ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777333 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

大岩〜碧岩&三ツ岩岳(西上州)

日程 2015年12月07日(月) [日帰り]
メンバー takayama2
天候快晴、無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
1時間4分
合計
7時間16分
S三段の滝入口08:4209:05三段の滝10:30大岩10:5511:40碧岩11:5013:04三段の滝13:27三段の滝入口13:3714:00三ッ岩岳登山口14:0314:54三ッ岩岳15:1015:58三ッ岩岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
三段の滝入口から三ッ岩岳登山口へは車で移動。
大岩&碧岩の登山口は三段の滝入口、三ッ岩岳の登山口は竜王の里宮で、どちらにも数台分の駐車場有り。
西上州の岩山は初夏ヤシオツツジが綺麗で、この時期の休日は駐車スペースがすぐなくなると思われる。
コース状況/
危険箇所等
大岩、碧岩は西上州に多い岩峰。
大岩基部から頂上までは鎖やロープのない急斜面の岩場。ホールドやスタンスはあるので、岩場に慣れていれば問題ないが、初心者や体の小さい人はホールドが捉えにくく、ザイルがあった方が安心だろう。
碧岩には絶壁状の岩場が二ヶ所にあり、どちらにも長いロープがある。
ある程度の腕力が必要だろう。
三ッ岩岳は周回がお薦め。登山口から北上する竜王大権現コースは下部が滑りやすい土の急斜面で、下りには不向き。西へ迂回する尾根コースは歩きやすい。
私は大権現コースを上がって尾根コースを下った。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

大岩への途中から碧岩
2015年12月10日 14:35撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩への途中から碧岩
4
荒船山塊の兜岩山の奥に浅間山、右はローソク岩のP3
2015年12月10日 14:40撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒船山塊の兜岩山の奥に浅間山、右はローソク岩のP3
1
両神山地の赤岩尾根(剣ヶ峰は見えない)
2015年12月10日 14:41撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山地の赤岩尾根(剣ヶ峰は見えない)
2
鹿(かな)岳と四ツ又山
2015年12月10日 14:44撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿(かな)岳と四ツ又山
2
鹿岳、奥は皇海山〜赤城山
2015年12月10日 14:52撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳、奥は皇海山〜赤城山
浅間山ズーム(噴煙が上がっている)
2015年12月10日 14:56撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山ズーム(噴煙が上がっている)
4
荒船〜毛無岩〜トヤ山方面
2015年12月10日 14:58撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒船〜毛無岩〜トヤ山方面
日光白根〜皇海〜赤城
2015年12月10日 15:00撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光白根〜皇海〜赤城
碧岩から大岩(中央の一段低い岩場も好展望)
2015年12月10日 15:01撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
碧岩から大岩(中央の一段低い岩場も好展望)
三段の滝(上段)
2015年12月10日 15:05撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段の滝(上段)
三段の滝(中段)
2015年12月10日 15:07撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段の滝(中段)
三段の滝への居合沢に架かる超近代的?な橋
2015年12月10日 15:08撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段の滝への居合沢に架かる超近代的?な橋
2
三ツ岩岳から経塚山の右奥に浅間山、左は立岩
2015年12月10日 15:11撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ岩岳から経塚山の右奥に浅間山、左は立岩
1
三ツ岩岳北側のピークにある首無し地蔵
2015年12月10日 15:11撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ岩岳北側のピークにある首無し地蔵
三ツ岩岳から北側の眺望
首無し地蔵は中央の岩峰上にあるが、そこへのルートは無さそう。行くとすればザイル必携かも…
2015年12月10日 15:12撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ岩岳から北側の眺望
首無し地蔵は中央の岩峰上にあるが、そこへのルートは無さそう。行くとすればザイル必携かも…
裏妙義〜表妙義〜鹿岳
鹿の奥は榛名
2015年12月10日 15:21撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏妙義〜表妙義〜鹿岳
鹿の奥は榛名
鹿岳ズーム
2015年12月10日 15:23撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳ズーム
3
妙義の奥は谷川連峰?の雪山
2015年12月10日 15:23撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙義の奥は谷川連峰?の雪山
裏妙義の烏帽子〜赤岩〜中間峰(丁須の頭が微かに見える)
奥は平標〜仙ノ倉〜エビス大黒だろうか?
2015年12月10日 15:23撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏妙義の烏帽子〜赤岩〜中間峰(丁須の頭が微かに見える)
奥は平標〜仙ノ倉〜エビス大黒だろうか?
1
日光白根と思われるピーク
手前は笠〜錫〜白根隠の稜線かも?
2015年12月10日 15:27撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光白根と思われるピーク
手前は笠〜錫〜白根隠の稜線かも?

感想/記録

ある時、山で知り合った人から、碧岩は西上州で最も厳しい岩山の一つだと聞いていました。ネットの山行記にも同じようなことが書かれているものがあり、果たしてどんなものだろうか…と興味津々で出かけました。
結果は、それほど厳しいものではなく、二子山程度だろうかという感想でした。

登山道が記されている西上州の岩山の頂稜では表妙義がダントツに厳しいと思います。特に奥の院〜相馬岳間と鷹戻し〜中ノ岳間は脚力よりも腕力が要求されます。
一地点としては裏妙義の丁須の頭。昔は鎖の下端が固定されてなく、下降時に着地できなくて転落死する事故がたまにあったようです。

裏妙義の中間峰の東側、チムニー内の20mの鎖場も全体重を鎖に預ける形となり、腕力が必要です。ここと似たような所が高岩の雄岳ですが、雄岳の登降は更に厳しく、頭を岩にぶつけないよう注意する必要があります。

星穴岳や相馬岳北稜は一般登山者の領域ではなく、今後も登頂することはあり得ませんが、星穴の基部までは雑誌で紹介されたルートがあり、機会があれば行ってみたいと思っています。
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

鎖場 山行 奥の院 ザイル 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ