ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 774530 全員に公開 ハイキング中国

安駄山、高鉢山

日程 2015年12月05日(土) [日帰り]
メンバー muehara
天候曇時々晴
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
JR芸備線、狩留家駅までカブ。上三田駅へ移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
15分
合計
4時間14分
Sスタート地点11:4012:41布山(花茎山)12:4813:56安駄山14:0014:10中三田分岐14:1114:31三ツ掛山14:3215:00高鉢槍15:14高鉢山(三角点)15:20高鉢山(南峰)15:2115:24高鉢山(三角点)15:43高鉢山登山道分岐15:4415:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上三田側の縦走路鞍部からの登りは足元が不安定な急登。
高鉢山から狩留家への登山道も急坂。いずれも立ち止まるのが難しい斜面。
その他周辺情報温泉はふかわの湯が使えそうです。市内から近く、コンビニ等にも困りません。
芸備線が並走しているので活用可能です。

写真

下山予定の狩留家駅にカブを停め、列車に乗ります。
そして上三田駅に降り立ちました。北から縦走してみます。
2015年12月05日 11:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山予定の狩留家駅にカブを停め、列車に乗ります。
そして上三田駅に降り立ちました。北から縦走してみます。
1
排水処理場から二つ西のカーブ地点、登山口らしき場所です。
25000分の1地図では何本かの破線がここに出てきています。
2015年12月05日 11:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
排水処理場から二つ西のカーブ地点、登山口らしき場所です。
25000分の1地図では何本かの破線がここに出てきています。
山の方にピンクのテープが見えます。道らしいものは分かりませんが…
2015年12月05日 11:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の方にピンクのテープが見えます。道らしいものは分かりませんが…
登山口からすでに道が分かりませんでした。
沢沿いなのはわかるので、少しラインを変えてみると、道があらわれました。
2015年12月05日 11:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からすでに道が分かりませんでした。
沢沿いなのはわかるので、少しラインを変えてみると、道があらわれました。
道らしきものはありますが、地図のラインとは違うようです。方向はあっていると思うのでそのまま行きます。
2015年12月05日 11:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道らしきものはありますが、地図のラインとは違うようです。方向はあっていると思うのでそのまま行きます。
道らしき踏み跡は右岸の山に消えていくようなので、谷のほうへ軌道修正しました。下草が枯れているのでルートは適当に選べます。
2015年12月05日 12:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道らしき踏み跡は右岸の山に消えていくようなので、谷のほうへ軌道修正しました。下草が枯れているのでルートは適当に選べます。
二つ目の赤テープを発見しました。もしかしたらテープで案内されたまともな登山道があるのかも…
2015年12月05日 12:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の赤テープを発見しました。もしかしたらテープで案内されたまともな登山道があるのかも…
鞍部に着きました。左右に縦走路らしきものは見当たりません。
2015年12月05日 12:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部に着きました。左右に縦走路らしきものは見当たりません。
鞍部から、本日の縦走コース、安駄山方面を見上げます。
テープがありました。
2015年12月05日 12:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から、本日の縦走コース、安駄山方面を見上げます。
テープがありました。
立ち止まるのが困難な急坂です。両側の樹林帯へもぐりこみたくなりますが、森の中は枝に阻まれ歩きにくそうでした。
2015年12月05日 12:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち止まるのが困難な急坂です。両側の樹林帯へもぐりこみたくなりますが、森の中は枝に阻まれ歩きにくそうでした。
1
急登を登りきりました。稜線は広く伐採されていますが、眺望はまったくダメです。
2015年12月05日 12:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登りきりました。稜線は広く伐採されていますが、眺望はまったくダメです。
鞍部から登りきった634.2mの三角点です。
花茎山らしいですね。
2015年12月05日 12:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から登りきった634.2mの三角点です。
花茎山らしいですね。
1
この先は道幅が狭くなり、普通の山道になります。
普通よりはかなり歩きにくい山道ですが…
2015年12月05日 12:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は道幅が狭くなり、普通の山道になります。
普通よりはかなり歩きにくい山道ですが…
足元には境界標などがたくさんあります。稜線を歩いていることを裏付けてくれているようです。
2015年12月05日 13:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には境界標などがたくさんあります。稜線を歩いていることを裏付けてくれているようです。
縦走路付近の山は地図上に載っていません。ここ608ピークは前安駄山というのでしょうか。安駄山はまだまだ先です。
2015年12月05日 13:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路付近の山は地図上に載っていません。ここ608ピークは前安駄山というのでしょうか。安駄山はまだまだ先です。
稜線歩きですが、アップダウンがかなりあります。
2015年12月05日 13:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線歩きですが、アップダウンがかなりあります。
時期的に花はありません。ミヤマシキミの実。
2015年12月05日 13:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時期的に花はありません。ミヤマシキミの実。
眺望はさっぱりですが、木の間からわずかに白木町方面が見えました。
2015年12月05日 13:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望はさっぱりですが、木の間からわずかに白木町方面が見えました。
1
安駄山山頂、735m。やはり森の中で展望はありません。
2015年12月05日 13:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安駄山山頂、735m。やはり森の中で展望はありません。
564m鞍部付近に、中三田への分岐がありました。
安駄山へは中三田から登るのがメジャーなのでしょうか。
2015年12月05日 14:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
564m鞍部付近に、中三田への分岐がありました。
安駄山へは中三田から登るのがメジャーなのでしょうか。
縦走路は結構荒れています。特に倒木が多いです。
2015年12月05日 14:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路は結構荒れています。特に倒木が多いです。
やっと頭上の木がなくなりました。
2015年12月05日 14:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと頭上の木がなくなりました。
763mピークは高鉢槍というらしいです。視界を遮るものがなく、360度を見渡せます。
これは縦走してきた、北東に連なる山々。
2015年12月05日 14:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
763mピークは高鉢槍というらしいです。視界を遮るものがなく、360度を見渡せます。
これは縦走してきた、北東に連なる山々。
2
南西方向は高鉢山と、遠くに広島湾が見えました。
2015年12月05日 14:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西方向は高鉢山と、遠くに広島湾が見えました。
1
北西方向には、人気の白木山。
2015年12月05日 14:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方向には、人気の白木山。
1
高鉢槍から鞍部に下ると、志和方面、小野池への分岐。
2015年12月05日 15:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高鉢槍から鞍部に下ると、志和方面、小野池への分岐。
縦走路を進んで、高鉢山の三角点。ここが狩留家駅への分岐。
山頂はさらに先とのことです。
2015年12月05日 15:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路を進んで、高鉢山の三角点。ここが狩留家駅への分岐。
山頂はさらに先とのことです。
山頂手前には、志和方面湯坂峠への分岐。
2015年12月05日 15:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前には、志和方面湯坂峠への分岐。
高鉢山山頂、726m
満足したので下山します。
2015年12月05日 15:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高鉢山山頂、726m
満足したので下山します。
1
狩留家からの登山道は大変な急坂です。さらに稜線付近には倒木多数でした。
2015年12月05日 15:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狩留家からの登山道は大変な急坂です。さらに稜線付近には倒木多数でした。
鬱蒼とした林の中、立ち止まるのも困難な急坂を下りました。
2015年12月05日 15:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬱蒼とした林の中、立ち止まるのも困難な急坂を下りました。
林道へ出てきますが、2回横切り、さらに下ります。
2015年12月05日 15:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道へ出てきますが、2回横切り、さらに下ります。
狩留家駅そばの信号交差点に下山しました。
2015年12月05日 15:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狩留家駅そばの信号交差点に下山しました。
狩留家駅にて、芸備線列車と高鉢山。
ここからカブで帰りました。
2015年12月05日 16:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狩留家駅にて、芸備線列車と高鉢山。
ここからカブで帰りました。
2

感想/記録

いつもの勤務明け登山です。
遠くへ行く時間がもったいないので、今回は近くの里山を歩いてみることにしました。
いつか歩いてみたいと考えている、海田からの縦走路の北側末端を見ておこうと思い、安駄山、高鉢山付近を探索することにしてみました。
縦走コースをできるだけ長く取れるようにと、上三田付近から縦走路へ登ってみます。
芸備線が並走しているので、下山予定の狩留家駅にバイクを置いて、上三田駅まで列車で向かいました。

上三田からの登山道は、入口付近から道が分かりにくく、倒木などで荒れ放題、足元もイノシシが掘り起こしてむちゃくちゃになっていました。
地図の破線をトレースすることもままならず、谷筋を詰めて鞍部へ登る、ということだけ考えて、適当なラインで歩きました。
周囲のどこでも歩けそうなのですが、特別きれいな道があるようにも見えませんでした。

鞍部に到着し、縦走路を探したものの、こちらもきれいなルートが見当たらず、赤テープによると尾根筋を直登していくのがルートのようでした。
花茎山東側斜面は急坂、足元が不安定で、立ち止まるどころか、ゆっくり登るのも難しい場所でした。
花茎山から先は稜線伝いに縦走路がきちんと確認できました。
倒木等で歩きやすいとは言えない縦走路で、急坂の上り下り、景色が見えない道のりで、なんだか修行をしている気分です。

高鉢槍まできてやっと素晴らしい眺望が得られ、なるほど、このために歩いてきたのかと納得しました。
谷を挟んだ向かいには白木山がありますが、眺望なら高鉢槍が勝っているのではと思いました。
後は、高鉢山に立ち寄って下山します。
狩留家へのルートは、これもまたかなりの急坂で、ゆっくり下るのも難しく、小走りで一気に下ったところ、ひざを酷使してしまいました。

海田付近からこの付近へ、呉娑々宇山経由の縦走ルートを設定する際には、花茎山は避けるのが無難かと思いました。
訪問者数:267人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/3
投稿数: 203
2015/12/7 18:54
 高鉢槍はご褒美
6月のいい天気の日に同じコースを歩きました。苦しいコースを越えて着いた高鉢槍に感動です。それだけでこのコース歩く価値ある!広島で一番のコースと思います。眺望で有名な十方山や大峯山もここには敵わないでしょう。倒木がなくなればもっと歩きやすいんだけどなぁ。
それにしてもこのコースを勤務明けで4時間余りで歩くmueharaさんはスゴイ!
登録日: 2015/5/7
投稿数: 22
2015/12/8 20:59
 Re: 高鉢槍はご褒美
高鉢槍は素敵でした。山それぞれにいい景色がありますが、市内からほど近くにこんな逸材があるなんて! 登山道がもう少し整備されれば、訪れる人が増えると思いますね。
metabolinさんの記録拝見しました。(たぶん以前にも見て参考にしているはず) 緑がいっぱいで素敵ですが、暑くて大変だったことでしょう。またその他の記録も参考にさせていただきますね。
勤務明け登山は早く休もうと思ってペースが上がるのかもしれません^_^;

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ