ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 774035 全員に公開 ハイキング丹沢

寄沢から三ノ塔まで

日程 2015年12月04日(金) [日帰り]
メンバー hyena_kick
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
40分
合計
9時間10分
S07:3007:50寄大橋(水源林管理棟前ゲート)09:30釜場ノ平10:20鍋割峠10:50鍋割山荘11:1012:20尊仏山荘12:3012:50木ノ又大日13:30新大日茶屋13:4014:00行者ヶ岳14:40三ノ塔16:40大倉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

お世話になっていますジオグラフィカ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になっていますジオグラフィカ
いいねえ
2015年12月04日 08:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいねえ
1
そろそろ沢に入りましょう
2015年12月04日 08:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ沢に入りましょう
丹沢水系に感謝です
2015年12月04日 08:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢水系に感謝です
コシバ沢へ入ります。水棚沢とコシバ沢の合流が寄沢になるのだろうか
2015年12月04日 09:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシバ沢へ入ります。水棚沢とコシバ沢の合流が寄沢になるのだろうか
1
4・5本崩れ倒れた杉の大木を目印に左手、方位で言うなら西寄りの北へ方向を変えます
2015年12月04日 09:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4・5本崩れ倒れた杉の大木を目印に左手、方位で言うなら西寄りの北へ方向を変えます
1
ひと気がないのがイイというのは勝手ですな
2015年12月04日 09:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと気がないのがイイというのは勝手ですな
駿河湾が見えました。あの人は元気だろうか。
2015年12月04日 10:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駿河湾が見えました。あの人は元気だろうか。
2
塔のから新大日の雰囲気も去年からまたさらに変わっている。
2015年12月04日 12:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔のから新大日の雰囲気も去年からまたさらに変わっている。
1
そして三ノ塔へ
2015年12月04日 13:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして三ノ塔へ
1
このモッコ一戸で600キロぐらいだそうです。
2015年12月04日 14:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このモッコ一戸で600キロぐらいだそうです。
1
長い影を連れて歩きます。
2015年12月04日 14:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い影を連れて歩きます。
大倉でございます。
2015年12月04日 16:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉でございます。
1
撮影機材:

感想/記録

前回の山歩きから早9か月。仕事の忙しさにかまけていると時間は恐ろしいスピードで過ぎ去ります。
12月に入りなんとかスケジュールに余裕もできてきたので一番近い山塊の丹沢に行くことにしました。
完全にリハビリ。ベトナムから帰ってきてすぐにアトピーを発症してしまい野歩きなんて出来ないほどの湿疹。4か月ほど悩まされたけれどもこれも段々と落ち着いてきた。アトピーにストレスも関係しているならば離婚したことに因って快方に向かっているのだろうか。
時間も去るけど女房も去るね。前口上はこのへんで。

新松田から寄(『やどろぎ』もしくは『やどりき』とよばれています、読めないよね)までの登山客は3人ほど。バスに揺られて終点の寄までちょっとぼんやり。終点手前の地名は『弥勒寺』。僕が現在住んでいる海のそばの町と同じなのだ。
終点で降りた登山客は来た道を引き返すように去っていった。シダンゴ山から雨山を回って行くのだろうか。まあ人の事はいいや。
ひとり舗装道を小一時間ほど北に歩く。途中で公衆トイレがあった。実に助かるのだ。登山客の朝のトイレ問題は切実だからね。車での移動ならばタイミング的には多少の融通が利くけど電車移動ではそうはいかない。かと言って駅のトイレとかは大きなザックと一緒だと使いづらいのだ。
水源林管理棟を超えると沢をまたいだりと右往左往。昨日の雨の影響が心配だったけど影響はなかった。赤布もそこらにあるので安心。沢沿いなので高度はまだ上がらない。
雨山峠への分岐で北上を始める。沢筋はゴロゴロしているのだ。20分ほど登っていくと大きな杉の木が4・5本ほど根元から倒壊している。これを目印にやや西への方向転換。土の法面をガシガシと刻んでいきます。このまま狭い等高線を登ってく。土の法面なので足場になりそうな石も頼りない。追従する人がいたら気を付けないといけない。
乳酸を貯めに貯めて鍋割峠へ飛び出る。あー、しんどかった。
鍋割山荘で小休止。沢山のお客で大賑わい。うーん、忙しそうだからビールだけ貰うことにする。早めの昼食をとっている初老の方と少し話をした。皆さんは熱い鍋焼きうどんを召し上がっています。南から巻き上がる雲に覆われていく富士山を見ながらグビリ。さて塔ノ岳まで足を延ばそう。
小一時間で尊仏山荘。ここではホットコーヒーをいただく。量は多いけど薄いな。席の向かいのおじさんはカップ酒をいっぱいひっかけている。いいねえ。今日は沢沿いでしか鹿を見なかったな。鹿肉食べたいなあ。
どこから下ろうか。最初は二俣へ下ろうかと思っていたけど時間も早いし政次郎尾根を下るか。
ひっそりとした新大日茶屋でカップラーメンをすする。札掛への標識。そうだ、毎回札掛ってどこだ?と地図でみてなるほどって思うのだけどすぐ忘れてしまう。
そうだよな、あっちに降りて厚木から帰るとか、北へ進んで宮ケ瀬から帰るという人生もあるのだな。それはそれでいいな。
以前は丹沢など…という風潮もあったが長い山歩きを楽しめるのならばなかなか重宝な山域なのだな。丹沢というものは。少なくても奥多摩よりは評価するよ僕は。
木道や段々に辟易するという声も聞こえるが、これを作った人たちも辟易としながら作ったんだろうからあんまり、ね。そこは。
それにしても来るたびに変わっていくね。
結局せっかく来たのだから三ノ塔まで足を延ばすことにした。そこから三ノ塔尾根を下ろう。そうすれば日暮れまでには大倉へ降りられる。

だらだらと下っていく。そして膝がヨタヨタになりだす。頭がしびれてきた。しゃりばてか。食ってばっかりなのにな。
スニッカーズを齧ると驚きの即効力。すごいな。単純だ。

林道が見えたので今回の山歩きもおしまい。年内にもう一回は行きたいけどどうかな。八つではもう雪が降っているとのことで。
次の日曜は体中痛いんだろうな。
訪問者数:222人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 林道 法面 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ