ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776182 全員に公開 沢登り丹沢

沖ノ源次郎沢

日程 2015年12月02日(水) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(感想), その他メンバー3人
天候曇りのち時々霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
2時間53分
合計
8時間2分
S戸沢山荘07:4007:46書策新道入口07:4908:45水無川本谷10:4711:14沖ノ源次郎沢12:0114:17花立山荘14:36天神尾根分岐15:28書策新道入口15:2915:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

書策新道は紅葉がきれいでした
2015年12月02日 08:14撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
書策新道は紅葉がきれいでした
1
F1.いきなり壁が立ちはだかる感じ。otafukuさんリード中。
2015年12月02日 09:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1.いきなり壁が立ちはだかる感じ。otafukuさんリード中。
2
続いてすぐにF2.1つめの核心はハング気味で、背の低い女性には1歩が難しい感じ。残置にヌンチャクをかけて下さったのでそれを掴んで超えました。
2015年12月02日 09:49撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いてすぐにF2.1つめの核心はハング気味で、背の低い女性には1歩が難しい感じ。残置にヌンチャクをかけて下さったのでそれを掴んで超えました。
1
メインの核心部分。下から見るよりずっと難しかった。残置支点がなかなか見つからず苦労されていました。カムがあると役立ちそう。
2015年12月02日 10:03撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインの核心部分。下から見るよりずっと難しかった。残置支点がなかなか見つからず苦労されていました。カムがあると役立ちそう。
3
枯滝群はじまり〜。
2015年12月02日 11:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯滝群はじまり〜。
1
ここはものすごく面白かった。一番上から下まで25m位。
2015年12月02日 11:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはものすごく面白かった。一番上から下まで25m位。
2
この枯滝はリッジを登り、
2015年12月02日 12:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この枯滝はリッジを登り、
1
このCSは右側から。滝上でランチ後、詰めへ。
2015年12月02日 12:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このCSは右側から。滝上でランチ後、詰めへ。
2
霧が出てきれい。
2015年12月02日 13:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が出てきれい。
2
最後に笹やぶを通って大倉尾根に出ました。このあとは登山道を下山。
2015年12月02日 14:11撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に笹やぶを通って大倉尾根に出ました。このあとは登山道を下山。
1

感想/記録

やぶ沢クラブのお誘いで、自分にしては珍しく、完全な涸れ沢へ。

ハイカー装備で入山し、沢を横目に登山道を登り、
沢との出合で突然クライマーに変身。
自分はトレランシューズだったのでフラットソールに履き換え。
F1,F2が核心。(とくにF2)
しびれる高さの岩を登り(自分はフォローですが)、
その後は沢登り的に、ゴーロや小滝などを超え、
いくつか出て来る涸れ滝にロープ張って、
ボルとか外岩とかのノリで登る。
最後は稜線まで詰める、これは沢っぽい。
そしてハイカー的に登山道を下山。

色んな山登りスタイルの詰め合わせセットみたいな
面白い沢でした。(^^)
水のない沢は嫌いなことを忘れてた位、
とても楽しかったです\(^o^)/
同行して下さった皆様、有難うございました♡
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 ゴーロ 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ