ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 774642 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

釈迦ヶ岳(↑庵座谷↓猫谷)---2015年内鈴鹿7マウンテン完登

日程 2015年12月05日(土) [日帰り]
メンバー inbnrkinbsj
天候晴れ、風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明大駐車場に駐車(500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
1時間30分
合計
6時間10分
S朝明駐車場07:5008:40庵座の滝10:14釈迦ヶ岳最高点10:2010:26釈迦ヶ岳10:3111:03猫岳11:5112:39羽鳥峰12:4613:24朝明砂防学習ゾーン13:4814:00朝明駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報朝明大駐車場手前にある日帰り温泉「三休の湯」600円
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

7:50 朝明大駐車場に車を停めて出発。登山届ポストあり、ここの紅葉が一番きれいだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:50 朝明大駐車場に車を停めて出発。登山届ポストあり、ここの紅葉が一番きれいだった
3
山道をしばらく行くと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道をしばらく行くと
1
朝明テント村に出て、中尾根コースと庵座谷コースの分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明テント村に出て、中尾根コースと庵座谷コースの分岐
1
登山口にある立派な堰堤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にある立派な堰堤
8:04 先ず渡渉して山道に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:04 先ず渡渉して山道に入ります
1
8:30 庵座谷道にある標識、1と2しか見なかったなぁ...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:30 庵座谷道にある標識、1と2しか見なかったなぁ...
谷に沿って登山道はアップダウンします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷に沿って登山道はアップダウンします
落ち葉がたまって登山道が見えません...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉がたまって登山道が見えません...
2
8:39 庵座の滝が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:39 庵座の滝が見えました
2
ガレ場に作られた木の階段、落ち葉で木が隠れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場に作られた木の階段、落ち葉で木が隠れています
2
急な岩場もあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な岩場もあります
1
沢の水の流れが綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の水の流れが綺麗
9:12 三段の滝の下部、左の岩場を登っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:12 三段の滝の下部、左の岩場を登っていきます
上から見ると結構高度感あります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見ると結構高度感あります
最上部の堰堤、奥に見えるのは猫岳、ここから右に沢を離れて尾根に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最上部の堰堤、奥に見えるのは猫岳、ここから右に沢を離れて尾根に向かいます
1
9:24 中尾根に至る分岐ですが、そのまま左に釈迦ヶ岳直登を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:24 中尾根に至る分岐ですが、そのまま左に釈迦ヶ岳直登を目指します
上に行くと風が強くなってきました。中尾根のキレットが見えます。こちらは左から大陰を直登です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上に行くと風が強くなってきました。中尾根のキレットが見えます。こちらは左から大陰を直登です
4
振り返ると、一番左に御在所岳が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、一番左に御在所岳が見えます
2
なかなかの急斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの急斜面
1
岩を縫って進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を縫って進みます
9
ガレ場を抜けると樹林帯、急登ですが、木が生えていると安心感があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を抜けると樹林帯、急登ですが、木が生えていると安心感があります
2
岩、岩、岩の登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩、岩、岩の登山道
3
凍って霜柱が立っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍って霜柱が立っています
岩場に生えているのはイワカガミでしょうか?初夏には綺麗な花をつけるのでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に生えているのはイワカガミでしょうか?初夏には綺麗な花をつけるのでしょうね
10:14 釈迦ヶ岳最高点です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:14 釈迦ヶ岳最高点です
東面、伊勢湾から桑名、多度などの街並みでしょうか、左は多度山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東面、伊勢湾から桑名、多度などの街並みでしょうか、左は多度山
記念撮影!標識は裏ですが....
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影!標識は裏ですが....
12
標識が表だとこんな感じ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が表だとこんな感じ?
13
10:22 少し先に行くと羽鳥峰への分岐ですが、三角点のある釈迦ヶ岳山頂を往復しましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:22 少し先に行くと羽鳥峰への分岐ですが、三角点のある釈迦ヶ岳山頂を往復しましょう
10:25 少し開けて山頂ですネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:25 少し開けて山頂ですネ
2
三角点タッチ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ!
7
プレートをもって記念撮影!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレートをもって記念撮影!
10
こちらの標識でも記念撮影!2015年内鈴鹿セブンマウンテン完登で〜す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの標識でも記念撮影!2015年内鈴鹿セブンマウンテン完登で〜す
8
10:34 さあ、分岐を右に猫岳から羽鳥峰に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:34 さあ、分岐を右に猫岳から羽鳥峰に向かいます
霧氷ができていたら綺麗だろうなぁ...残念ながら、今回は霧氷はなし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷ができていたら綺麗だろうなぁ...残念ながら、今回は霧氷はなし
ま、霜柱でも観賞しますか...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ま、霜柱でも観賞しますか...
目の前に御在所岳が見えます。白いドームのレーダ雨量計の建物がわかります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に御在所岳が見えます。白いドームのレーダ雨量計の建物がわかります
こちらはこんな標識のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはこんな標識のようです
気持ちの良い稜線歩きですが、霜が溶けて道がぬかるんでいるところもあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い稜線歩きですが、霜が溶けて道がぬかるんでいるところもあります
振り向くと大陰から釈迦ヶ岳最高点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと大陰から釈迦ヶ岳最高点
そして左に三角点のある釈迦ヶ岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして左に三角点のある釈迦ヶ岳山頂
11:03 猫岳山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:03 猫岳山頂です
2
左釈迦ヶ岳山頂、右が釈迦ヶ岳最高点・大陰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左釈迦ヶ岳山頂、右が釈迦ヶ岳最高点・大陰
ここで昼食!例によって天然酵母パン、野菜、果物と缶詰など
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで昼食!例によって天然酵母パン、野菜、果物と缶詰など
5
11:51 さあ、下山しましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:51 さあ、下山しましょう
気持ちの良い稜線歩きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い稜線歩きです
4
小さなアップダウンを繰り返しながら稜線を下っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなアップダウンを繰り返しながら稜線を下っていきます
12:27 右に行くと滋賀県側の愛知川方面に下りる分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:27 右に行くと滋賀県側の愛知川方面に下りる分岐
12:35 さらに行くと駐車場へ帰る林道コースの分岐、ここはそのまま羽鳥峰を通って猫谷コースで戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:35 さらに行くと駐車場へ帰る林道コースの分岐、ここはそのまま羽鳥峰を通って猫谷コースで戻ります
12:37 アッ、羽鳥峰が見えた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:37 アッ、羽鳥峰が見えた!
12:40 じゃじゃ〜ん、羽鳥峰にて記念撮影!って、ちょっとカメラが近すぎ...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40 じゃじゃ〜ん、羽鳥峰にて記念撮影!って、ちょっとカメラが近すぎ...
12
さあ、下りましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、下りましょう
羽鳥峰峠は中峠への分岐になっていますが、ここは猫谷を下りて駐車場に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽鳥峰峠は中峠への分岐になっていますが、ここは猫谷を下りて駐車場に向かいます
羽鳥峰、なかなか個性的な姿をしているなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽鳥峰、なかなか個性的な姿をしているなぁ
3
下りは岩ゴロゴロの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは岩ゴロゴロの道
堰堤横をロープを頼りに慎重に下りる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤横をロープを頼りに慎重に下りる
1
13:15 右から来る林道コースと合流です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15 右から来る林道コースと合流です
ここからは林道歩き、紅葉もボチボチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは林道歩き、紅葉もボチボチ
13:24 砂防学習ゾーンです。トイレもあるのでここで少し休んでいきましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:24 砂防学習ゾーンです。トイレもあるのでここで少し休んでいきましょう
水路の構造物などについて、いろいろ学習できます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水路の構造物などについて、いろいろ学習できます
ティータイム!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ティータイム!
5
紅葉は下りてからの方が綺麗でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は下りてからの方が綺麗でした
4
14:00 元の駐車場に戻りました。.お疲れ様!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:00 元の駐車場に戻りました。.お疲れ様!
1
すぐ近くの「三休の湯」で日帰り入浴。貸し切り〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くの「三休の湯」で日帰り入浴。貸し切り〜
2
店の人に撮ってもらいました。三休・サンキュー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
店の人に撮ってもらいました。三休・サンキュー
3

感想/記録
by inbsj

 今日は懸案だった2015年の年内鈴鹿セブンマウンテンの最後の1座、釈迦ヶ岳へ。昨日今日と風が強く、登山指数をみるとCクラスだったが、昨日よりも風も強くはなく回復傾向らしい。もしかすると、霧氷も見られるのでは?...と淡い期待も抱いて朝明大駐車場に7時半に到着。
 風も強そうなので、庵座谷ルートを選択。こちらは沢沿いに沢そばを歩いたり、沢から離れたりでアップダウンを繰り返しながら進むルート。途中の山道は岩ゴロゴロだったり、急傾斜の岩場があったり、落ち葉が登山道を埋め尽くしていたりして歩きにくい面もあったが、庵座の滝や三段の滝なども見ながら、南西斜面なので山にさえぎられて風も穏やかで楽しく歩けた。山頂付近はガレ場から樹林帯の中の岩場の急登でなかなかアルペン気分を味わえた。
 2時間半程で山頂に到着!鈴鹿セブンマウンテン2015年版完登で〜す。
 
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ