ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777662 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

三頭山

日程 2015年12月11日(金) [日帰り]
メンバー runnico(記録)
天候雨上がりの晴れ。気温高し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
[行き]中央道上野原IC - 甲武トンネル - 都民の森
[帰り]都民の森 - 五日市 - 圏央道日の出IC

駐車場はガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間10分
休憩
35分
合計
2時間45分
S桧原都民の森駐車場12:4012:55鞘口峠13:55三頭山(東峰)14:0514:00三頭山(西峰)14:1514:20ムシカリ峠14:2515:00三頭大滝15:0515:20檜原都民の森駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鞘口峠からの登りは、雨上がりにも関わらず、乾いていました。
ムシカリ峠からの下りは、一部泥濘箇所あり、濡れている箇所多数でした。
その他周辺情報数馬の湯(820円)に立ち寄りました。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ

写真

雨上がりを待って昼過ぎに到着。本日1人にしか会わず、まるで「自分の森」の感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨上がりを待って昼過ぎに到着。本日1人にしか会わず、まるで「自分の森」の感じでした。
森林館。玄関近くが工事中でした。ご苦労様です。オフシーズンということを痛感しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林館。玄関近くが工事中でした。ご苦労様です。オフシーズンということを痛感しました。
鞘口峠への分岐。熊が出たそうなので、あわててクマスズを装着します。事務所で鳴り物を貸してくれるんですって。なんと親切なことよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口峠への分岐。熊が出たそうなので、あわててクマスズを装着します。事務所で鳴り物を貸してくれるんですって。なんと親切なことよ。
鞘口峠。あっという間に到着。しかし、この時点で汗だく。このままではバテバテの予感がします。ペースを落とさないと。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口峠。あっという間に到着。しかし、この時点で汗だく。このままではバテバテの予感がします。ペースを落とさないと。。。
アップしてみます。チャッピー(仮称)です。このポスターでは珍しく鳥のお友達がいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップしてみます。チャッピー(仮称)です。このポスターでは珍しく鳥のお友達がいます。
2
ブナの路。ここはいろいろな路がありますよね。なんとご丁寧に、標高付きで、これなら高度計いりません。路も乾いて歩きやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの路。ここはいろいろな路がありますよね。なんとご丁寧に、標高付きで、これなら高度計いりません。路も乾いて歩きやすいです。
悩ませる分岐。たぶん、ブナの路のほうを行った方が楽なのでしょうが、登山しに来たので、あえて右に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悩ませる分岐。たぶん、ブナの路のほうを行った方が楽なのでしょうが、登山しに来たので、あえて右に進みます。
また、同じ誘惑。やはり右に行きます。デジャブーかと思いました。とにかく、何かあれば右、というが今回のルート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、同じ誘惑。やはり右に行きます。デジャブーかと思いました。とにかく、何かあれば右、というが今回のルート。
何かやる気がでる立札。三頭山だけ字が大きいのです。野鳥観察小屋も気になるんですが、駐車場が閉まる時間もあるので、今回はパスします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何かやる気がでる立札。三頭山だけ字が大きいのです。野鳥観察小屋も気になるんですが、駐車場が閉まる時間もあるので、今回はパスします。
標高1400m。1300mはたぶん、分岐を選ばなかったところにあるんでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1400m。1300mはたぶん、分岐を選ばなかったところにあるんでしょう。
標高1500m。ちょっと首を傾げているような感じで。。。
いまさらですが、ブナ林って明るい中を歩くので、心踊りますよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1500m。ちょっと首を傾げているような感じで。。。
いまさらですが、ブナ林って明るい中を歩くので、心踊りますよね。
手書き感の満載の分岐表示。せっかく来たので、東峰に進みます。単純明快で無駄を一切省ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手書き感の満載の分岐表示。せっかく来たので、東峰に進みます。単純明快で無駄を一切省ています。
東峰の見晴台。リスがいたんですが、撮影失敗。目と目は合ったですがね。それがいかんかったのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰の見晴台。リスがいたんですが、撮影失敗。目と目は合ったですがね。それがいかんかったのかな。
1
(左)大岳山、(右)馬頭刈山が手に取るようによく見渡せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(左)大岳山、(右)馬頭刈山が手に取るようによく見渡せます。
角度を変えて。(左)御前山、(右)大岳山。御前山ってゆったりとした佇まいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角度を変えて。(左)御前山、(右)大岳山。御前山ってゆったりとした佇まいです。
東峰。見晴台に大層満足したので、ここはここまま進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰。見晴台に大層満足したので、ここはここまま進みます。
中央峰。同様にスルーします。東峰からたった1分ですもんね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央峰。同様にスルーします。東峰からたった1分ですもんね。
西峰への分岐。本日最後の登りですので、気合入れましょう。
ヌガサス尾根も行ったみたいルートだな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰への分岐。本日最後の登りですので、気合入れましょう。
ヌガサス尾根も行ったみたいルートだな。
西峰到着。今思いましたが、麓が荒れ狂ったような風なのですが、道中なぜか何も風が吹いていません。ここも無風です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰到着。今思いましたが、麓が荒れ狂ったような風なのですが、道中なぜか何も風が吹いていません。ここも無風です。
真ん中の富士山は雲隠れしていますが、(左)御正体山、(右)三ツ峠山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中の富士山は雲隠れしていますが、(左)御正体山、(右)三ツ峠山が見えます。
1
ムシカリ峠。今日はここから下ります。このあたりで本日唯一の人に出会いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムシカリ峠。今日はここから下ります。このあたりで本日唯一の人に出会いました。
ここでもチャッピー。ここ三頭山のチャッピーはあまり怒り顔ではないです。むしろ微笑んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでもチャッピー。ここ三頭山のチャッピーはあまり怒り顔ではないです。むしろ微笑んでいます。
1
沢沿いの苔むす大木。10mぐらいあるのか、テッペンまで苔びっしりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの苔むす大木。10mぐらいあるのか、テッペンまで苔びっしりです。
1
大滝前休憩所。相変わらず誰もいません。AEDの説明を書いてありましたが、今日ここで私が倒れても助けてくれる人がいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝前休憩所。相変わらず誰もいません。AEDの説明を書いてありましたが、今日ここで私が倒れても助けてくれる人がいません。
1
三頭大滝。おー豪快です。橋から見ると尚更GOODです。ゴーゴー。ザーザー。良い音立てています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭大滝。おー豪快です。橋から見ると尚更GOODです。ゴーゴー。ザーザー。良い音立てています。
1
ウッドチップの路。これなら軽装で歩けますね。雨に流されない工夫もされていますし、手間暇がかかっているのがわかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウッドチップの路。これなら軽装で歩けますね。雨に流されない工夫もされていますし、手間暇がかかっているのがわかります。
真ん中は生藤山。笹尾根をずーと来れば、ここまで来るわけですが。いつかは笹尾根攻略してみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中は生藤山。笹尾根をずーと来れば、ここまで来るわけですが。いつかは笹尾根攻略してみたいです。
森林館まで戻ってきました。工事の人はまだ働いていました。重ね重ねご苦労様です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林館まで戻ってきました。工事の人はまだ働いていました。重ね重ねご苦労様です。
駐車場まで戻ってきました。このまま帰るのも何なので、中に入ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場まで戻ってきました。このまま帰るのも何なので、中に入ってみます。
1
売店で焼きまんじゅうを買いました。ここで食べていって良いよと言われ心動かされましたが、帰り道中も長いので、家で食べることにします。
帰り道を丁寧に教えてくれて有難うございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店で焼きまんじゅうを買いました。ここで食べていって良いよと言われ心動かされましたが、帰り道中も長いので、家で食べることにします。
帰り道を丁寧に教えてくれて有難うございました。
1

感想/記録

[都民の森]
荒れ狂う嵐の午前中。道路は枝の落下物、構造物を覆ったもの、様々でした。
こんな日に来る人も珍しいのでしょうか、駐車場はガラガラでした。
森林館もいろいろ工事など行っていて、完全にオフシーズンですね。

[鞘口峠]
意外なことに熊が出るということ。スズを持ってきていたので装着。ここでは不要かと思っていたのに、少々驚きです。
もっと驚いたのは、鳴り物を貸してくれるということ。さずが都民の森です。

[ブナの路]
ここでも意外なことがありました。結構坂がきつい。山なので当たり前なことなんですが、気軽に登れる山という風に案内されているので、考えを改めないと。

冬にはありえないほどの蒸し暑さのせいもあるのですが、鞘口峠あたりで既に汗だくです。まずはペースを調整してスローにします。
分岐がいくつもあるので、楽な方に行き掛けている自分を鼓舞して、登山道の方に進みます。

[東峰]
見晴台の景色は見事でした。嵐の一過、空気が澄んでいたせいもあるのですが、今まで登った数々の山が見えました。

[中央峰]
ここはスルーなので、残念ながら感想はありません。

[西峰]
ここも景色は綺麗。ただし、富士山だけは見えませんでした(残念)。ちょっと不思議なことに、あれだけ風が強いはずなのに、ここまでの山行まるで吹いていません。なぜなんでしょうか。
雲取山も見えたんですが、木に隠れるので、うまく写真に撮れませんでした。

[三頭大滝]
ムシカリ峠を下り、三頭大滝へ。数々の渡河を繰り返します。もしかすると、相当増水した状態なのかもしれません。ぜんぜん問題ありませんでしたが。
見晴用の橋など天才的なアイデアに感心しつつ、ゴーゴーという滝に見入ります。観客は私一人だけなので、独り占めです。

ちょっと調べてみたのですが、これって秋川の源流なんですか。

[番外]
かねてから気になっていた数馬の湯(820円)に立ち寄り、日没までまったりとしてしまいました。
訪問者数:478人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

栗鼠 ブナ 山行 高度計
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ