ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776599 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

本谷・御在所岳・ハライド・周回コース

日程 2015年12月08日(火) [日帰り]
メンバー miya_sekkei
天候快晴、小春日和
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鈴鹿スカイラインの中登山口駐車場利用(旧料金所跡)。
トイレなし、ポストあり。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
50分
合計
7時間10分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)07:0007:10中登山道口07:40不動滝08:40ジョーズ岩09:10レストランアゼリア09:2009:50国見峠10:1010:10国見岳10:30ヤシオ尾根分岐10:40きのこ岩11:20腰越峠11:50ハライド12:1012:10腰越峠13:00三岳寺先三叉路13:20藤内小屋13:30連絡三叉路14:00中道登山口14:10御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
鈴鹿山域では御在所岳が一番人気があり、季節・気候・体力に合わせて色々なコースが選択できるのが魅力です。
コース状況/
危険箇所等
・本谷は立派なバリエーションルートです、危険個所は結構巻き道がありますが確かなルーファイが必要です。 赤テープ・赤ペンキを見落とさず、転倒・滑落に注意して慎重と緊張で登攀。
・御在所岳から国見岳経由、ヤシオ尾根間はメジャーコースで登山道明瞭で問題なし。
・ヤシオ尾根から腰越峠の下りとハライドへの上り返し間は急傾斜なので落葉による転倒・滑落に要注意、登山道は明瞭。
・腰越峠から三岳寺先三叉路間は登山道は明瞭ですが、急傾斜なので転倒・滑落要注意。
・三叉路から三岳寺経由、藤内小屋先丸太橋間は登山道はやや不明瞭ですが、赤テープが要所にあり問題なし。
・藤内小屋先丸太橋から中道接続登山道は要所に赤テープがあり、道も明瞭で問題なし。
・中道はメジャコースで登山道明瞭、問題なし。
・ルート表示はみんなのルートのレコを参考に手入力。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図(S=1/25000) コンパス

写真

懐かしい青春時代の思い出の山の家、久し振りです。
2015年12月09日 07:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懐かしい青春時代の思い出の山の家、久し振りです。
4
一の谷本谷はここからスタート、しばらく谷に下りず巻き道を登攀。
2015年12月09日 07:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷本谷はここからスタート、しばらく谷に下りず巻き道を登攀。
2
左側巻き道を登攀、危険個所はすべてスルー。
2015年12月09日 07:23撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側巻き道を登攀、危険個所はすべてスルー。
2
1週間ほど天気なので水量はわずか、右側を徒渉。
2015年12月09日 07:38撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1週間ほど天気なので水量はわずか、右側を徒渉。
2
不動滝は何時も陰気、手前で左側の巻き道を登攀。
2015年12月09日 07:46撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝は何時も陰気、手前で左側の巻き道を登攀。
2
巻き道も急登なので緊張と慎重で登攀。
2015年12月09日 07:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道も急登なので緊張と慎重で登攀。
1
大岩です、平成20年8月末の大豪雨でも以外と沢が荒れていない様です。
2015年12月09日 08:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩です、平成20年8月末の大豪雨でも以外と沢が荒れていない様です。
2
誤って右側の巻き道が歩き易いのでコーモリ沢に入ってしまい、方向転換この丸太をくぐります。
2015年12月09日 08:15撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誤って右側の巻き道が歩き易いのでコーモリ沢に入ってしまい、方向転換この丸太をくぐります。
うれしいですね、こんな赤ペンキ表示があると地獄で仏。
2015年12月09日 08:18撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うれしいですね、こんな赤ペンキ表示があると地獄で仏。
2
フィックスロープとゴンドラ、息は上がるが気分爽快。
2015年12月09日 08:32撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フィックスロープとゴンドラ、息は上がるが気分爽快。
3
長樋状の沢を登攀。
2015年12月09日 08:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長樋状の沢を登攀。
1
最近のレコでは必ず載る有名なジョーズ岩、フィックススロープがあるので潜らなくても登攀可能。
2015年12月09日 08:39撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近のレコでは必ず載る有名なジョーズ岩、フィックススロープがあるので潜らなくても登攀可能。
3
何事もトライ、腹筋と脚の長さで容易ではないことを実感し、やっとこさで脱出。
2015年12月09日 08:44撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何事もトライ、腹筋と脚の長さで容易ではないことを実感し、やっとこさで脱出。
2
かなり登ってきました、下界を振り返る。
2015年12月09日 09:05撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり登ってきました、下界を振り返る。
2
山上駅側でなく、一の谷新道の第三ルンゼを登攀。
2015年12月09日 09:05撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上駅側でなく、一の谷新道の第三ルンゼを登攀。
1
やっとこさ、一の谷新道に合流して正直一安心。
2015年12月09日 09:10撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ、一の谷新道に合流して正直一安心。
2
御嶽遠望
2015年12月09日 09:26撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽遠望
2
乗鞍岳・北アルプス遠望
2015年12月09日 09:26撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳・北アルプス遠望
4
イブネ、クラシ方面遠望。
2015年12月09日 10:28撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ、クラシ方面遠望。
1
雨乞岳遠望
2015年12月09日 10:28撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳遠望
3
県境稜線を分岐してヤシオ尾根を辿る。
2015年12月09日 10:47撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境稜線を分岐してヤシオ尾根を辿る。
1
レコでお馴染みのきのこ岩と釈迦岳。
2015年12月09日 10:50撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコでお馴染みのきのこ岩と釈迦岳。
4
有名なイノシシのヌタ場が3ヶ所程?
この付近にはイノシシの大部落?
2015年12月09日 10:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名なイノシシのヌタ場が3ヶ所程?
この付近にはイノシシの大部落?
右に曲がれば藤内小屋、安心して歩けます。
今日はスルー、直進し腰越峠に向かって急降下。
2015年12月09日 11:09撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に曲がれば藤内小屋、安心して歩けます。
今日はスルー、直進し腰越峠に向かって急降下。
1
帰りにここで三岳寺に向かいます、これよりハライドに向かってザレ場の急登を登攀。
2015年12月09日 11:26撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りにここで三岳寺に向かいます、これよりハライドに向かってザレ場の急登を登攀。
ガレ場の山頂のハライドと釈迦岳遠望。
2015年12月09日 11:31撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の山頂のハライドと釈迦岳遠望。
4
何時ものようにハライド山頂道標とザックの記念撮影。
2015年12月09日 11:45撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時ものようにハライド山頂道標とザックの記念撮影。
4
エアー尻マットを敷いて小春日和のランチタイム、御在所岳遠望。
2015年12月09日 12:04撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エアー尻マットを敷いて小春日和のランチタイム、御在所岳遠望。
2
釈迦岳遠望、ハライドは全方向展望良好、イチオシです。
2015年12月09日 12:05撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦岳遠望、ハライドは全方向展望良好、イチオシです。
1
御嶽・乗鞍岳・北アルプス遠望
2015年12月09日 12:05撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽・乗鞍岳・北アルプス遠望
2
これから道は明瞭ですが、沢が荒れているので急降下。
滑落・転倒に要注意。
2015年12月09日 12:27撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから道は明瞭ですが、沢が荒れているので急降下。
滑落・転倒に要注意。
荒れた涸沢を徒渉、滑落・転倒に要注意。
これから急登の登攀、落葉が滑り易いので要注意。
2015年12月09日 12:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた涸沢を徒渉、滑落・転倒に要注意。
これから急登の登攀、落葉が滑り易いので要注意。
三岳寺先三叉路、ここまで来れば、もう一安心のんびり行きましょう。
2015年12月09日 12:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三岳寺先三叉路、ここまで来れば、もう一安心のんびり行きましょう。
ここで中道連絡三叉路で右に分岐して尾根を越す。
2015年12月09日 13:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで中道連絡三叉路で右に分岐して尾根を越す。
この先中道に合流、メジャーコースながら雨裂かオーバーユースか凹状で歩き難い。
2015年12月09日 13:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先中道に合流、メジャーコースながら雨裂かオーバーユースか凹状で歩き難い。
1
中登山道駐車場、かなりの駐車台数、やはり御在所・鎌エリアは人気抜群。
2015年12月09日 14:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中登山道駐車場、かなりの駐車台数、やはり御在所・鎌エリアは人気抜群。
1

感想/記録

 ここ最近、御在所岳の一の谷本谷のレコが多いので気になり”自称御在所オタク”の小生も天気の良い小春日和に久し振りにトライしました。
 今回、昔から良く歩いた山頂を繋いで周回コースとしましたが、青春時代の原風景を想いながら期待通りの静かな山行ができました。
 コースで見かけた方は国見岳・ヤシオ尾根・腰越峠のソロ男性、藤内小屋近くでペアの1パーテイとソロ女性、中道でペアの1パーテイのみでした。
 以外にこんな良い天気にもかかわらず御在所岳では観光の方は見えませんでした。 
訪問者数:339人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ