ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 776671 全員に公開 ハイキング奥秩父

笠取山〜唐松尾山 あれっ雪がない!!

日程 2015年12月07日(月) [日帰り]
メンバー swoonman
天候ビン晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
作場平駐車場(無料)
トイレあり。登山ポストなし。
30台くらいのスペース。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
59分
合計
7時間48分
S作場平橋駐車場06:5607:20一休坂分岐08:00ヤブ沢峠08:0508:19笠取小屋08:3008:40雁峠分岐08:46小さな分水嶺08:50笠取山西08:5109:10笠取山西峰09:2709:36笠取山09:3709:51水干尾根09:5210:16黒槐山(黒槐ノ頭)10:1810:452044P10:5011:19唐松尾山11:2112:07山ノ神土12:1112:17牛王院平(牛王院北)13:38牛王院下13:4113:59将監登山道入口14:0214:03民宿みはらし14:21中島川口14:2514:44作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・作場平〜笠取山
よく整備されています。
木道等多いです。
途中笠取小屋にトイレ、水場あり。

・笠取山〜唐松尾山
北側の日陰に多少残雪がありますが、問題ありません。

・唐松尾山〜山の神土
南側の日当たりの良い斜面が多く、霜が溶けて軟らい場所に注意。
すっころびました。

・山の神土〜七ツ石尾根分岐
牛王院平あたりとても気持ちよい場所です。
道も整備されて迷う場は、ありません。

・林道
将監峠入り口までは、砂利林道
将監峠入り口〜作場平は、舗装路で約3Kmです(結構長い)。

過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

一休坂分岐
2015年12月07日 07:22撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂分岐
日が、上がってきた〜 全快晴の予感
2015年12月07日 07:22撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が、上がってきた〜 全快晴の予感
ヤブ沢峠 ここから笠取小屋まで林道です(車道?)
2015年12月07日 08:06撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ沢峠 ここから笠取小屋まで林道です(車道?)
笠取小屋 平日なので誰もいませんね。
2015年12月07日 08:19撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋 平日なので誰もいませんね。
1
笠取小屋水場とつらら。
ここで、ソロのハイカーさんに会いました。
水晶山へピストンだそうです。
2015年12月07日 08:28撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋水場とつらら。
ここで、ソロのハイカーさんに会いました。
水晶山へピストンだそうです。
1
小さな分水嶺
2015年12月07日 08:42撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺
2
富士山ドーーん 小さな分水嶺から
2015年12月07日 08:43撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山ドーーん 小さな分水嶺から
3
なんの機械の残骸でしょうか?
2015年12月07日 08:51撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんの機械の残骸でしょうか?
奇麗な笠取山ですが、全く雪がありません。
溶けてしまったようです。
2015年12月07日 08:53撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇麗な笠取山ですが、全く雪がありません。
溶けてしまったようです。
3
笠取山西峰
富士山と大菩薩
最高〜
2015年12月07日 09:16撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山西峰
富士山と大菩薩
最高〜
1
乾徳山 黒金山越しの白峰三山
2015年12月07日 09:17撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾徳山 黒金山越しの白峰三山
1
名前がわからないですが、
2015年12月07日 09:17撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前がわからないですが、
富士山ドーン
2015年12月07日 09:18撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山ドーン
2
富士山の右側にある、この山は毛無?
2015年12月07日 09:18撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の右側にある、この山は毛無?
左に乾徳山。先週は乾徳山からこっちを見てました。
真ん中に国師ヶ岳。中央 雁峠。右 燕山
2015年12月07日 09:23撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に乾徳山。先週は乾徳山からこっちを見てました。
真ん中に国師ヶ岳。中央 雁峠。右 燕山
2
古礼。水晶。雁坂嶺方面
似たような写真ですいません。
2015年12月07日 09:23撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古礼。水晶。雁坂嶺方面
似たような写真ですいません。
笠取山東峰
2015年12月07日 09:38撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山東峰
水干の分岐
ここを尾根道へ
2015年12月07日 09:53撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干の分岐
ここを尾根道へ
北側日陰の雪
2015年12月07日 10:23撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側日陰の雪
唐松尾山直下からの浅間山
2015年12月07日 10:40撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾山直下からの浅間山
シャクナゲのトンネル。
2015年12月07日 10:48撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲのトンネル。
唐松尾山の三等三角点
2015年12月07日 11:20撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾山の三等三角点
1
ここの先に北側を望む展望岩があることを山を下りてから知った。
ガッカリ
2015年12月07日 11:20撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの先に北側を望む展望岩があることを山を下りてから知った。
ガッカリ
2
ここでも、白峰三山
カッコイイ!!
2015年12月07日 11:34撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでも、白峰三山
カッコイイ!!
下りの写真撮り忘れましたが、南側斜面なので溶けた霜と泥で何か所かとても滑りました。
一回コケました(泣
2015年12月07日 12:08撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの写真撮り忘れましたが、南側斜面なので溶けた霜と泥で何か所かとても滑りました。
一回コケました(泣
将監小屋は開いてそうもないので、七ツ石尾根で三ノ瀬に下ります。
2015年12月07日 12:18撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋は開いてそうもないので、七ツ石尾根で三ノ瀬に下ります。
1
木々の向こうに、今日歩いた尾根です
2015年12月07日 12:21撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の向こうに、今日歩いた尾根です
冬の青空に感謝
2015年12月07日 12:25撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬の青空に感謝
1
前から気になってた下りの小径にて、遅いランチ。
最近気温が低いせいか、おにぎりだと米がぽろぽろしてる為、パンにしています。
2015年12月07日 12:42撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前から気になってた下りの小径にて、遅いランチ。
最近気温が低いせいか、おにぎりだと米がぽろぽろしてる為、パンにしています。
1
そんなランチもこの景色の前では、最高に美味しい。
2015年12月07日 12:43撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんなランチもこの景色の前では、最高に美味しい。
1
ここからは林道歩きになります。
2015年12月07日 13:38撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは林道歩きになります。
林道終了、ここからは舗装路3Km。
2015年12月07日 14:01撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終了、ここからは舗装路3Km。
1
民宿見晴らし
2015年12月07日 14:03撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民宿見晴らし
1
大栗展望台にて
2015年12月07日 15:10撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大栗展望台にて
今日歩いた尾根。
2015年12月07日 15:13撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日歩いた尾根。
1
笠取山から前飛龍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山から前飛龍
1

感想/記録

先週の他の方の雪ありのレコを見て計画しました。
初心者で、3シーズンしか山歩きの経験がなく、軽アイゼン持参で臨みましたが、雪は解けてしまったようです。
雪があれば、笠取山ピストンで考えていましたが、雪がないので唐松尾山まで足を延ばしました。

最後の林道歩きが、ちと長かった気がします。
訪問者数:417人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ