ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 774238 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

ひさしぶりの赤岳は、きびしくも優しかったです。

日程 2015年11月28日(土) [日帰り]
メンバー ryu0214
天候快晴 稜線は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口から美濃戸までの道は、積雪はなかったものの一部凍結しており、途中で引き返しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間50分
休憩
1時間10分
合計
9時間0分
S八ヶ岳山荘06:0006:40やまのこ村08:20行者小屋09:0010:10文三郎尾根分岐10:2010:50赤岳11:1011:40文三郎尾根分岐12:50行者小屋14:10美濃戸山荘15:00八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪は、行者小屋の手前からありましたが、アイゼンは不要でした。
行者小屋からアイゼン装着しました。
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

ようやくやまのこ村まで歩いてきた〜
いいウォーミングアップです(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくやまのこ村まで歩いてきた〜
いいウォーミングアップです(^^)
さて、いつもなやむけど、いつも南沢へ
北沢って、いいの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、いつもなやむけど、いつも南沢へ
北沢って、いいの?
凍り始めてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍り始めてる
しばらく歩くと、木々も白く凍りついてます。
いい感じだよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと、木々も白く凍りついてます。
いい感じだよね
2
青空も見えてきた(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も見えてきた(^^)
1
雪も深くなってきたよ
行者小屋の少し手前辺り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も深くなってきたよ
行者小屋の少し手前辺り
行者小屋から
大同心とかが見えてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋から
大同心とかが見えてる
こっちの方がくっきりだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちの方がくっきりだ
2
行者小屋で此処から先への準備をしました。
この日は登山者少なし
会ったのは、総勢でも10人もいなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋で此処から先への準備をしました。
この日は登山者少なし
会ったのは、総勢でも10人もいなかった。
1
さて、赤岳最短ということで、文三郎尾根を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、赤岳最短ということで、文三郎尾根を目指します。
阿弥陀への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀への分岐
1
文三郎尾根でどんどん標高を稼ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根でどんどん標高を稼ぎます。
雪の山いいよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の山いいよね
2
階段も埋まり始めてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段も埋まり始めてました
阿弥陀岳〜
ここから見る阿弥陀岳かっこいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳〜
ここから見る阿弥陀岳かっこいい
2
先行者発見
この後、追いついてお話しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者発見
この後、追いついてお話しました。
横岳〜
写真ではいまいちかもしれないけど、光の陰影とかがすばらしくて、めちゃめちゃかっこよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳〜
写真ではいまいちかもしれないけど、光の陰影とかがすばらしくて、めちゃめちゃかっこよかったです。
3
さて、のぼるで〜
勝負は午前中や
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、のぼるで〜
勝負は午前中や
同じような写真ですみません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じような写真ですみません
3
赤岳〜
要塞だなっていつも思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳〜
要塞だなっていつも思う。
1
だいぶ上まで来たよ
中岳が低くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ上まで来たよ
中岳が低くなってきた。
1
文三郎尾根分岐の標識が十字架のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根分岐の標識が十字架のようです。
1
りっぱなエビの尻尾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
りっぱなエビの尻尾
1
分岐から見た阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から見た阿弥陀岳
キラキラしてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キラキラしてます。
2
権現岳のむこうに南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳のむこうに南アルプス
3
結構風がつよいっす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構風がつよいっす。
1
最後の頑張りどころで注意しどころ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の頑張りどころで注意しどころ
鎖は使えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖は使えました。
このあたりきつかった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりきつかった〜
で、富士山ど〜ん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、富士山ど〜ん
2
いいね〜いいね〜
これが見たかった(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいね〜いいね〜
これが見たかった(^^)
1
2月以来の山頂です。
ただいま(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2月以来の山頂です。
ただいま(^^)
横岳方面
小屋も凍ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳方面
小屋も凍ってます。
1
赤岳越しの富士山はいいよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳越しの富士山はいいよね
で、もういっちょ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、もういっちょ
1
下り始めるとガスが上がって来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めるとガスが上がって来ました。
でも、風があるので、ちょくちょくみえてます。
行者小屋が見えてる(^^)
分岐まで降りてきたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、風があるので、ちょくちょくみえてます。
行者小屋が見えてる(^^)
分岐まで降りてきたよ。
上を見ると青空だ(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上を見ると青空だ(^^)
2
いいね〜
ここまできたら、すこし安心
景色を楽しみながら降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいね〜
ここまできたら、すこし安心
景色を楽しみながら降ります。
1
もう少ししたら階段埋まっちゃうんだろうなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少ししたら階段埋まっちゃうんだろうなあ
で、下山後のそのままの格好で、ここJ&Nへ(^^)
美濃戸口のバス停の真ん前にオープンしたオーベルジュです。(泊まれるレストランですね)
山仲間の夫婦が11月にオープンした店で、すごくおしゃれできれいだけど、山の帰りにそのまま寄っても大丈夫とのこと。(ご夫婦も山をやってるとのこと)
お風呂もあって、食事もおいしくていいよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、下山後のそのままの格好で、ここJ&Nへ(^^)
美濃戸口のバス停の真ん前にオープンしたオーベルジュです。(泊まれるレストランですね)
山仲間の夫婦が11月にオープンした店で、すごくおしゃれできれいだけど、山の帰りにそのまま寄っても大丈夫とのこと。(ご夫婦も山をやってるとのこと)
お風呂もあって、食事もおいしくていいよ〜
おしゃれな感じ満載
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おしゃれな感じ満載
宿泊は、個室ベットみたいな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊は、個室ベットみたいな感じ
1
お風呂は檜の香りが心地よい清潔なお風呂でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お風呂は檜の香りが心地よい清潔なお風呂でした。
1
この日は、シェフのカレーを頂きました。
大満足(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は、シェフのカレーを頂きました。
大満足(^^)
2
デザートも(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デザートも(^^)
2
ティラミス
めっちゃうまかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ティラミス
めっちゃうまかった
1
八ヶ岳プリン(^^)
濃厚で甘すぎず美味しかった(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳プリン(^^)
濃厚で甘すぎず美味しかった(^^)
1

感想/記録

ひさしぶりに八ヶ岳の赤岳に行って来ました。

今年は、降雪がかなりおそくて、一週間前の投稿でも雪はまったくなし。
いつ降るの?って思っていたら、週の半ばに降ったみたいで、週末が晴れるとのことで、急遽土曜日に行って来ました。日曜日に初めてのハーフマラソンが控えていたので、自粛スべきかなと思ったけど、ま、ハーフは完走さえすればいいわけだし、きっとなんとかなると思い込むことにしました。

このところ、きちんとした山にいけていなかったのが悪いのか、公私共にうまくいかないことが多くて、じっくり山に行きたかったのが事実かな。
山に行かないとイケナイカラダになってます。

て、前段長くてすみません。

2時に家を出て、美濃戸口についたのは、5時前くらい。
道路状況は全く凍結も積雪もなし。
これなら行けるかもなとおもって、美濃戸まで車でいくことに(^^)
凸凹道に気をつけながら、車をゆっくり走らせます。
ところは、やまのこ村の少し手前の上り坂で急遽スリップして止まっちゃた。
降りてみると、凍結してる。
ここで、チェーンをつけることも考えたけど、なんかめんどくさくなったのと、すぐ脇に転回できるところもあったのでバッグで下がり始めたら、今度はガツンと!!!
後ろの左下にあった岩にぶつけてしまいました〜
バンパーが少し割れてました。

気を取り直すまもなく、切り返して下がっていったら今度は木にぶつかる・・・
でも、なんとか展開して、美濃戸口まで戻りました。

ま、車はちゃんと走れるし、今度こそ気を取り直して、登山準備を整えて、美濃戸口から歩き出しました。6時位かな。

すみません。ここから、ようやくヤマレコです(^^)

やまのこ村の駐車場には車が3台ほど、その奥の駐車場にも15台くらいかな。今日はすごく人が少ない感じです。
美濃戸に着いたのは6:40くらいだけど、全然人に会わないもん
美濃戸山荘のところから、南沢を選択して、山道に入ります。
(今回も北沢には行かなかった、北沢ってどうなの?)

行者小屋の少し手前辺りから積雪が目立ち始めました。
上を見ると木々もの枝も凍ってる。
これが見たかった。ひさしぶりの景色。会いたかったよ。

このあたりから、靴擦れが気になり始める。
今回は、ひさしぶりにはいた冬靴で、おろしたてじゃ無いから靴擦れはしないだろうと思ってたんだけど、しちゃった・・・
行者小屋のベンチに座って、靴脱いで絆創膏とテーピングテープを貼り付ける。これで大丈夫(^^)
ここで、アイゼンも装着して、ピッケルも持って、いざ出発
文三郎尾根で山頂をめざします。

しばらくは樹林帯
無風で無音で、自分の歩く音しか聞こえない世界。
頭の中をしめていた、いろいろ悩んでたことがだんだん消えていって、無になっていく感じ。
やっぱり山はいい。俺を開放してくれる。

しばらくいくと、階段が出てきて、そこからは、どんどん高度を稼いでいく。
無になってガツガツのぼっていって、はっとして振り返ると、すごい景色が迎えてくれました。

横岳も阿弥陀岳もめっちゃかっこいい。
やばい、心が震える(^^)
すごいぜ〜最高(^^)

ここからは、文三郎尾根分岐を目指して、あるきます。
木もないので、全部お見通し
分岐の標識が見えてきて、十字架みたいやなとおもいつつ、なかなか近づけない。ここはいつもきついなあ、でも楽しいなあ。
分岐のむこうは、雪煙がまってて、強風が予想されます。

で、ようやくたり着いた尾根分岐
風は、時折強風だけど、時折止む感じなので、行けるんじゃないかなと思ってバラクラバとかの準備をして、出発。
同じように分岐で止まっていた人たちも着いてきてました。

ここからは、風に注意、もちろん足元も
雪が完全に積もってはいないので、踏み込むと雪だったり岩だったり、いろんな感じなので、ムリしないように歩きました。

鎖は基本的に出てました。
凍結もしてなかった。
でも、今後は、そういう訳にはいかないと思いますので、簡単に行けるとは思わないほうがいいと思います。

上り詰めて、赤岳の稜線に取り付いて、あと少し。
ハシゴをのぼって、ようやく山頂に(^^)

来たよ~、ひさしぶり
思わず、あとから来た人に自分の写真を撮ってもらいました。

風は、意外とキツくなく、空は紺碧の青
八ヶ岳ブルーやね。これもひさしぶり(^^)

展望は、最高
富士山はもちろん、南も中央も北アルプスもきちんと見えました。

ただ、阿弥陀方面からガスが湧き始めてて、あんまりのんびりしない方がいいという感じがしたので、展望をひとしきり楽しんだあとは、さくっと降りはじめました。

地蔵尾根からにしようかと思ったけど、最短ということで、文三郎で降りることにしました。
権現岳や阿弥陀をみながら降りるのも気持ちいいしね。

下りはさらに慎重に
この辺りでは完全に無になってました。

途中でどうしようもなくおなかが減ったので、風を避けられるところで、パンを食べて、お湯を飲んで、また降りました。
文三郎尾根分岐まで、降りてきて、ちょっとひと安心。
このあとも急登おりが続くんですけどね。

行者小屋まで降りてきて、ここでカップラーメンを食す
いつもながらうまい(^^)

あとは、靴擦れ痛いなあってつぶやきながら、トボトボ降りました。

で〜、美濃戸口まで降りてきて、11月にオープンしたJ&Nに顔を出しました。
そしたら、なんと、愛知の山仲間のきどっちがいるじゃないですか〜
ひさしぶり〜なんでいるん?ッて感じ
特に打ち合わせもしてなかったので、めっちゃびっくり。
俺も、ザックを置いて、おじゃまさせて頂きました。

この店、山仲間のご夫婦が11月1日にオープンされた店で、美濃戸口のバス停のすぐ横にあります。おしゃれな外観なのですぐに分かるはず。
ホームページも開設されてるので貼っておきますね。
http://j-and-n.jp/

きれいすぎるので、山帰りの汗臭い感じでは入りづらい感ははじめはあるかもしれませんが、そんなのは全然気にする必要は無いとのこと。
ご夫婦も山をやられる方なので、心配無用です。

食事もおいしくて、デザートも絶品でした。
ご夫婦ともに若いのにすごくやわらかな感じで、ホッとできますよ〜

しかも、お風呂もあります。700円
ここでさっぱりもいいですよ〜
で、泊まることもできます。なんてったって、オーベルジュですもんね。
泊まるスペースは、写真にあるようなベッドスペースですが、落ち着けそうな感じでした。

ここで、山の話とか、いろいろな話をして、食事してお風呂にはいてデザートを頂いて、帰路につきました。

この日は、中央道の渋滞ゼロ(^^)奇跡だ(^^)

ということで、すこしヤマレコのアップをサボってましたが、またきちんと書いていきたいと思いますので、よろしくおねがいします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
訪問者数:403人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/4
投稿数: 185
2015/12/6 11:41
 お久しぶりです
すばらしいヤマレコ見られてよかったです。
最近お忙しいのですね。山行ってないのかなーと思ってました。
福岡では先週背振や英彦山など1000m以上の山では初冠雪となったようで、
平日山に行けた人は雪を楽しむことができたようです。
私も週末山に入ったんですが、跡形もありませんでした。。。
年末くじゅうに行きたいなあ、行けるといいけど。
はやいとこ年賀状書いとこ…。
登録日: 2011/8/27
投稿数: 402
2015/12/15 6:56
 Re: お久しぶりです
ニシくん、おはよう

返事遅れてすみません
こっちも暖冬で今は雪が全くありません
赤岳に登った時だけ前日に雪が降っていい景色見られたけど、また全部溶けちゃったみたい

そろそろ降ってほしいよね〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ