ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 775507 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

もうバリ・ルートとは呼ばせない 天子ケ岳 飛行機山

日程 2015年12月06日(日) [日帰り]
メンバー Hikaru(CL), naoe
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
入山: 天子ケ岳登山口
下山: 上稲子 地蔵堂
車2台を使い、入下山口にデポ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間26分
休憩
15分
合計
6時間41分
S天子ヶ岳登山口07:1108:42天子ヶ岳08:4911:06西沢峠11:0911:54飛行機山11:5613:20石神峠13:2313:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・車を駐車した、林道まではダート。
天子ケ岳までは一般登山道。マークや道標はないが、踏跡は明瞭
・天子ケ岳の先から、県境尾根の取付きもわかりにくく、マークはない。
県境尾根に入ったら、西沢峠あたりまでは石柱と見出し棒があり、広い尾根も歩きやすい。木に赤いペンキマークが途中まで付いていて、これも頼りになるが、不正確なものも多数ついているので、あくまで地形を確認すること。
・西沢峠からは、ひざ丈ほどの竹の藪の急斜面。藪を掴みながら登る。
・飛行機山は、平な山頂と山名板がないため、三角点でその位置を確認する。
・石神峠近くは石祠に向かって下山するが、方向が少しでも外れると崖に突き当たる。
・石神峠では、狭いが歩きやすい尾根道となる。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

天子ヶ岳登山口。
ここから登り始めます
2015年12月06日 07:07撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳登山口。
ここから登り始めます
気持ちの良い尾根歩きです
2015年12月06日 07:50撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根歩きです
1
太平洋が今日は見えています
2015年12月06日 08:25撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太平洋が今日は見えています
1
去年ここでテン泊した。
今日も富士山が綺麗です
2015年12月06日 08:39撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年ここでテン泊した。
今日も富士山が綺麗です
3
アップ
2015年12月06日 08:39撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ
3
天子ヶ岳山頂。
山梨百の標柱無し?
2015年12月06日 08:41撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳山頂。
山梨百の標柱無し?
県境に来ました
2015年12月06日 08:53撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境に来ました
天子ヶ岳からは注意して急登を下ります
2015年12月06日 09:05撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天子ヶ岳からは注意して急登を下ります
1
飲まれる看板
2015年12月06日 09:26撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飲まれる看板
1
防火帯のように広く切られた尾根道。まるでセントラルパーク
2015年12月06日 10:04撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防火帯のように広く切られた尾根道。まるでセントラルパーク
2
どうでしょう。この景色!
2015年12月06日 10:09撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうでしょう。この景色!
2
樹間から聖岳がかすかに遠望できる
2015年12月06日 10:19撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から聖岳がかすかに遠望できる
2
稜線上は手入れされた杉の間を縫っていく
2015年12月06日 10:40撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上は手入れされた杉の間を縫っていく
この辺りはまだ紅葉が楽しめる。イタヤカエデはまだ黄色のものもあった
2015年12月06日 10:47撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはまだ紅葉が楽しめる。イタヤカエデはまだ黄色のものもあった
何でしょうか?
2015年12月06日 11:08撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何でしょうか?
西沢峠からは、膝下ほどの竹の藪。密度は濃くない。
2015年12月06日 11:29撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢峠からは、膝下ほどの竹の藪。密度は濃くない。
1
飛行機山三角点
2015年12月06日 11:54撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行機山三角点
何事も基本が大事…ん?
2015年12月06日 11:55撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何事も基本が大事…ん?
1
山板名があったと思われる板の上にワイヤーの束がかけられていた。この木には釘がいっぱい打たれていたので、山名板もあったかも
2015年12月06日 12:00撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山板名があったと思われる板の上にワイヤーの束がかけられていた。この木には釘がいっぱい打たれていたので、山名板もあったかも
1
要所要所に矢印が書かれた箇所もある
2015年12月06日 12:53撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要所要所に矢印が書かれた箇所もある
飛行機山を過ぎると、竹でなく低木の藪もでてくる
2015年12月06日 13:10撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行機山を過ぎると、竹でなく低木の藪もでてくる
1
石神峠に到着!
あと少し。
北上するには、この石垣の左端から上がる。右の方はほぼ崖
2015年12月06日 13:22撮影 by DMC-LX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石神峠に到着!
あと少し。
北上するには、この石垣の左端から上がる。右の方はほぼ崖
上井出の地蔵堂に下山。実際の地蔵堂は見当たらない。
2015年12月06日 13:53撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上井出の地蔵堂に下山。実際の地蔵堂は見当たらない。

感想/記録
by Hikaru

痛めた喉もだいぶ良くなり、かねてから予定していた
天子山塊の県境歩きに行ってきました。
誰にも会わず静かな県境歩きを堪能できました。
尾根道は、昨年に比べずいぶんと藪もなく、きれいな道になっていました。
この時期は落葉が進み、地形も確認し易く地図読みにはもってこいの季節になったことを実感しました。

今回のルート(下り)では、897ピークと、
標高620辺り、天子湖東側の最後の下降点はマーキングに引き込まれると
ルートミスします。
進む方向をしっかり確認する必要があります。
もちろん現在位置をしっかりトレースしての前提です。(H)

感想/記録
by naoe

 アクセスが悪く、あまり歩かれていないこのルートにどうやって行こうかと悩んでいましたが、Hikaruさんが同行してくれて、しかも車も出してくれるということで、ありがたく同行していただきました。このルートは思った程悪い稜線ではなく、アップダウンも少なく、道は整備され、一部藪を漕ぐ所もありますが、あと少し木が切られていたら富士山や南アルプスの眺望も効く、素晴らしい尾根になると思いました。車二台で余裕の山行ができ、これで南アルプスの伝付峠から御坂山塊の三つ峠まで繋がり、日本海から太平洋縦断もあとわずかになりました。(n)
訪問者数:367人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ