ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776111 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

【初冬の丹沢主脈縦走】東野(林道ゲート手前)〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜大倉バス停

日程 2015年12月06日(日) [日帰り]
メンバー daruma634
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
行き:橋本駅北口〜東野バス停から1.9km入った地点までタクシー利用(約9,000円:約としたのは、タクシーの運転手さんが、青根中の先で道に迷ったのでメーターを止めてくれたので・・・)
帰り:大倉バス停〜渋沢駅北口までタクシー利用(1,540円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間23分
休憩
52分
合計
9時間15分
S釜立沢登山口駐車スペース06:2706:34黍殻山 釜立沢登山口07:20945m峰07:2208:20八丁坂ノ頭08:2108:39姫次08:4408:54原小屋平08:5509:01地蔵平道標09:0209:09地蔵平09:26ポッチノ頭09:55小御岳10:17蛭ヶ岳10:3410:34蛭ヶ岳山荘10:3810:53中ノ沢乗越10:5411:01鬼ヶ岩11:0211:07鬼ヶ岩ノ頭11:23棚沢ノ頭11:2411:36不動ノ峰11:3711:44不動ノ峰休憩所11:4511:49箒杉沢ノ頭11:5011:59早戸川乗越(鳥屋ブッコシ)12:0012:26丹沢山12:39みやま山荘12:45丹沢山12:46みやま山荘12:59竜ヶ馬場13:0013:13日高13:1413:35尊仏山荘13:41塔ノ岳13:4213:57金冷シ13:5914:01花立14:0314:07花立山荘14:0814:19天神尾根分岐14:2014:34堀山の家14:3514:40堀山14:4114:46駒止茶屋15:05見晴茶屋15:0615:08雑事場ノ平15:0915:18観音茶屋15:36大倉山の家15:3715:38どんぐり山荘15:42大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:地図上では”届”と書かれた所を通っているはずだが、気が付かず。
危険箇所:特に無いと思いますが、蛭ヶ岳〜塔ノ岳の間は、泥んこ道で滑り易いので注意!
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 2
予備電池 6
1/25000地形図 1
コンパス 1
筆記具 1
保険証 1
飲料 3
ティッシュ 1
バンドエイド 5
タオル 2
携帯電話 2
個人装備品
数量
備考
計画書 1
雨具 1
防寒着 1
水筒 1
時計 1
非常食 2
ツェルト 1
ファーストエイドキット 1
カメラ 1
GPS 1

共同装備

共同装備品
数量
備考
ツェルト
ファーストエイドキット
医薬品
共同装備品
数量
備考
カメラ

写真

前泊した橋本駅からタクシーで東野バス停から林道を1.9km入った地点まで連れて行ってもらいました。
2015年12月06日 06:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊した橋本駅からタクシーで東野バス停から林道を1.9km入った地点まで連れて行ってもらいました。
このゲートまでの間に数台の駐車スペースあり。
2015年12月06日 06:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このゲートまでの間に数台の駐車スペースあり。
ゲートから15分ほど登った地点に、斜め右方向に八丁坂の頭分岐へ向かいます。
2015年12月06日 06:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから15分ほど登った地点に、斜め右方向に八丁坂の頭分岐へ向かいます。
林道から離れて登山道になります。
2015年12月06日 06:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から離れて登山道になります。
暫く登ると尾根道に出ます。
2015年12月06日 06:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く登ると尾根道に出ます。
モノレールの下をくぐります。
2015年12月06日 07:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレールの下をくぐります。
モノレールを右手に並走して登って行きます。
2015年12月06日 07:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレールを右手に並走して登って行きます。
霜柱が育っていました。
2015年12月06日 08:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱が育っていました。
2時間で八丁坂の頭に到着。
2015年12月06日 08:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間で八丁坂の頭に到着。
東海自然歩道に合流し、姫次へ向かいます。
2015年12月06日 08:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道に合流し、姫次へ向かいます。
所々、木道が整備されています。
2015年12月06日 08:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々、木道が整備されています。
木々の隙間に蛭ヶ岳でしょうか?
2015年12月06日 08:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の隙間に蛭ヶ岳でしょうか?
モノレールの終点。
2015年12月06日 08:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレールの終点。
モノレールは森林整備用だそうです。
2015年12月06日 08:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレールは森林整備用だそうです。
東海自然歩道の最高標高地点を示す標柱を通過。
2015年12月06日 08:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の最高標高地点を示す標柱を通過。
姫次に到着しました。
2015年12月06日 08:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次に到着しました。
ドーンと富士山!先週の大菩薩嶺と連チャンで雲一つ無い最高のショットをゲット。ここまで南下すると宝永山もくっきり見えます。
2015年12月06日 08:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドーンと富士山!先週の大菩薩嶺と連チャンで雲一つ無い最高のショットをゲット。ここまで南下すると宝永山もくっきり見えます。
2
アップで。100名山の中で富士山からの距離が、大菩薩嶺が2番目に近くて、丹沢山が1番近いんですよね。道理で大きく感じた訳ですね。晴天に恵まれてラッキーでした。
2015年12月06日 08:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。100名山の中で富士山からの距離が、大菩薩嶺が2番目に近くて、丹沢山が1番近いんですよね。道理で大きく感じた訳ですね。晴天に恵まれてラッキーでした。
2
姫次から暫く下ります。
2015年12月06日 08:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次から暫く下ります。
地蔵平を通過。まだ先は長いなァ。
2015年12月06日 09:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵平を通過。まだ先は長いなァ。
姫次から蛭ヶ岳の中間地点。
2015年12月06日 09:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次から蛭ヶ岳の中間地点。
蛭ヶ岳。だいぶ近くなってきました。
2015年12月06日 09:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳。だいぶ近くなってきました。
そして、富士山。
2015年12月06日 09:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、富士山。
1
南アルプス方面。荒川岳、右奥は塩見岳でしょうか?
2015年12月06日 09:17撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面。荒川岳、右奥は塩見岳でしょうか?
さらに30分ほど登って、南アルプス方面。北岳、間ノ岳、農取岳、塩見岳、荒川岳、赤石岳、聖岳。
2015年12月06日 09:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに30分ほど登って、南アルプス方面。北岳、間ノ岳、農取岳、塩見岳、荒川岳、赤石岳、聖岳。
北岳、間ノ岳、農取岳をアップで。
2015年12月06日 09:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳、農取岳をアップで。
荒川岳、赤石岳、聖岳をアップで。
2015年12月06日 09:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川岳、赤石岳、聖岳をアップで。
そして富士山。
2015年12月06日 09:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして富士山。
2
蛭ヶ岳0.4kmの標識。このあと続けて2か所に0.4kmの標識が現れます。
2015年12月06日 09:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳0.4kmの標識。このあと続けて2か所に0.4kmの標識が現れます。
蛭ヶ岳山頂到着。
2015年12月06日 10:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂到着。
2
山頂の祠。
2015年12月06日 10:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠。
三角点と書かれた標柱を見つけました。石の三角点は無いのかな??
2015年12月06日 10:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点と書かれた標柱を見つけました。石の三角点は無いのかな??
草陰にひっそりとありました。三角点にタッチ。
2015年12月06日 10:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草陰にひっそりとありました。三角点にタッチ。
蛭ヶ岳山荘。ここで、記念のバッジを購入しました。ご主人はとても気さくな方で「天気で良かったですね。気をつけて。」と声をかけてくれました。
2015年12月06日 10:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘。ここで、記念のバッジを購入しました。ご主人はとても気さくな方で「天気で良かったですね。気をつけて。」と声をかけてくれました。
蛭ヶ岳山頂からの富士山。
2015年12月06日 10:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂からの富士山。
1
アップで。
2015年12月06日 10:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
2
南アルプス方面。
2015年12月06日 10:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面。
1
南の眼下には相模湾。遠くに大島が薄っすらと見えます。
2015年12月06日 10:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南の眼下には相模湾。遠くに大島が薄っすらと見えます。
1
これから、歩く稜線。一見気持ち良さそうな光景だが果たして・・・
2015年12月06日 10:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから、歩く稜線。一見気持ち良さそうな光景だが果たして・・・
1
こちらは宮之浦湖。
2015年12月06日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは宮之浦湖。
1
奥に薄っすらと見えているのは筑波山でしょうか?
2015年12月06日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に薄っすらと見えているのは筑波山でしょうか?
1
休憩とカロリーをとって、丹沢山へ向かいます。
2015年12月06日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩とカロリーをとって、丹沢山へ向かいます。
これから進む稜線。見かけは良いが、足元は泥んこ状態で非常に歩き辛いです。
2015年12月06日 10:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む稜線。見かけは良いが、足元は泥んこ状態で非常に歩き辛いです。
このルートで唯一の岩場っぽいところ。鬼ヶ岩。
2015年12月06日 10:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートで唯一の岩場っぽいところ。鬼ヶ岩。
右手にさっきまでいた蛭ヶ岳。中に南アルプス。左に富士山。
2015年12月06日 11:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にさっきまでいた蛭ヶ岳。中に南アルプス。左に富士山。
2
棚沢の頭を通過。
2015年12月06日 11:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚沢の頭を通過。
不動の峰を通過。
2015年12月06日 11:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動の峰を通過。
丹沢山手前で、塔ノ岳もだいぶ近づいてきました。
2015年12月06日 11:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山手前で、塔ノ岳もだいぶ近づいてきました。
右手に休憩所がありました。
2015年12月06日 11:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に休憩所がありました。
丹沢山まで1.1km地点。
2015年12月06日 11:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山まで1.1km地点。
なかなかたどり着きません。
2015年12月06日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかたどり着きません。
ようやく建物が見えてきました。
2015年12月06日 12:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく建物が見えてきました。
ようやく丹沢山に到着。ヘトヘトなので、みやま山荘前でしばらく休憩してカロリー補給。
2015年12月06日 12:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく丹沢山に到着。ヘトヘトなので、みやま山荘前でしばらく休憩してカロリー補給。
お馴染みの丹沢山山頂標識。柱と標識を額縁にして中に富士山。
2015年12月06日 12:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みの丹沢山山頂標識。柱と標識を額縁にして中に富士山。
一等三角点にターッチ!
2015年12月06日 12:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点にターッチ!
この日最後の富士山のショット。雲が少しかかり始めました。丹沢山を後にして、塔ノ岳へ向かいます。
2015年12月06日 12:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日最後の富士山のショット。雲が少しかかり始めました。丹沢山を後にして、塔ノ岳へ向かいます。
1
竜ヶ馬場。
2015年12月06日 13:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ馬場。
塔ノ岳。
2015年12月06日 13:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳。
引くとまだまだ先は長い。
2015年12月06日 13:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引くとまだまだ先は長い。
塔ノ岳から振り返って、今日歩いてきた丹沢主脈。
2015年12月06日 13:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から振り返って、今日歩いてきた丹沢主脈。
塔ノ岳山頂は、12月だというのにこの賑わい。
2015年12月06日 13:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂は、12月だというのにこの賑わい。
尊仏山荘。塔ノ岳は別名を尊仏山ともいうのだそうです。
2015年12月06日 13:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尊仏山荘。塔ノ岳は別名を尊仏山ともいうのだそうです。
さながら、山の交差点ですね。
2015年12月06日 13:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さながら、山の交差点ですね。
1
標柱は、ひっきりなし人がはりついているので、山名だけ撮りました。
2015年12月06日 13:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱は、ひっきりなし人がはりついているので、山名だけ撮りました。
大倉目指して、残りのエネルギーを振り絞ってまっしぐら。
2015年12月06日 13:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉目指して、残りのエネルギーを振り絞ってまっしぐら。
秦野市街、相模湾、伊豆大島。
2015年12月06日 14:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秦野市街、相模湾、伊豆大島。
花立山荘通過。
2015年12月06日 14:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘通過。
まだ先は長い。
2015年12月06日 14:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ先は長い。
堀山の家通過。
2015年12月06日 14:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山の家通過。
12月だというのに紅葉がちらほら残っていました。
2015年12月06日 14:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12月だというのに紅葉がちらほら残っていました。
もう一枚。
2015年12月06日 14:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一枚。
本日のベストレッド。真っ赤です。
2015年12月06日 15:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のベストレッド。真っ赤です。
2
見晴茶屋通過。
2015年12月06日 15:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋通過。
一般道まで下りてきました。
2015年12月06日 15:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般道まで下りてきました。
登山ポスト。
2015年12月06日 15:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポスト。
大倉バス停は長蛇の列。ハイシーズンにはいったいどんなことになるのだろうか?
2015年12月06日 15:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉バス停は長蛇の列。ハイシーズンにはいったいどんなことになるのだろうか?
バス停にはレストハウスがあります。大倉の登山口は表玄関らしくいろいろと充実してます。
2015年12月06日 15:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停にはレストハウスがあります。大倉の登山口は表玄関らしくいろいろと充実してます。
最後に蛭ヶ岳山荘で購入した記念バッジ。500円。
2015年12月06日 15:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に蛭ヶ岳山荘で購入した記念バッジ。500円。

感想/記録

12月最初の日曜日、念願だった丹沢山主脈の縦走に挑戦してきました。
前日5日(土)に群馬から橋本まで移動し、前泊。
計画は、橋本駅北口から東野バス停まで始発のバス(橋本駅6:20発)を利用で立てましたが、コースタイムだと大倉への下山時刻が日没後になってしまうので、タクシーを利用して出発を早める算段をしました。宿で翌朝の予約ができないか?タクシー会社に電話してもらいましたが、生憎予約は一杯とのとのこと。フロントさん曰く『駅で待っていれば乗れるかも』とアドバイスをもらったので、当日5時過ぎに宿を出て橋本駅に行ってみると数人の人がタクシー待ちの列を作っていたので、並んでバスの始発か?タクシーか?早い方で良いやと決めて待っていたら、5時半くらいに運よくタクシーに乗ることができて、登山口まで運んでもらい、夜明けとともに登山が開始できました。

登山口から八丁坂ノ頭までは、尾根道の急登ですが、良く踏まれていて歩き易いみちです。朝早いせいか人は見かけませんでした。この時点で計画に対して2時間のアドバンテージを持つことができました。

八丁坂ノ頭から姫次までは、ゆるやかな道で東海自然歩道となっていてよく整備されています。姫次は開けた場所で休憩所になっていて、ドーンと富士山が迫って見えました。先週の大菩薩嶺からの富士山も大きく見えましたが、ここからの富士山はより大きく見えました。宝永山も左の肩に見えてより迫力が増す感じです。あとから地図で見たら、百名山の中で富士山からの直線距離が大菩薩嶺は2番目で、丹沢山は1番近いことが判り納得しました。

姫次から蛭ヶ岳へは一旦下り、登り帰しますが、途中南アルプスも見えてとても素晴らしい展望でした。蛭ヶ岳手前の0.4kmは木段の急登でかなり息が上がり山頂に到着した時はヘロヘロでした。
蛭ヶ岳山荘で記念のバッジを購入しました。山の上で500円という良心的なお値段に感動し、山荘のご主人は気さくな方で天気で良かったですねと声をかけてくれました。さらに感動。

蛭ヶ岳から丹沢山、塔ノ岳までは一見気持ちの良い稜線歩きを期待していたのですが、足元が泥んこでとても滑り易く、何度もアップダウンを繰り返すのでペースが上がりません。特に登り帰しで息が上がってしまい数歩進んでは息を整える状態で日頃のトレーニング不足を実感しました。
午後になって少し雲が出てきましたが富士山がずっと見えていたので励みになりました。

塔ノ岳から大倉バス停までは、泥んこから解放されて一気に下れました。ガレ場、木道、木段と変化しますが滑らないし、道幅は広く取られているので追い越しも楽ちんでした。ペースを上げているつもりなのにさらに追い越されるし、さらにトレランの方が激走でさらに追い越していく。この山レベルの差がありすぎというか、いろんな人がいろんな楽しみ方ができる山だと思いました。

20km超えの縦走をやり遂げたご褒美に、ゆっくり温泉でもつかりたいところですが、群馬の人間は車が無いと何にもできないのです。
帰りの電車の中での缶ビールが今回のご褒美です。





訪問者数:431人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ