ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 777916 全員に公開 山滑走十勝連峰

美瑛岳・美瑛富士

日程 2015年12月12日(土) [日帰り]
メンバー aofukuroh
天候快晴 / 上の方は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
除雪最終地点に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間16分
休憩
31分
合計
7時間47分
Sスタート地点07:0011:39美瑛岳12:0612:23美瑛富士分岐12:2412:52美瑛富士12:5514:14美瑛富士登山口14:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

スタート地点
スキーはセミファットを選択
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点
スキーはセミファットを選択
6
林道から山方向
このころはまだ雲が多め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から山方向
このころはまだ雲が多め
2
樹林の中はブッシュが多め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の中はブッシュが多め
2
正面に見えてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に見えてきた!
8
後ろを振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返る
3
トレース
ハイマツで真っすぐ進めない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレース
ハイマツで真っすぐ進めない
7
左を見ると旭岳方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を見ると旭岳方向
6
登って来た尾根を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た尾根を見下ろす
4
美瑛富士もクッキリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛富士もクッキリ
14
十勝岳もよく見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝岳もよく見える
9
正面に美瑛岳がドーン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に美瑛岳がドーン
9
結構近づいた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構近づいた
6
オプタとか大雪山方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オプタとか大雪山方向
13
十勝岳とか富良野岳方向
遠くに見えているのは芦別岳か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝岳とか富良野岳方向
遠くに見えているのは芦別岳か
11
夏道の稜線方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道の稜線方向
7
火口を見下ろす感じで写したが、何が何だか分からない写真になってしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口を見下ろす感じで写したが、何が何だか分からない写真になってしまった。
13
美瑛富士山頂とオプタ方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛富士山頂とオプタ方向
9
滑る尾根から見た美瑛岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑る尾根から見た美瑛岳
9
これから滑る斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから滑る斜面
6
滑った
楽しかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑った
楽しかった!
23
しつこく美瑛岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこく美瑛岳
8
さらにしつこく美瑛岳とシュプール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにしつこく美瑛岳とシュプール
9
樹林帯の斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の斜面
4
林道
正面にはやっぱりしつこく美瑛岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道
正面にはやっぱりしつこく美瑛岳
6

感想/記録

快晴の予報の週末、これは山スキーへ行かねば!
という訳で、そこそこ雪がありそうな美瑛岳を滑ってみることにした。スタートは白金温泉。

天気はスタート時は雲が多め、その後は予報通り快晴となった。気温もスタート時点でマイナス5度ぐらいと丁度いい?寒さだった。

最初は林道というか作業道のようなところを進んで、標高810m辺りから樹林の尾根へ入って行く。
樹林帯の中はまだまだ雪が少なくてヤブやブッシュで結構面倒な場所も多かった。もう少し積雪がほしいところ。

樹林帯を抜けるとようやくヤブ・ブッシュ攻撃から解放。正面には美瑛岳がクッキリと見えてくる。
快晴の空で右も左も前も後ろも素晴らしい景色で、360度のパノラマを見ながらの登りはとても気持ちが良かった。

標高1840m地点でスキーからアイゼンに履き替える。スキーはデポせず背負って山頂まで持っていくことにした。
この辺りから登るにつれ徐々に風が強くなってくる。山頂直下では結構強い横風で体が飛ばされそうだった。

美瑛岳の山頂からも素晴らしい景色だった。遠くの山までよく見えた。この時期にこんないい天気は珍しいかも。
山頂では風も弱くてそんなに寒くはなかった。太陽が気持ちいい感じ。
写真を写したり景色を見たりしながらしばらく山頂で過ごした。

さて、せっかくの快晴の天気なので、このまま下りずに予定を変更して隣の美瑛富士まで行ってみることにした。
滑りも登ってきた尾根ではなく美瑛富士側の尾根を滑ることにする。上から見た感じでは美瑛富士側の尾根の方が広くて良さそうに見えた。

シールは付けたままブーツのバックルだけ締めて美瑛富士とのコルへトラバースしながら滑って行く。
それにしてもここからは超ツラい行動となった…。

しばらく下りたところからは吹き飛ばされそうなぐらいの爆風が吹いていて何度もよろけてしまう。それに正面から風を受けると息が吸えない。
デコボコ斜面で太ももがつりそうだし寒いし指先は痛いしキツいしで、美瑛富士へ行くのは完全に失敗だったと後悔した。戻るに戻れないし。
コルからの美瑛富士への登りも、相変わらずの爆風で超しんどい登りだった。
滑る尾根まで移動したらピタッと風が止んだので、コルの辺りはちょうど風の通り道になっていたと思われる。それにしても寒くて辛かった。

適当なところでシールを外したら滑降開始。
上の方は雪は固めだが滑るのには問題なし。吹き溜まりのところはゲレンデのような雪で超快適な滑りだった。少し下るとそんなに深くはないがパウダー斜面を楽しめた。
樹林の中も登って来た尾根よりもブッシュが少なくて思った以上に快適に滑ることができた。
林道はよく滑る雪でスピードが出すぎて怖かった。

天気も良くシーズン初めのこの時期としては登りも滑りも楽しめた山行だった。風は勘弁だけど。
訪問者数:723人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/12/26
投稿数: 418
2015/12/13 3:59
 絶景です!
aofukurohさん
美瑛岳・美瑛富士、絶景ですね!
言葉になりません、凄い事です!
美瑛岳ですか・・・一度景色を見てみたいものです(^ ^)

一方、風の通り道があるのですねー。
南日高のトヨニ岳の途中に、谷地形から吹き上げる風の影響を受けるためなのか、動けなくなる程強い風が吹く場所があるので少し想像できました(^^;
登録日: 2014/1/11
投稿数: 67
2015/12/13 21:31
 Re: 絶景です!
こんにちは。

天気が良くて素晴らしい景色を堪能できました。
このルートは特に難しいところもなく美瑛岳までひたすら真っすぐ登って行くだけなので、山スキーには最適なルートです。お勧めです。是非。

冬の稜線で一部だけ雪のないようなところもあるので、そういうところはちょうど風の通り道になっていたりするんですよね。
強風であおられて滑落する事故も起きてるので風には注意が必要ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ