ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777044 全員に公開 ハイキング京都・北摂

魚谷山(芦生峠から)

日程 2015年12月09日(水) [日帰り]
メンバー kenkou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
京都市内から芦生峠までバイク 約1時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間14分
休憩
36分
合計
3時間50分
S芹生峠09:2510:11滝谷峠10:1611:36柳谷峠11:3811:47魚谷山11:5511:59柳谷峠12:1613:11芹生峠13:1513:15芦生峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
滝谷峠からアズキ坂への下りでいきなりルートを見失いました。
落ち葉でトレースが無い箇所があります。
その他周辺情報貴船神社にトイレあり
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS

写真

芦生峠の登山口 標識はありませんが登山道はハッキリしています
2015年12月09日 09:18撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦生峠の登山口 標識はありませんが登山道はハッキリしています
2
フェンス脇を直登
2015年12月09日 09:21撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フェンス脇を直登
3
道標があります
2015年12月09日 09:22撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標があります
1
直登を登り切ったところが柳谷峠方面と滝谷峠方面の分岐です
2015年12月09日 09:31撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登を登り切ったところが柳谷峠方面と滝谷峠方面の分岐です
1
帰りはこのフェンス沿いを戻ってきます
2015年12月09日 09:32撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはこのフェンス沿いを戻ってきます
滝谷峠への尾根からの眺望
2015年12月09日 09:40撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷峠への尾根からの眺望
3
尾根道
2015年12月09日 09:43撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道
中央が目指す魚谷山です
2015年12月09日 09:46撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央が目指す魚谷山です
1
滝谷峠に到着
2015年12月09日 10:07撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷峠に到着
1
アズキ坂を下ります
2015年12月09日 10:07撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アズキ坂を下ります
斜面の登山道が消えています。滑らないよう注意して通過
2015年12月09日 10:15撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面の登山道が消えています。滑らないよう注意して通過
1
細ヶ谷が見えました
2015年12月09日 10:29撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細ヶ谷が見えました
1
滝谷峠の方向を示す道標
2015年12月09日 10:32撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷峠の方向を示す道標
2
下りてきたアズキ坂
2015年12月09日 10:32撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきたアズキ坂
柳谷峠を目指します 雲ケ畑からここまで車で入れるそうです
2015年12月09日 10:32撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柳谷峠を目指します 雲ケ畑からここまで車で入れるそうです
1
谷の分岐には道標があります
2015年12月09日 10:50撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の分岐には道標があります
1
林道はここまで。沢へ下ります
2015年12月09日 10:53撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道はここまで。沢へ下ります
1
渡渉の先は谷なのに広く明るい雰囲気です
2015年12月09日 10:54撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉の先は谷なのに広く明るい雰囲気です
2
「北山の小舎」発祥の地の標識
2015年12月09日 10:57撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「北山の小舎」発祥の地の標識
2
今西錦司博士のレリーフ 登山道の少し左手にあります
たまたまお会いした北山の会の方に教えて頂きました
2015年12月09日 11:02撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今西錦司博士のレリーフ 登山道の少し左手にあります
たまたまお会いした北山の会の方に教えて頂きました
3
レリーフの上の方に一等三角点のレプリカがあることを教えて頂きました
2015年12月09日 11:04撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レリーフの上の方に一等三角点のレプリカがあることを教えて頂きました
3
レリーフから見下ろした沢
2015年12月09日 11:05撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レリーフから見下ろした沢
1
立派な道標 実はこの右側に現在の北山荘があります
2015年12月09日 11:07撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な道標 実はこの右側に現在の北山荘があります
2
登山道から望遠で見た現在の北山壮
2015年12月09日 11:08撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から望遠で見た現在の北山壮
1
もうすぐ柳谷峠
2015年12月09日 11:28撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ柳谷峠
柳谷峠に到着
2015年12月09日 11:34撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柳谷峠に到着
2
峠からの眺望
2015年12月09日 11:34撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠からの眺望
広くて明るい峠です
2015年12月09日 11:34撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くて明るい峠です
魚谷山に到着
2015年12月09日 11:45撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚谷山に到着
2
三等三角点 眺望はあまりありません
2015年12月09日 11:46撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点 眺望はあまりありません
3
芦生峠への尾根からの眺望
2015年12月09日 12:22撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦生峠への尾根からの眺望
尾根の道標
2015年12月09日 12:31撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の道標
1
これは登山道ではありません ガーミンで確認して気づきました
2015年12月09日 12:37撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは登山道ではありません ガーミンで確認して気づきました
1
広いコルではトレースが分り難くて要注意
2015年12月09日 12:41撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広いコルではトレースが分り難くて要注意
1
トレースもテープも無い登り 前進
2015年12月09日 12:48撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースもテープも無い登り 前進
1
登り切ったとこをで反対側へ進んでしまった。登山地図に「迷」とあるのはここか?
2015年12月09日 12:50撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ったとこをで反対側へ進んでしまった。登山地図に「迷」とあるのはここか?
1
最後のピークから比叡山を望む
2015年12月09日 12:55撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のピークから比叡山を望む
2
フェンスに到着 1周完了
2015年12月09日 12:56撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フェンスに到着 1周完了
3
無事下山
2015年12月09日 13:07撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山
3
撮影機材:

感想/記録
by kenkou

良い天気に誘われて、近くの京都北山へ出かけました。
以前から計画していた、芦生峠から滝谷峠、今西錦司博士レリーフを経て
柳谷峠、魚谷山、芦生峠への尾根道という1周ルートへチャレンジ。
バイクで芦生峠まで行くので手抜きっぽいですが、バイクは寒かった。
峠には車も数台停められる広い場所がありますが、林業のためのスペースかも。
登山口に標識はありません。うろうろ探してハッキリしたトレースを見つけました。
滝谷峠と柳谷峠の分岐までは、植林用フェンス脇を直登します。
意外に眺望がよい尾根道で登山道もハッキリしています。
あっというまに滝谷峠に到着。
アズキ坂を下りる時、いきなりトレースを見失いました。変なところを無理に沢へ下りると登山道がありました。どこで間違えたのか???
細ヶ谷に着いて靴紐を締めなおしていると、雲ケ畑から車が来ました。
北山の会の方で、現在の北山荘の整備に行くそうです。
この方に、今西錦司博士レリーフの場所や、三角点のレプリカの場所を教えて頂きました。北山荘へ寄って下さいと言われましたが、今回は遠慮しました。
レリーフはとても良い場所にありました。
渡渉は何回かありますが問題ありません。
柳谷峠までに4人のパーティ−に会いました。
魚谷山は見晴らしがありません。
柳谷峠から芹生峠までの尾根では3人のパーティーに会いました。
登山地図で「迷う」と書かれた場所は、トレースが無く、テープも少ないところでした。その他に広くなったところはどこでも歩けるためか落ち葉も多くトレースが無いので慎重に前進。ガーミンGPSで軌跡を確かめながらなんとかクリヤ。
程良い山行になりました。最も厳しい工程は朝のバイクでした。
訪問者数:333人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ