ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 775963 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

TOKYO八峰Mtトレイル 〜極一部試走〜

日程 2015年12月06日(日) [日帰り]
メンバー kuutarou(記録), その他メンバー1人
天候晴のち曇
アクセス
利用交通機関
バス
高尾駅7時35分発 陣場高原下行に乗車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
トッキリ場への入口まで4kmはロード。
以降、和田峠まで急登のアップダウンを繰り返す。
狭いトレイル。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

トッキリ場への入口。トンネルが目印。
大会独自のコースで通常登山口とは異なります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トッキリ場への入口。トンネルが目印。
大会独自のコースで通常登山口とは異なります。
1
赤はないけど美しい紅葉。
高尾の紅葉っていまじゃん?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤はないけど美しい紅葉。
高尾の紅葉っていまじゃん?
2
醍醐丸までのトレイル。
上を見たくなくなるような途方もない急登を繰り返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醍醐丸までのトレイル。
上を見たくなくなるような途方もない急登を繰り返します。
2
本日、病人ランナーの付き添いM君。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日、病人ランナーの付き添いM君。
3
醍醐丸への登りかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醍醐丸への登りかな。
最後の最後で辛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の最後で辛い。
スカイツリーも見渡せたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スカイツリーも見渡せたよ。
3
早々にリタイヤして既に2件目。
浅川食堂開店前につき高尾駅前の蕎麦屋にて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早々にリタイヤして既に2件目。
浅川食堂開店前につき高尾駅前の蕎麦屋にて。
4
そして14時過ぎ、浅川開店!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして14時過ぎ、浅川開店!
2
大好物のイカと里芋に煮っ転がしを頂きTHE END
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好物のイカと里芋に煮っ転がしを頂きTHE END
6

感想/記録

今年の走り納めとなる12月23日開催
「第1回 TOKYO 八峰マウントトレイル大会」
の試走(極一部)に行ってきました。

大会のコースは、夕焼け小焼の里をスタート。
序盤は約4キロのロードを走った後、トッキリ場から入山。
ハセツネコースの市道山〜醍醐丸と抜け、和田峠へ。(第一関門)

馴染みの陣場山〜景信山〜小仏城山(第二関門)とハイカーの沢山いる高尾メイン縦走路を通過。

大垂水峠に下りて南高尾へ。
第三関門の三沢峠を通過し高尾駅ゴール!
約40キロ弱のコースである。

地元で馴染みのコースではあるものの
ハイカーのたーくさんいる高尾のメインコースを大会のためにクローズすることなく走ってしまう。

ちょっといや、かなり心配な大会でもある。(そう言いつつ出場するが)

ただ、3区間に渡り厳しめの関門時間が設定されているのはハイカーの多い時間帯を避けているのかも知れない?

ゲストランナーは鏑木さん!
生カブラギが見る楽しみもあります。

そんな事で一緒に出場するM君と試走に行きましたが、実は週の中頃から風邪で寝込んでおり、走る体とは程遠いで状態で強行!

ゴールまで行ける気は最初から更々なく夕焼け小焼の里をスタートする。

同時刻に我々以外にも6〜7人の試走ランナーがいっらっしゃり、どうやら和田峠3時間の関門を意識したタイムアタックのようだ。
なんか気合、本気度が違うな~・。
対してこっちは病み上がりも途中の病人ランナー。
先攻してタイムアタック集団はスタート。

我々も少し遅れてスタートする。
ロードを走り出すと、腰にタイヤ✖3個を
つなげられているくらい体が重い。

しかし、先攻するタイムアタック集団もさほど速くなく、じりじり追い付き、追い抜く。
ま、序盤は抑えていただけかな。

ロード区間4km終わり。まともに少し走れたのもここまで。
今思うとこの日に持っていた気力、体力の全部をこの時点で使いきっていた気がする。

その後の山道に入り、和田峠までは、タイヤ3個の重さに耐えられず、タイムアタック集団にもほぼ抜かれ、息も絶え絶えで、和田峠にやっと到着。

こんなペースでも関門時間の5分くらい前に到着したが、大渋滞が予想されるコースのため体調がよくても関門時間に間に合うのか?想定もつかない。

まだ、時間は午前11時過ぎ。
M君には悪かったが、体調不良につき迷わず下山。

時間早すぎにつき、陣馬高原下で生ビール一杯。

14:30の浅川食堂オープンまでもう1件梯子して、浅川にたどり着きビールを飲んで帰路へつく。こっちもそこそこハードだった。汗

無理やり強行した試走だったが、序盤のトッキリ場への入口が、わかりにくいのとロードの感じを掴んでおきたかったので、これでも十分収穫であった。
関門が厳しい大会である事もよくわかった。

10月の喘息一ヶ月大休止以降、11月で順調に回復した体がまた落ち込んでしまった。
早く体を戻したい。

来週は純粋なる登山の予定です。




訪問者数:294人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 紅葉 高原 ハセツネ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ