ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 774948 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

棒ノ折山 有間ダムからの周回コース

日程 2015年12月06日(日) [日帰り]
メンバー sadatoasa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
河又バス停そばのトイレ前の駐車上(6台程が停車できました。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間11分
休憩
7分
合計
3時間18分
Sさわらびの湯バス停07:1507:33白谷沢登山口08:32岩茸石08:49権次入峠08:59棒ノ嶺09:00棒ノ折09:0409:08棒ノ嶺09:1009:20権次入峠09:2109:32岩茸石10:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下記ヤマレポの0.8倍です。
とても歩きやすいコースなので、コースタイムはかなり巻けると思います。

07:00河又・名栗湖入口 -28分※-7:28白谷橋 -1時間4分-8:32岩茸石 -20分-8:52権次入峠 -16分-9:08棒ノ嶺(棒ノ折山) -8分-9:16権次入峠 -12分-9:28岩茸石 -1時間8分※-10:36河又・名栗湖入口
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

河又バス停そばのトイレ前の駐車場です。
2015年12月06日 07:10撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河又バス停そばのトイレ前の駐車場です。
有間ダムにきました。
駐車じょうからは車道を歩いて10分程です。
紅葉と朝日のコントラストがとても綺麗でした。
2015年12月06日 07:23撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間ダムにきました。
駐車じょうからは車道を歩いて10分程です。
紅葉と朝日のコントラストがとても綺麗でした。
ダムの湖道を歩いて暫くすると登山道に到着です。
5〜6台駐車できるスペースもありました。
登山ポストもここにあります。
2015年12月06日 07:33撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムの湖道を歩いて暫くすると登山道に到着です。
5〜6台駐車できるスペースもありました。
登山ポストもここにあります。
登り初めてすぐに岩がゴロゴロした道になります。
2015年12月06日 07:41撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り初めてすぐに岩がゴロゴロした道になります。
歩き始めてすぐに沢沿いの道です。
2015年12月06日 07:53撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めてすぐに沢沿いの道です。
2
沢沿いはとても気持ちいいです。
2015年12月06日 07:53撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いはとても気持ちいいです。
こんな周りを崖にかこまれた道を進んでいきます。
2015年12月06日 07:58撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな周りを崖にかこまれた道を進んでいきます。
先ほどの道の脇には石でできた階段があります。
2015年12月06日 07:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの道の脇には石でできた階段があります。
1
ところどころに滝もあります。
2015年12月06日 08:04撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころに滝もあります。
40分程歩くと沢から離れて、山道を歩いていきます。
2015年12月06日 08:11撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40分程歩くと沢から離れて、山道を歩いていきます。
沢沿いを離れて暫くあるくと林道に合流します。
合流してすぐに小休憩できるスペースがあります。
またこの先はかなりの急登になります。
2015年12月06日 08:20撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを離れて暫くあるくと林道に合流します。
合流してすぐに小休憩できるスペースがあります。
またこの先はかなりの急登になります。
急登を登ると緩やかな山道です。
ここまで時間は短いですが、とてもバラエティに富んだ登山道です。
2015年12月06日 08:27撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登ると緩やかな山道です。
ここまで時間は短いですが、とてもバラエティに富んだ登山道です。
棒ノ折山で有名な岩茸石です。
間近でみると結構大きいです。
裏側から登れます。
2015年12月06日 08:30撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ折山で有名な岩茸石です。
間近でみると結構大きいです。
裏側から登れます。
1
登ってみました。
上から見ると結構怖いです。
ついでいうと降りるのも結構怖いです。
2015年12月06日 08:31撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってみました。
上から見ると結構怖いです。
ついでいうと降りるのも結構怖いです。
岩茸石から暫くあるくと山頂です。
山頂が見えてすぐに絶景でした!
今日は雲もなく、立山の方までハッキリ見えます。
2015年12月06日 08:58撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石から暫くあるくと山頂です。
山頂が見えてすぐに絶景でした!
今日は雲もなく、立山の方までハッキリ見えます。
2
山頂はとても広々としてます。
ベンチもたくさんあるので、大人数で滞在できそうです。
2015年12月06日 08:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はとても広々としてます。
ベンチもたくさんあるので、大人数で滞在できそうです。
山頂の標識です。
後ろには大絶景です
2015年12月06日 09:00撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標識です。
後ろには大絶景です
2
山頂から下って岩茸石の裏側をまわって、河又バス停に向かって下山します。
2015年12月06日 09:33撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から下って岩茸石の裏側をまわって、河又バス停に向かって下山します。
1
このような林道を何回か横断することになります。
2015年12月06日 09:41撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような林道を何回か横断することになります。
途中にある展望台は立ち入り禁止になっていました。
2015年12月06日 09:48撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にある展望台は立ち入り禁止になっていました。
立ち入り禁止n展望台の逆側を見ると、紅葉と有間ダムがハッキリとみえました!今日はとても良い天気
見える山は金比羅山でしょうか
2015年12月06日 09:49撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち入り禁止n展望台の逆側を見ると、紅葉と有間ダムがハッキリとみえました!今日はとても良い天気
見える山は金比羅山でしょうか
下山してきました。
里山の風景です。さわらびの湯のすぐ裏手にでるようです
2015年12月06日 10:28撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山してきました。
里山の風景です。さわらびの湯のすぐ裏手にでるようです

感想/記録

登山サイトを眺めていて、家から割りと近めで楽しめそうなコースとして棒ノ折山を計画しました。
実際に行ってみると、序盤は沢沿いのコース。
しかもただ沢沿いというだけでなく、滝のすぐそばを歩いたりととても楽しいコースでした。
棒ノ折山のコースでここが一番のハイライトです。
続いては山道になりますが、休憩所からの急登。
距離は大した事ありませんが、かなり急です。
登りのコースとしてきついのはここまでで、あとはとても整備された緩やかな道になります。
岩茸石を見たら、山頂まではあと少し。
山頂はとても開けていて雲がなければ遠くの方まで見通す事ができます。
今回はかなりラッキーでした。やはり冬は雲が少なくていいですね・
下山コースとして河又バス停に降りるコースを選択しました。
この道はひたすら下るルートで、登りに使うと少し退屈かもしれません。
ただなぜかこの日は女子高生・男子高生の集団にスレ違いました。

全体的にかなりオススメの山です。
健脚向きの山ではありませんが、グループ登山や登山を始めたばかりの方にもオススメです。
訪問者数:315人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 紅葉 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ