ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777439 全員に公開 ハイキング比良山系

武奈ヶ岳 (中峠〜山頂〜八雲が原〜金糞峠)

日程 2015年12月09日(水) [日帰り]
メンバー mesner
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

 正面谷駐車場発 8:37
 8:58−水場ー9:03
 9:33−青ガレ下ー9:38
 10:23−金糞峠ー10:28
 11:00−二股ー11:10
 11:29−中峠ー11:34
 11:55−コヤマノ岳
 12:21−山頂ー12:41
 12:57−八雲が原分岐
 13:10−スキー場上ー13:15
 13:31−八雲が原ー13:36
 14:07−金糞峠ー14:12
 14:40−青ガレ下ー14:48
 15:08−水場ー15:18
 駐車場着 15:32
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

感想/記録
by mesner

 ◆ 今日の予報は、快晴、気温 4〜14度。14度とは中途半端で迷ったが、先週が寒かったので、冬シャツを着て行ったら暑かった。駐車場で車を降りて気が付いた。登山口で気温 7度。手袋だけは軍手に代えた。
天気は申し分なく、高気圧が真上に来て、雲一つ無い青空だ。高気圧の所為で、中国のPM 2.5も北の方へ流されて、北海道の方へ行くらしい。
 湖西道路からの眺めも、釈迦岳、堂満岳、打見山、蓬莱山とこんなにはっきり見えるのは、記憶に無いくらいだ。
 風も殆ど無い。

 ◆ 歩き出すと、隠れ滝までの正面谷左岸の楢の木の紅葉が、朝日を浴びて濃いオレンジ色に輝き大変綺麗だ。もう紅葉は終わったと思っていたので驚いた。
 谷の水は一年中で今が最も少ないと思われる。

 ◆ 金糞峠に着くと、風が弱いとは言え、冷たい。今日の予定は、スキー場跡を八雲が原に下りる積りなので、中峠に向かう。
 10回の徒渉も水が少なく、問題は無かった。
 中峠はさすがに風は冷たい。

 ◆ コヤマノ岳は、昼食は山頂に決めていたので、通過する。
 山頂は結構な人が居た。今日は南風なので、山頂の北側で弁当にする。白山、乗鞍、御岳が良く見えた。こんなにはっきり見えるのは、今までに記憶に無いくらいだ。
 西の方には、愛宕山の向こうに見えた山は六甲山だと思う。そして、南を見ると、大阪の市街のもやの上に、高く長方形のビルが突き出しているのは、あべのハルカスに違いない。
 この前にも、大山崎の向こうに大阪市街が見えた時があったが、その時は気が付かなかった。きっと、阿倍野ハルカスからも比良山が見えるはずだ。一度見に行きたいものだ。

 ◆ 下りは、八雲が原への分岐からスキー場跡を下って、八雲が原へ。この道はスキー場跡まで、そんなに長い道ではないが、道が粘土質で滑りやすく、雨で深く抉られて歩き難い道だ。その先には岩場や倒木があり、あまり気持ちの良い道ではない。
 そんな事から、尾根の右(南)側を巻いて、左に回って行く道を、右を巻かずに、分岐からずっと尾根の上を通り、真っ直ぐスキー場に出られないものかと思っていた。
 そこで、今日は分岐から道より北(左)側に入り、尾根の上を東に進む。途中岩稜の小ピークがあるが、これは登るとその先の下りが大変なようだ。其処は手前から、左の斜面を巻きながら高度を下げて進むと、スキー場の手前で登山道と一緒になった。思ってた通り、この方が距離も短くなり、何よりも歩き易い。時間的にも早い。
 今日は最初で、地形や方向を確かめて歩いたので、少し時間を喰ったと思われるが、それでも 13分でスキー場跡へ出た。
 ただ踏み跡が全くないので、慣れない人にはお勧めできない。

 ◆ 八雲が原からは、私の好きな観音様ロードを歩き金糞峠へ。
 この道は奥の深谷の源流沿いに、僅かに下りながら道がある。途中、徒渉箇所には丸木の橋があり、快適な道だ。橋は9箇所にあったが、そのうちの支流に架かっていた一箇所が大きな倒木で通れなくなっていたが、今回はその東側に新しく迂回路が設けてあり、新しい橋が出来ていた。一層歩き易くなった。有難い事だ。

 ◆ 金糞峠に着くと何時も、これを下れば今日も終わりかと、ホッとすると同時に、何だか未練がある様な、何とも変な気持ちになる。
 この下りは、浮石だらけの谷道と、その下の青ガレは岩雪崩のデブリの中の下りだ。どちらもバランスを崩さないように注意が要る。

 ◆ 青ガレから下って行くと、対岸の楢の紅葉が、今度は夕日を浴びて朝方より一層綺麗な色に輝いていた。それが大山口辺りまで続き、楢の紅葉がこんなに美しいとは知らなかった。


 
訪問者数:220人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

左岸 紅葉 倒木 雪崩 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ