ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777297 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

原 全教の足跡を辿る 〜 旧大洞林道は生きていた !!

日程 2015年12月09日(水) [日帰り]
メンバー fuya0123, その他メンバー1人
天候晴れ ・最低/最高気温 (熊谷:-0.2/12.5 ℃)
             (秩父:-2.1/12.4 ℃)
   ・昼間の時間:9:47 (日出:6:41 日入:16:28)
   
・9日の気象[全国] : 気象人
   http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary_detail.php?date=2015-12-09
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秩父市の国道140号を行きます。旧荒川村を過ぎ 旧大滝村に入り、秩父市・
大滝総合支所を右に見て、荒川の橋を渡ってすぐの丁字路信号を左折します。

 厳冬期の風物詩 "氷のカーテン"「氷柱・「三十槌(みそつち)」を過ぎ、
ダムサイトの丁字信号を三峯神社方面へ左折して 県道278号線に入り、
二瀬ダム堤頂を渡ります。
 途中の 大きなUヘアピンから県道と別れ、「大洞林道」を上流へ進みます。
 「鮫沢橋」のゲート脇に駐車します。
 ・ゲート脇は、駐車場としての余地が少なく、3,4台がやっとです。
 ・早朝の8:30着。今日は、1台先客がありましたが、帰りには無く、
 山の先客ではありませんでした。。
 ・施錠されているゲートの先では、工事が行われており、工事車両の
 出入りがあります。(荒沢橋手前)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
56分
合計
5時間12分
S鮫沢橋(785m)08:5509:25鮫沢出合い(910m)09:3009:50小屋跡10:02桂平10:1511:00三峰集落11:0411:22大洞林道11:3012:00鮫沢橋(785m)12:0612:20旧Yさん住宅12:3312:42分岐地点◇13:20Uターン13:55大洞林道14:0214:07鮫沢橋(785m)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
−−−−→ ☆★ 〜 全 般 〜 ★☆
◎ 「鮫沢橋」をベースとして、 峪沢」からの北行きと、
◆崔沢」手前の旧Yさん住居からの北行きに分けて入りました。
(「猿鼻の尾根」北面が?のため)
 ・結果的に、△遼面魅肇薀弌璽垢話杷阿掘¬瓩蠅泙靴拭
 ・,△箸癲大洞林道(=雲取林道)へ直降は、ショットカットを試みた
"適当直降"です。
 特に△"直降"は、極めて危険な急法面です。
 結果的に、あまりショートカット(=時間短縮)には なりませんでした。

 −−−−→ ☆★ 鮫沢橋 〜 三峰集落 〜 ★☆
 ・ 峪沢橋」から鮫沢右岸に入りますが、ルートはありません。
 旧大洞林道地点も、特に何もありません。(マーキングがされております)
 ・この地点から、痕跡を辿って北進します。
  段々と道形が出てきて、やがて鮮明なルートとなります。
  「旧大洞林道」というより、明らかに現に活用されている"林道"です。
 ・三峰集落からの[復路]で、大洞林道への直降は、"適当下降"です。

 −−−→ ☆★ 鮫沢橋 〜 旧Yさん住居 〜 猿鼻の尾根北面 〜 鮫沢橋 ★☆
◎  峪沢橋」から大洞林道(=雲取り林道)を上流へ歩き、30分弱で
旧Yさん住居前の、尾根取付の突端に出ます。
 ここからの、市の沢を挟んだ「和名倉山」や「三ッ山」の眺めが、
最高です!!。旧住居裏手の山に入ります。
  県営林◇看板から、左(北)へ登っていきます。
  杉の中、ルートは付いてました。間伐材が散乱しているヶ所もあり、
 やはり、過去に林道として使用されていた。
  やがて、「猿鼻の尾根」突端になる前後からルートが荒れてくる。
 三峰集落方面が見えだしてくるが、トラバースがきつくなり、とうとう
 断念!!。
  ところが往路ルートを見失い、やや強行にトラバース 。
  「猿鼻の尾根」の先端らしき部分で、大洞林道に向け、小沢を直降。
  脇の杉に、鹿除けネットが巻いてあったのだが、ここが大変!!。
  左側の遠くで、熊さんが驚いてガラガラと逃げていった。
  かなり下に大洞林道が見えるが、歩を進めるのが大変。
  やっとのことで、大洞林道に降り立った。

  ・果たして、どの地点に降り立ったのか解らなかったが、
  そこは、大洞ダム下降点より北だった。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

「鮫沢橋 」。ここに
流入する「鮫沢」右岸に
入る
2015年12月09日 08:54撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鮫沢橋 」。ここに
流入する「鮫沢」右岸に
入る
最初の砂防堰堤
(h3年)
2015年12月09日 08:57撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の砂防堰堤
(h3年)
「鮫沢」右岸を行く
2015年12月09日 09:01撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鮫沢」右岸を行く
1
「鮫沢」を行く
2015年12月09日 09:03撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鮫沢」を行く
「鮫沢」の上流を見る
2015年12月09日 09:11撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鮫沢」の上流を見る
1
「旧大洞林道」地点
2015年12月09日 09:26撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「旧大洞林道」地点
「旧大洞林道」
地点にて
2015年12月09日 09:27撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「旧大洞林道」
地点にて
2
「旧大洞林道」
地点にて
2015年12月09日 09:31撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「旧大洞林道」
地点にて
3
人間のものではない
足跡
2015年12月09日 09:36撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人間のものではない
足跡
1
「旧大洞林道」は
生きていた
2015年12月09日 09:40撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「旧大洞林道」は
生きていた
3
「旧大洞林道」には、
鹿除けネットが
張られていた。
林道として、健在なり
2015年12月09日 09:42撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「旧大洞林道」には、
鹿除けネットが
張られていた。
林道として、健在なり
ようやく陽が差してきた
2015年12月09日 09:47撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく陽が差してきた
小屋跡
2015年12月09日 09:50撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋跡
1
和名倉山の
「尻無しの頭」を見る
2015年12月09日 09:54撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和名倉山の
「尻無しの頭」を見る
3
「桂平」にて
2015年12月09日 10:13撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「桂平」にて
「桂平」より雲取山〜
三ッ山を見る
2015年12月09日 10:15撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「桂平」より雲取山〜
三ッ山を見る
明るくてフラットで
歩きやすい
2015年12月09日 10:28撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくてフラットで
歩きやすい
住居跡?
2015年12月09日 10:30撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住居跡?
1
暖かな日差しを浴びて
2015年12月09日 10:44撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖かな日差しを浴びて
2
振り返って見る
2015年12月09日 10:45撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って見る
抜けるような青空の下、
三峰集落に辿り着き
和名倉山(尻無しの頭、
松葉沢の頭)をバックに
2015年12月09日 10:56撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けるような青空の下、
三峰集落に辿り着き
和名倉山(尻無しの頭、
松葉沢の頭)をバックに
2
三峰集落に辿り着き
和名倉山(尻無しの頭、
松葉沢の頭)をバックに
2015年12月09日 11:01撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰集落に辿り着き
和名倉山(尻無しの頭、
松葉沢の頭)をバックに
3
住居跡。このように
かっては、家屋が
もっとあった。
2015年12月09日 11:12撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住居跡。このように
かっては、家屋が
もっとあった。
大洞林道より
雲取山と霧藻ヶ峰を見る
2015年12月09日 11:26撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道より
雲取山と霧藻ヶ峰を見る
大洞林道より
「雲取山」と
「霧藻ヶ峰」を見る。
雲取山荘も確認できた
2015年12月09日 11:36撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道より
「雲取山」と
「霧藻ヶ峰」を見る。
雲取山荘も確認できた
「秩父御岳山」も
くっきり
2015年12月09日 11:49撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「秩父御岳山」も
くっきり
1
旧Yさん住宅前より見る
右尻無の頭、
左仁田小屋の頭
2015年12月09日 12:26撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧Yさん住宅前より見る
右尻無の頭、
左仁田小屋の頭
1
旧Yさん住宅の裏手より
山に入る
2015年12月09日 12:36撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧Yさん住宅の裏手より
山に入る
1
旧大洞林道に出る。
◇の県営林看板
2015年12月09日 12:42撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧大洞林道に出る。
◇の県営林看板
1
旧大洞林道を行く
2015年12月09日 12:51撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧大洞林道を行く
間伐材が散乱していた
2015年12月09日 12:55撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間伐材が散乱していた
三峰集落が見える
2015年12月09日 12:59撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰集落が見える
1
旧ルートがやや曖昧になり
傾斜がきつくなる
2015年12月09日 13:06撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧ルートがやや曖昧になり
傾斜がきつくなる
ルートがちょっと
やばくなる
2015年12月09日 13:19撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートがちょっと
やばくなる
1
振り返るとこんな
傾斜地帯。
2015年12月09日 13:19撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな
傾斜地帯。
遂にトラバースを断念し
引き返す
2015年12月09日 13:26撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遂にトラバースを断念し
引き返す
2
今度は、大洞林道へ
向けて直降。
2015年12月09日 13:41撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は、大洞林道へ
向けて直降。
小沢の右岸脇の
間伐材が散乱する
急法面を直降。
2015年12月09日 13:41撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小沢の右岸脇の
間伐材が散乱する
急法面を直降。
上を見る
2015年12月09日 13:42撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上を見る
下を見る
2015年12月09日 13:42撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見る
大洞林道が見えるが
実に大変、危険な急降。
2015年12月09日 13:49撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞林道が見えるが
実に大変、危険な急降。
この小沢の右岸側を
降りてきた
2015年12月09日 13:53撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小沢の右岸側を
降りてきた
Key55さんが
降りてくる
2015年12月09日 14:00撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Key55さんが
降りてくる
3
無事「鮫沢橋」に戻る
2015年12月09日 14:07撮影 by DSC-WX170, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事「鮫沢橋」に戻る
1

感想/記録

◎ 今朝の最低気温が、今年初の−となった日(熊谷)でしたが、日中は
穏やかな"小春日和"となりました。
 三峰集落及び大洞林道からの「雲取山」と「和名倉山」の眺め。
 青く澄み切った空の下で、最高でした!!。

◎ 私が持っている「奥武蔵・秩父」(1:75,000)(昭和33年10月発行=日地出版)
によれば、この頃はまだ「新・大洞林道=森林軌道」が記載されておらず
今回の「旧大洞林道」がはっきりと「惣小屋方面」にまで記されていました。
(もしかしたら、「奥武蔵」主体の地図のため、割愛?)

 そして時代は過ぎて、「奥武蔵・武甲山・雲取山」(1:60,000)
(昭和41年4月発行=日地出版)になれば、当然「大洞林道=森林軌道 」
(樽沢まで)が記載され、「新旧・大洞林道」が記されるという
"林業黄金時代"となりました。
 (これとともに、「旧大洞林道」は、次第に荒廃していくようです)
 (この辺は、すでに「奥秩父の山と谷・昭和34年4月版=山と渓谷社」)
に記述がある)

◎ 「新旧・大洞林道」を知る昭和22年生まれの私としては、ここに
奥秩父の偉大な先駆者である、「原 全教」のほんの一端に触れたいと
"大それたタイトル"を掲げた次第です。
 ・その「原 全教」が、昭和8年に2人で歩いたという「三峰集落」からの
当時の大洞林道を、確実と思われる「鮫沢橋」の「鮫沢右岸」から
入りました。
結果として、「猿鼻の尾根」北面のトラバースは、断念しましたが、
鮫沢 〜 三峰集落は、ルートがしっかり。中々趣のある"旧林道"でした。 
訪問者数:268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 右岸 堰堤 法面 渓谷 下降点
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ