ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 778571 全員に公開 ハイキング近畿

初の山城南部、三上山(さんじょうざん)

日程 2015年12月13日(日) [日帰り]
メンバー nack74_sg
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車
行き:JR関西本線加茂駅
帰り:JR奈良線棚倉駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間33分
休憩
1時間15分
合計
4時間48分
S加茂駅07:5108:53海住山寺09:0910:23三上山11:2212:39棚倉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
海住山寺までは主に車道。傾斜はきつめ。
海住山寺から沢までの道は少し荒れ気味。
沢から少し林道を行き冒険の道は道標もしっかりと分かり易い。
山頂から下り、かいがけの道は歩き易いですが、
下がってくると分岐も多く、要下調べだと思います。
ただ、山頂でお会いしたおじさんに
「まあ棚倉までは道わかりにくいけど、電車の音のする方行ったらなんとかなるわ。わっはっは」
とおっしゃってたのが印象的w
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

右の電車で加茂駅着。
左のディーゼルカーでのんびり東の旅の誘惑も
ないことはなしw
2015年12月13日 07:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の電車で加茂駅着。
左のディーゼルカーでのんびり東の旅の誘惑も
ないことはなしw
1
駅から府道を15分ほどきて
恭仁大橋。
2015年12月13日 08:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅から府道を15分ほどきて
恭仁大橋。
恭仁大橋から下流、西方面。
2015年12月13日 08:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恭仁大橋から下流、西方面。
1
同じく上流、東方面。
2015年12月13日 08:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく上流、東方面。
文化坂(?)
名前に惹かれてこちらを行ってみたら遠回り。
まあオッケーw
2015年12月13日 08:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文化坂(?)
名前に惹かれてこちらを行ってみたら遠回り。
まあオッケーw
一旦、恭仁京跡へ。
2015年12月13日 08:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、恭仁京跡へ。
恭仁京跡と三上山、柿の大木。
2015年12月13日 08:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恭仁京跡と三上山、柿の大木。
2
少し引いて。
2015年12月13日 08:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し引いて。
2
恭仁京跡からは山の方へ適当に。
この辺りの地名が登大路。
名残といえば名残なんでしょうか。
至る所に海住山寺への道標。
2015年12月13日 08:31撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恭仁京跡からは山の方へ適当に。
この辺りの地名が登大路。
名残といえば名残なんでしょうか。
至る所に海住山寺への道標。
1
車道も登りに。
あとで思うと、この区間が一番キツかったw
2015年12月13日 08:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道も登りに。
あとで思うと、この区間が一番キツかったw
このあと、本堂にてお支払い。
2015年12月13日 08:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあと、本堂にてお支払い。
1
海住山寺五重塔(国宝)
東大寺の鬼門にあたるとか。
こじんまりと美しく。
2015年12月13日 08:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海住山寺五重塔(国宝)
東大寺の鬼門にあたるとか。
こじんまりと美しく。
3
境内を少し登り、
いよいよ山道。
2015年12月13日 09:09撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境内を少し登り、
いよいよ山道。
非常に細く、
片側が崖なので注意しつつ。
2015年12月13日 09:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
非常に細く、
片側が崖なので注意しつつ。
荒れております。
2015年12月13日 09:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れております。
ビニールテープの目印は初めてかも。
2015年12月13日 09:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビニールテープの目印は初めてかも。
真っ直ぐいきたいところですが、
ここは道標通り右側を下ります。
割と長めの階段による下りが続きます。
2015年12月13日 09:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ直ぐいきたいところですが、
ここは道標通り右側を下ります。
割と長めの階段による下りが続きます。
小さな沢に下り着きます。
ここを越えて林道へ。
2015年12月13日 09:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな沢に下り着きます。
ここを越えて林道へ。
1
の前に、手持ちでどこまでブレず撮れるか
しばしの遊び。
2015年12月13日 09:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
の前に、手持ちでどこまでブレず撮れるか
しばしの遊び。
1
この箇所のみ紅葉、
穴場ポイントかも。
林道を車でこられた方もいてはりました。
2015年12月13日 09:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この箇所のみ紅葉、
穴場ポイントかも。
林道を車でこられた方もいてはりました。
林道を行きます。
2015年12月13日 09:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を行きます。
1
しばらく行くと案内板。
冒険へ出ます。
2015年12月13日 09:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと案内板。
冒険へ出ます。
冒険の道は距離こそ短めですが
なかなかの登り応え。
まずは階段で一気に
2015年12月13日 09:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冒険の道は距離こそ短めですが
なかなかの登り応え。
まずは階段で一気に
1
「行き止まり」道標は珍しげ。
2015年12月13日 10:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「行き止まり」道標は珍しげ。
1
檜の森にさす日差し。
いつの間にか晴れてきているようで。
2015年12月13日 10:05撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜の森にさす日差し。
いつの間にか晴れてきているようで。
一個目の林道との交差。
2015年12月13日 10:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一個目の林道との交差。
1
二個目の林道との交差。
2015年12月13日 10:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二個目の林道との交差。
林道を巻きつつしばらく登ると
まもなく頂上です。
2015年12月13日 10:24撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を巻きつつしばらく登ると
まもなく頂上です。
展望台発見。
2015年12月13日 10:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台発見。
3
到達。
473.3M
2015年12月13日 10:28撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到達。
473.3M
1
三角点は展望台後ろの目立たぬ場所。
2015年12月13日 10:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は展望台後ろの目立たぬ場所。
2
【三上山展望台より】
南。
先程通った恭仁大橋に加茂の町。
貝ヶ平山など東大和の山々。
2015年12月13日 10:46撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三上山展望台より】
南。
先程通った恭仁大橋に加茂の町。
貝ヶ平山など東大和の山々。
3
【三上山展望台より】
南南西ワイド。
大和盆地をはじめ
四方とも近日までの雨の影響か
非常に靄がかかった状態。
2015年12月13日 10:46撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三上山展望台より】
南南西ワイド。
大和盆地をはじめ
四方とも近日までの雨の影響か
非常に靄がかかった状態。
2
【三上山展望台より】
南南西ズーム。
靄の上に頭を覗かせる葛城・金剛。
右奥のボンヤリは
先週登った岩湧山。
2015年12月13日 10:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三上山展望台より】
南南西ズーム。
靄の上に頭を覗かせる葛城・金剛。
右奥のボンヤリは
先週登った岩湧山。
2
【三上山展望台より】
南西。
学研都市の向こうの生駒山、
肉眼でもやっとぐらい…w
2015年12月13日 10:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三上山展望台より】
南西。
学研都市の向こうの生駒山、
肉眼でもやっとぐらい…w
2
【三上山展望台より】
西。
同志社キャンパス・甘南備山の向こうに
北河内・北摂地域。
石堂ヶ岡・箕面山ぐらいまでがギリギリ。
六甲は残念ながら見えず。
2015年12月13日 10:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三上山展望台より】
西。
同志社キャンパス・甘南備山の向こうに
北河内・北摂地域。
石堂ヶ岡・箕面山ぐらいまでがギリギリ。
六甲は残念ながら見えず。
2
【三上山展望台より】
北西。
なんとかあぶりだした
愛宕山・地蔵山。
2015年12月13日 11:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三上山展望台より】
北西。
なんとかあぶりだした
愛宕山・地蔵山。
【三上山展望台より】
北。
左にうっすら大比叡・四明獄。
比良は見えませんでした。
2015年12月13日 10:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三上山展望台より】
北。
左にうっすら大比叡・四明獄。
比良は見えませんでした。
【三上山展望台より】
北東。
北山の向こうに鷲峰山。
2015年12月13日 10:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三上山展望台より】
北東。
北山の向こうに鷲峰山。
山頂から西向きに下って道なりに。
一旦林道と合流。
2015年12月13日 11:28撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から西向きに下って道なりに。
一旦林道と合流。
1
プリプリの柿の実。
2015年12月13日 11:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プリプリの柿の実。
林道の左側に突如かいがけの道入口。
バイク避けを越えて行く。
2015年12月13日 11:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の左側に突如かいがけの道入口。
バイク避けを越えて行く。
そこそこの傾斜を
落ち葉に滑らぬよう速走で下りて行き
再び林道合流。
2015年12月13日 11:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこそこの傾斜を
落ち葉に滑らぬよう速走で下りて行き
再び林道合流。
ぼやっとしてたら見逃しかねない
再度山道への入口。
カーブミラー目印。
2015年12月13日 11:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぼやっとしてたら見逃しかねない
再度山道への入口。
カーブミラー目印。
緩やかな下りをスイスイ行くと
いつの間にか竹林だらけ。
2015年12月13日 12:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな下りをスイスイ行くと
いつの間にか竹林だらけ。
分岐が多くなってくる頃合。
とにかく下調べ通りに。
2015年12月13日 12:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐が多くなってくる頃合。
とにかく下調べ通りに。
車道との合流を右。
2015年12月13日 12:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道との合流を右。
少し行くと
脇から登り細道が。
そちらを行く。
2015年12月13日 12:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し行くと
脇から登り細道が。
そちらを行く。
1
下りルートで唯一間違えた分岐。
右が正解。
2015年12月13日 12:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りルートで唯一間違えた分岐。
右が正解。
墓地を越えて
里に下り立ちました。
2015年12月13日 12:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
墓地を越えて
里に下り立ちました。
赤獅子唐の栽培は
初見のような。
2015年12月13日 12:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤獅子唐の栽培は
初見のような。
棚倉駅到着。
この駅はかれこれ30年ぶりぐらい。
おつかれさま!!
2015年12月13日 12:41撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚倉駅到着。
この駅はかれこれ30年ぶりぐらい。
おつかれさま!!
2
訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 紅葉 地蔵 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ