ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 774892 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

丹沢 塔ノ岳・鍋割山 ヤビツ峠から大倉へ

日程 2015年12月05日(土) [日帰り]
メンバー YAMA555(CL), その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
地元草加を始発出発で伊勢崎線→千代田線→小田急線と乗り継いで秦野駅へ7:28着。丹沢・大山フリーパスBを使うと代々木上原からの往復電車代とバス乗り放題で1,530円とお得です。今回は代々木上原で改札通らないため、秦野で申し出てフリーパスを購入しました。
http://www.odakyu.jp/train/couponpass/tanzawa/
秦野からヤビツ峠は本数少ないですが、登山者が多いため自分たちは増発便3台目で乗車8:30頃到着。

帰り
大倉からバスで渋沢へ。フリーパスを使わずに鶴巻温泉まで行き汗を流したら、鶴巻温泉からフリーパスで戻ります。地元駅窓口にて清算。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
56分
合計
8時間3分
Sヤビツ峠08:3509:57二ノ塔10:0210:17三ノ塔10:1810:27三ノ塔地蔵菩薩10:2810:46烏尾山荘10:50烏尾山10:5411:12行者ヶ岳11:1611:34政次郎ノ頭11:42書策新道分岐11:4411:56新大日茶屋11:5911:59新大日12:0112:12木ノ又小屋12:15木ノ又大日12:41塔ノ岳12:4413:02金冷シ13:0313:12大丸13:1513:25小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)13:2613:34小丸13:54鍋割山荘13:54鍋割山14:0114:05鍋割山荘14:0614:11鍋割山14:2414:57後沢乗越15:13林道終点15:32二俣15:49黒竜の滝15:5416:38大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20のGPSデータです。
鍋割山にて鍋焼うどん昼食としました。なんとか日が暮れる前にバス停に到着。
コース状況/
危険箇所等
●ヤビツ峠〜塔ノ岳
ヤビツ峠トイレ有り。富士見橋まで車道歩きで登山口にトイレ有り。
二ノ塔、三ノ塔、鳥尾山、行者ヶ岳、新大日と上り下りを繰り返しながら歩ける丹沢では最もお気に入りの尾根です。展望良く富士山を前に見ながらの登り。日が当たる尾根なので温かく、眼下に太平洋を見ながら歩けます。
下りで使う場合はバス少ないのでしっかりしたタイム管理をしてください。大山まで登って降りるなら時間バスの本数は多くなります。
途中、鳥尾山、木ノ又小屋でトイレ有り。
行者ヶ岳付近に鎖場あり注意。
天気が良いと霜柱が溶けて登山道はドロドロになります。スリップ注意。

●塔ノ岳〜鍋割山
金冷やしより比較的緩やかな登山道。この時期葉が落ちているので枝越しに富士山、太平洋を見ながら歩けます。
鍋割山の鍋割山荘の鍋焼うどんを目当てに行きました。
1,000円で結構ボリュームあります。
山荘のスタッフさんに聞いたら、13時までがピークで結構待ちがあったようです。私たちは14時についたので並びはなし。

●鍋割山〜大倉
後沢乗越までは若干急ですが乾いた登山道でした。そこからは影、沢近くになるので若干湿っているが緩やかな道になるのでスリップはあまり心配しなくて良かったです。沢を数回木橋を使って渡ります。
県民の森から林道歩き。既に太陽が傾いているため日光が入りませんでしたが、この付近の紅葉が見ごろでした。
大倉バス停前には靴の洗い場、トイレ、売店あります。バスは結構な頻度で来ています。
その他周辺情報●温泉
鶴巻温泉弘法の湯にて汗を流しました。1,000円也。
鍵つき靴ボックスの鍵を受付でわたします。鍵つきロッカーあり自分のザックは45−55リットルを持っていきましたがギリギリ入りました。
シャンプー、ボディーシャンプーあり。洗い場多数。サウナ、露天風呂あります。
ちょっとしょっぱい系の温泉です。
休憩室、食事処も充実しています。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

秦野駅に到着。バス待ち多数。増発3便目で乗車できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秦野駅に到着。バス待ち多数。増発3便目で乗車できました。
ヤビツ峠出発。既に営業中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠出発。既に営業中。
1
ヤビツ峠のもみじ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠のもみじ。
二ノ塔への登り中から展望が開けてきます。
太平洋が良く見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ塔への登り中から展望が開けてきます。
太平洋が良く見える。
2
石を上に持ってくる。重さ3キロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石を上に持ってくる。重さ3キロ。
二ノ塔に到着。三ノ塔がすぐ近くに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ塔に到着。三ノ塔がすぐ近くに見えます。
1
振り返ると大山のピラミダルな形が良いですね。北側の尾根歩いていないのでいつか行きたいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると大山のピラミダルな形が良いですね。北側の尾根歩いていないのでいつか行きたいな。
2
三ノ塔到着、富士山絶景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔到着、富士山絶景です。
3
三ノ塔に到着。眼下に鳥尾山。そして稜線は塔ノ岳が見えます。
まだまだ上り下りが続きますが、ヤビツ峠良いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔に到着。眼下に鳥尾山。そして稜線は塔ノ岳が見えます。
まだまだ上り下りが続きますが、ヤビツ峠良いですね。
2
江ノ島もくっきり見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江ノ島もくっきり見えました。
三ノ塔から富士山がドーン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔から富士山がドーン。
7
富士山の右側には南アが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の右側には南アが続きます。
4
三ノ塔から降る所にお地蔵様が。
とても温かそうにマフラーまでつけてました。
なかなか素敵な着こなしです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔から降る所にお地蔵様が。
とても温かそうにマフラーまでつけてました。
なかなか素敵な着こなしです。
4
鳥尾山への下り。結構一気に降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥尾山への下り。結構一気に降ります。
鳥尾山へ登る稜線から富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥尾山へ登る稜線から富士山。
4
鳥尾山荘。三角形が良い感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥尾山荘。三角形が良い感じ。
富士山南側には独立峰の愛鷹山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山南側には独立峰の愛鷹山。
4
富士山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山アップ
6
まだまだアップダウンは続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだアップダウンは続きます。
1
痩せた箇所もあり。一部尾根が崩落し登山道付け替えもしている感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せた箇所もあり。一部尾根が崩落し登山道付け替えもしている感じです。
新大日に到着。ここも展望が良いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日に到着。ここも展望が良いですね。
2
新大日茶屋は営業していません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日茶屋は営業していません。
木ノ又小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋に到着。
もう少しで塔ノ岳。尊仏山荘が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで塔ノ岳。尊仏山荘が見えます。
1
振り返ると歩いてきた尾根が一望できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると歩いてきた尾根が一望できます。
1
塔ノ岳に到着。7回目の登頂ですが、初めて富士山が見えました!ウレシ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に到着。7回目の登頂ですが、初めて富士山が見えました!ウレシ〜
6
塔ノ岳の尊仏山荘。特に立ち寄りませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳の尊仏山荘。特に立ち寄りませんでした。
日が短いので鍋割に急ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が短いので鍋割に急ぎます。
金冷し。ここから鍋割山へ。行く人は少なく対向者は多かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷し。ここから鍋割山へ。行く人は少なく対向者は多かったです。
鍋割への登山道から見えた富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割への登山道から見えた富士山。
2
鍋割山に到着。14時ごろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山に到着。14時ごろ。
名物鍋焼うどんを食べに来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物鍋焼うどんを食べに来ました。
1
鍋割山からの富士。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山からの富士。
3
名物鍋焼うどん。ぐつぐつでアッツアツ。ボリューム満点で秋から冬にかけてはこの熱さがありがたい。
ボリューム満点で旨いッス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物鍋焼うどん。ぐつぐつでアッツアツ。ボリューム満点で秋から冬にかけてはこの熱さがありがたい。
ボリューム満点で旨いッス。
4
後沢乗越に向かって乾いた尾根をどんどん下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越に向かって乾いた尾根をどんどん下ります。
後沢乗越からは日陰に。紅葉が見ごろになってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越からは日陰に。紅葉が見ごろになってきました。
沢に置いてあるポリタン。余力のある人は担いで鍋割り行きましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に置いてあるポリタン。余力のある人は担いで鍋割り行きましょう。
2
この道標が見えたら大倉も近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標が見えたら大倉も近い。
大倉バス停到着。暗くなる前でよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉バス停到着。暗くなる前でよかった。
2
鶴巻温泉弘法の湯で汗を流します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴巻温泉弘法の湯で汗を流します。
さっぱりした後のビールは旨い!
電車はいいね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっぱりした後のビールは旨い!
電車はいいね。
6

感想/記録

久しぶりに木曜から風邪引いてしまいましたが、仲間と約束していたし、天気も良く、何とか歩けるだろう風邪は山の良い空気を吸って治そうと言い聞かせ計画通り歩くことにしました。昨年冬にヤビツ峠に下りてきたときに登ってみたいと感じたので、登りで使うことにして時間によっては大倉下山ではなく鍋割山で鍋焼うどんを食べようという計画です。

本日は文句無い快晴で想像していたとおりヤビツ峠からの尾根歩きは富士・塔ノ岳までの数々をピークを見ながらで期待通りだった。また日光が好くあたるのでこの時期でも比較的温かく、適度なアップダウンで体も温まる。反面日光により霜柱が水になりドロドロになるのは大倉尾根と変わらない。これからの時期は丹沢行くとこのドロドロとの戦いになるだろう。
塔ノ岳までは体調不良ながら順調に歩けた。近辺の蛭ヶ岳、丹沢山、鍋割山からは見たことがあったが塔ノ岳ではいつも曇って見ることが出来なかった富士山。今回はどんなに天気が急転しようが富士山は見えるコンディション。そして、塔ノ岳山頂7回目にしてようやく富士山を見れ喜びもひとしお。

標準コースタイム以上で歩けたので鍋焼うどんを食べに行くことに。そのため塔ノ岳ではゆっくりせずに出発し、14時鍋割山に到着。小屋スタッフさんが「1時ごろはものすごい売れていたが、ちょうど空いてきた時でよかったですね。」と言ってくれた。確かにこの時期は日が沈むのが早いので行動もみんな前倒しなんだろう。
下山の時間を心配しながらも最後は林道歩きなので、ヘッデン行動も問題ないだろうと考え、3度目の鍋焼うどんもゆっくりと味わった。寒くなってくると熱々のうどんが旨いッス。

丹沢はもう冬・沢でしか来ないだろうと考えていましたが、行きたい仲間がいればたまには大倉尾根以外は面白いなと、改めて丹沢の魅力気がつきました。来年は宮ヶ瀬から歩いてみたいですね。
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ