ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 775060 全員に公開 ハイキング富士・御坂

三ッ峠山

日程 2015年12月04日(金) [日帰り]
メンバー purasan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き 富士急行線:三つ峠
帰り JR中央線:笹子
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
50分
合計
7時間35分
S三つ峠駅09:5310:13三ツ峠グリーンセンター10:1410:19山祇神社10:2010:48神鈴の滝10:4910:53憩いの森公園10:5411:06達磨石11:0811:27大曲り11:45股覗き11:4611:57馬返し12:37八十八大師12:56屏風岩13:0013:14三つ峠山荘13:1813:21四季楽園13:2213:31三ッ峠山13:3914:00御巣鷹山14:1214:40茶臼山14:4114:52大幡山14:5315:25清八山15:3315:36清八峠16:12清八山、本社ヶ丸登山口16:1316:59追分バス停17:23笹子駅17:2617:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
三つ峠駅から山頂まで、標高差約1,100m。距離は約6.5m
コース状況/
危険箇所等
三つ峠駅から山頂まで、標高差約1,100m。距離は

三つ峠駅〜達麿石:登山道ではなく、ほぼ林道です。

達麿石〜三ッ峠山:かなり整備の行き届いた登山道で危険箇所は特に無いです。

三ッ峠〜笹子駅:一般的な登山道という印象。御巣鷹からは急な下りです。
予定では、本社ヶ丸経由で笹子駅に向かうつもりでしたが、
日没まで時間がなかったので、清八峠から降り一辺倒のルートで下山しました。
林道にたどりつけば、暗くなっても道迷いはなさそうなので。
その他周辺情報<コンビニ>
駅の近くにローソンがありました。(国道139号沿い)
<温泉>
三ッ峠グリーンセンター
http://mitsutoge.jp/index.php
※下山だったらここを使っただろうなぁ。
<用語>
秀麗富嶽十二景・・・大月市のあたりの山頂から望む美しい富士山を市のシンボルとして、選定したそうです。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

三つ峠駅から出発です。
2015年12月04日 09:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ峠駅から出発です。
2
麓から、三ッ峠山が見えます。
2015年12月04日 10:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓から、三ッ峠山が見えます。
2
三ッ峠グリーンセンターでは、登山パック1,600円で、温泉+ビール+おつまみ3品+駅まで送迎というプランがあるそうです。下山をこちらにすればよかったかな???
2015年12月04日 10:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ峠グリーンセンターでは、登山パック1,600円で、温泉+ビール+おつまみ3品+駅まで送迎というプランがあるそうです。下山をこちらにすればよかったかな???
3
序盤は、林道ですね。
2015年12月04日 10:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤は、林道ですね。
1
神鈴の滝・・・
2015年12月04日 10:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鈴の滝・・・
1
この滝は全長約400メートルの1枚の岩盤上を流れているそうです。
2015年12月04日 10:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は全長約400メートルの1枚の岩盤上を流れているそうです。
1
近づくと、ほんとに3つの峰だなとわかります。しかし、なぜ、「峠」なのかはわかりませんね。
2015年12月04日 10:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づくと、ほんとに3つの峰だなとわかります。しかし、なぜ、「峠」なのかはわかりませんね。
4
股のぞき・・・ここからは
2015年12月04日 11:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
股のぞき・・・ここからは
2
富士山が見えますよ。
2015年12月04日 11:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えますよ。
6
一応、お約束っぽく、股から覗いてみましたよ。
2015年12月04日 11:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、お約束っぽく、股から覗いてみましたよ。
2
愛染明王(あいぜんみょうおう)の碑。縁結びの神様だそうです。ま、後から調べるとわかりました。
2015年12月04日 12:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛染明王(あいぜんみょうおう)の碑。縁結びの神様だそうです。ま、後から調べるとわかりました。
1
八十八大師・・・お地蔵さんがたくさんありました。
2015年12月04日 12:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八十八大師・・・お地蔵さんがたくさんありました。
2
親不知
2015年12月04日 12:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親不知
1
山頂がかなり近くなってきました。
2015年12月04日 12:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂がかなり近くなってきました。
2
屏風岩の基部でいいのかなぁ
2015年12月04日 12:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩の基部でいいのかなぁ
4
屏風岩はロッククライミングのメッカだそうです。
2015年12月04日 13:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩はロッククライミングのメッカだそうです。
2
お昼を過ぎているのに、つららがありました。
2015年12月04日 13:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼を過ぎているのに、つららがありました。
1
いやいや、こんなところをクライマーの方は登っていくのですね。
2015年12月04日 13:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやいや、こんなところをクライマーの方は登っていくのですね。
3
三ッ峠(開運山)山頂です。
2015年12月04日 13:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ峠(開運山)山頂です。
5
かなり近くに富士山がみえます。
2015年12月04日 13:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり近くに富士山がみえます。
3
うーん、、、午後だと逆光になってイマイチかな・・・
2015年12月04日 13:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、、、午後だと逆光になってイマイチかな・・・
4
さらにズームしてみました。
2015年12月04日 13:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにズームしてみました。
3
三ッ峠の一つである木無山・・・ちなみに登り忘れました。
2015年12月04日 13:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ峠の一つである木無山・・・ちなみに登り忘れました。
1
山頂の東側には・・・
2015年12月04日 13:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の東側には・・・
2
御正体山(二百名山)
2015年12月04日 13:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御正体山(二百名山)
2
丹沢の山々。左奥の一番高い山が蛭ヶ岳かな。
2015年12月04日 13:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢の山々。左奥の一番高い山が蛭ヶ岳かな。
2
御巣鷹山へ。
2015年12月04日 14:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御巣鷹山へ。
1
山頂は柵の中にありました。。。なんかがっかりしますね。
2015年12月04日 14:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は柵の中にありました。。。なんかがっかりしますね。
1
あとは、笹子駅へ向けて下山中です。
2015年12月04日 14:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは、笹子駅へ向けて下山中です。
1
清八山です。
2015年12月04日 15:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清八山です。
1
その山頂から見える富士山です。ここで見納めです。
2015年12月04日 15:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その山頂から見える富士山です。ここで見納めです。
1
本社ヶ丸経由で笹子駅を目指すと日没になりそうなのでやめました。
2015年12月04日 15:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸経由で笹子駅を目指すと日没になりそうなのでやめました。
1
ささっと急ぎましょう。
2015年12月04日 16:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ささっと急ぎましょう。
1
笹子駅です。お疲れ様でした~
2015年12月04日 17:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹子駅です。お疲れ様でした~
2

感想/記録

 私の今までの登山で一番よく富士山の見栄えがする山といえば、
丹沢の塔ノ岳かなと思っています。
でも、もっと富士山に近くの山にいけば、どんなものでしょう??
そんな疑問が沸いてきました。

 ということで、富士山の外輪山でその中でも東京から近い(?)
二百名山の三ッ峠山にいってきました。

 山頂までで特に印象的だったので、神鈴の滝と屏風岩ですね。
前者は、400mを一枚の岩盤だそうで、滑滝みたいな感じでしたね。
後者は、大きな壁という感じで見上げながら圧倒されましたね。

 三ッ峠の山頂では、富士山が近く、大きく見えて圧倒されますね。
もう少し早い時間(せめて午前中かな)に到着できたほうがよいですね。
富士山が逆光になると霞んでいるように見えますので。
なお、山頂では風がやや強く、到着時間も遅かったのですぐに下山しました。
 三ッ峠は、高山植物も多いそうなので、初夏ぐらいにあらためて行って見たいかなぁ。。。
 
 さてさて、下山は笹子駅を目指しました。
途中にあった清八山は秀麗富嶽十二景のひとつだそうです。
その山頂の看板にQRコードがあったので、スマホで読み込みましたが、
山頂からネットに繋がらないではないか!
うーん・・・せっかくなので後で確認しますかね。
※ちなみに、富士山のきれいな写真が見れました。

 その後、国道20号線に出るころには暗くなりましたが、
笹子駅までは歩道も明かりもあるので特に問題なしでした。

 そして、笹子駅に着いて東京方面ではなく、甲府方面に向かったのでしたぁ。
訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ