ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776231 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

逆転満塁ホームランの丹沢主脈縦走(焼山〜姫次〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜大倉)

日程 2015年12月06日(日) 〜 2015年12月07日(月)
メンバー brasseki
天候基本晴れ、所により一部ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR橋本駅着6:01 バス6:20発〜三ヶ木 6:51着 6:55発〜焼山登山口 7:12着

大倉 12:55発〜渋沢13:06着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間25分
休憩
35分
合計
6時間0分
S焼山登山口バス停07:2007:30焼山登山口09:10焼山09:2009:45平丸分岐10:13大平分岐10:19黍殻避難小屋10:42八丁坂ノ頭11:05姫次11:3011:49原小屋平12:00地蔵平13:20蛭ヶ岳
2日目
山行
4時間32分
休憩
48分
合計
5時間20分
蛭ヶ岳07:1007:40鬼ヶ岩ノ頭07:4507:58棚沢ノ頭08:06不動ノ峰08:12不動ノ峰休憩所08:37丹沢山08:5009:10竜ヶ馬場09:22日高09:50塔ノ岳10:2010:32金冷シ10:45花立10:45花立山荘11:02天神尾根分岐11:15堀山の家11:30駒止茶屋11:55見晴茶屋12:30大倉バス停12:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1000メートルを超えるとぐちゃぐちゃですが、危険箇所はなし。
ジャングルジムも苦手な高所恐怖症の私からすると鬼が岩は十分危険ですが・・・
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック

写真

焼山登山口バス停。ここから登山口までの道がわからなかった。
2015年12月06日 07:16撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山登山口バス停。ここから登山口までの道がわからなかった。
ここから登ります。
2015年12月06日 07:29撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登ります。
1
焼山に到着
2015年12月06日 09:07撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山に到着
黍殻山はちょっと登ってみたけど、尾根が細くて怖かったので途中で引き返しました。
2015年12月06日 10:08撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻山はちょっと登ってみたけど、尾根が細くて怖かったので途中で引き返しました。
よかった、冬で。
2015年12月06日 10:10撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よかった、冬で。
黍殻非難小屋。きれいですね。
2015年12月06日 10:16撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻非難小屋。きれいですね。
東海自然最高点。
2015年12月06日 10:58撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然最高点。
姫次到着。
ここはいい雰囲気ですね。
景色も最高です。
2015年12月06日 11:03撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次到着。
ここはいい雰囲気ですね。
景色も最高です。
5
ずいぶん登ってきたな。
2015年12月06日 12:51撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずいぶん登ってきたな。
0.4Km1個目。
2015年12月06日 12:56撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0.4Km1個目。
0.4Km2個目
2015年12月06日 12:58撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0.4Km2個目
0.4Km3個目
2015年12月06日 12:59撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0.4Km3個目
0.4Km4個目
2015年12月06日 12:59撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0.4Km4個目
やっと蛭ヶ岳到着。長かった・・・
でも景色は最高!!
2015年12月06日 13:20撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと蛭ヶ岳到着。長かった・・・
でも景色は最高!!
4
ちょっとガスってきた。
2015年12月06日 13:29撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとガスってきた。
朝方、夜景が見えたのはこの一瞬だけ。
2015年12月07日 05:51撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝方、夜景が見えたのはこの一瞬だけ。
霧氷。これが見たかった。
2015年12月07日 06:20撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷。これが見たかった。
2
夕方からずっと雲の中でだめかと思ったけど、
朝に逆転満塁ホームラン。
雲海の上に見える富士山が見えた。
2015年12月07日 06:26撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方からずっと雲の中でだめかと思ったけど、
朝に逆転満塁ホームラン。
雲海の上に見える富士山が見えた。
3
そして、幻想的な雲海の上の日の出。
丹沢山は雲の中。
蛭ヶ岳に泊まってよかった。
2015年12月07日 06:45撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、幻想的な雲海の上の日の出。
丹沢山は雲の中。
蛭ヶ岳に泊まってよかった。
16
お世話になりました。
2015年12月07日 06:18撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になりました。
2
高所恐怖症にはこの岩場は厳しい。
2015年12月07日 07:36撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高所恐怖症にはこの岩場は厳しい。
せっかく登ったのに景色がよくない。
2015年12月07日 07:43撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかく登ったのに景色がよくない。
丹沢山もガス。
2015年12月07日 08:39撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山もガス。
塔ノ岳まで着たらピーカンです。
2015年12月07日 09:48撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳まで着たらピーカンです。
3
猫様。
癒されます。
2015年12月07日 10:13撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫様。
癒されます。
7
そして下山。
2015年12月07日 12:20撮影 by DMC-FH7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして下山。
2

感想/記録

一度は行ってみたいと思っていた蛭ヶ岳。だけど、自分の体力じゃ日帰りは無理だし、でも混んだ山小屋に泊まりたくないし・・・ということで、月曜日に休みをとって日〜月で行ってきました。

前の晩、何の準備もせずに飲みに行って終電で帰ってきたので、起きられるか不安でしたが、なんとか朝起きて出発。横浜線に何人か登山客がいましたが、だいたいみんな町田で降りていました。彼らも丹沢なんでしょうね。橋本駅には何人か登山客。行ったことがないコースなんで、彼らについていこうと決める。
焼山登山口バス停では、どっちに言っていいか迷い、トイレにいっている人たちを待ってなんとかついていった。
そこからのコースは人も少なく、非常に歩き安いコース。気がついたら焼山に到着。見晴台がありましたが、高所恐怖症はそんなところは登りません。
黍殻山の山頂にも行こうと思ってちょっと進んだけど、細い尾根に高所恐怖症が発祥し、ストックが邪魔で手が使えないこともあり、すぐに引き返しました。
あとは快調に進んで姫次。やっと見えた富士山が爽快。ここで昼飯。地面はどろどろだけど居心地のよい気持ちよい場所ですね。
そして、蛭ヶ岳に登る。ここの木段がながい。そして、後ろを振り返ると、高所恐怖症的にはちょっと苦手な景色。きつかったけど、登りきったときの景色はすばらしかった。

蛭ヶ岳山荘はまだ早くて受付できなかったけど、中で休憩させてもらいました。だけど、16時まではストーブがつかないのでとにかく寒い。そうしてるあいだに天気がどんどん悪くなって、夕日も夜景もまったく見れず。ちょっと残念。宿泊客は8人で一人ひとつの布団で快適に睡眠。

朝になっても霧が晴れず、無念。

と思ったらだんだんと天気がよくなり、雲海の上に富士山がはっきり。遠く南アルプスまではっきり。東を見れば、丹沢山、塔ノ岳にかかる雲の上から見える朝日。
最後の最後に逆転満塁ホームランでした。

2日目はまずは最大の難関、鬼が岩。登りだったからなんとかなったけど、高所恐怖症にはつらい。そしてがんばって登ったのに蛭ヶ岳がガスで見えないという悲劇。
そこからはずっと、ガスの中。丹沢山でも何も見えない。
塔ノ岳につくころにはガスが晴れて、いい景色に。ここで休憩しようと思ったら、リュックについていたはずの黄色のナルゲンボトルがなくなっていた。丹沢山で飲んだのは覚えているから、そこで忘れていたならまだいいんだけど、途中で落としたとなるとゴミになるからなあ・・・と悩んでいたけど、猫で癒され忘れることにしました(いいのか?)そこからは慣れた道で大倉まで。補給するドリンクがなかったから維持で降りたので、下山後のコーラのうまいこと。

今日のコースは非常によかった。もう一度蛭ヶ岳山荘にとまりに行こうと思う。
訪問者数:464人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック 雲海 ガス コーラ 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ