクライミング人生長引かせる目標にもなっているわけだから 責任感じて 先輩らしくがんばってください。(でも帰りに連れて行ってくれた駒の湯と洋食家さんとてもGOODでした。ヨイショと!! )
ということで 今回も少々疲れましたが 変な先輩達 歳食った新人と共に とてもとても楽しい山行ができました。 GO RU FU行ってた Aさんにはこの楽しさ 分けてあげないことにします。 おしまい
訪問者数:268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/11
投稿数: 17
2015/12/3 23:37
 お疲れ様でした
老人と新人を連れて頑張ってくれた岩虫に感謝します。
3人を引き連れての登攀は精神的に緊張するので疲労は大きかったと思います。
5.9はA0、A1と決めて登りましたので、岩虫がリードフリーで必死に苦労している場所はしっかりしたケミカルボルトやペツルボルトを使い楽に登りました。今度はバトルランナーをマルチで登りましょう(ただし私はA0 〜A1です)。
登録日: 2013/11/9
投稿数: 66
2015/12/4 0:06
 Re: お疲れ様でした
お疲れ様でした 城山懲りちゃったかなと思ってましたんで よかったです。T先輩ならバランスで登れちゃうんじゃないかなって思います。後はあのスラブに慣れるしかなさそうですね。バトルランナーの件了解 1ピッチ目は何とかクリアーできたので この次は完登ですね よろしくお願いします。Aさん誘って行きましょう。また楽しい山行ご一緒お願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ