ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 778779 全員に公開 フリークライミング奥秩父

二子山中央稜「ちょと待って、レイバック、レイバック」古いか…埼玉県小鹿野町

日程 2015年12月12日(土) [日帰り]
メンバー echigonogaku, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関越道花園ICから有料道路「皆野寄居道路」を経由すること。
国道299号を志賀峠方向に向かい山を登っていくと、右手に「民宿登人」があるので、その裏から林道を進むと、股峠の登山口がある。
股峠からアクセス路を西岳の南側沿いに進み、途中から右に曲り登ると、赤いドラム缶のある所が中央稜の取り付き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
0分
合計
3時間10分
S登山口13:5017:00登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回は核心の1P〜3Pのみ登る。
特に3Pはクラックをレイバックで登らなければならず、プロテクションも少なく、カムが必要
その後は、山頂稜線までルートはあるが、今回は股峠までアクセス路を移動して戻っている。
ここで打ち切る人も多いようだ。
詳しくは日本の100岩場関東編を参考にしてもらいたい。

装備

個人装備 グローブ 防寒着 行動食 ヘッドランプ 予備電池 ロープ クライミングシューズ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング セルフビレイランヤード カム
共同装備 ロープ

写真

東岳と西岳の間の股峠
林道から近い
2015年12月12日 14:02撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳と西岳の間の股峠
林道から近い
東岳が見える。
2015年12月12日 14:05撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳が見える。
股峠から中央稜までのアクセス路は一旦下り横移動した後、急な登り。
2015年12月12日 14:12撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
股峠から中央稜までのアクセス路は一旦下り横移動した後、急な登り。
中央稜の取り付き/
2015年12月12日 14:42撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜の取り付き/
中央稜は結構傾斜ある。
2015年12月12日 14:42撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜は結構傾斜ある。
2
1P(ピッチ)に取り付く
2015年12月12日 14:36撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1P(ピッチ)に取り付く
2
左手にはローソク岩が見える。
2015年12月12日 14:55撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手にはローソク岩が見える。
稜線が見える。
2015年12月12日 14:55撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見える。
正面に垂壁
2015年12月12日 14:55撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に垂壁
1
2Pは垂壁の左側から登る。
2015年12月12日 15:09撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2Pは垂壁の左側から登る。
2
振り返ると両神山が。
日が陰りつつある。
2015年12月12日 15:16撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると両神山が。
日が陰りつつある。
真下を見ると高度感がある。
2015年12月12日 15:56撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真下を見ると高度感がある。
3Pを登る。
正面の三角形の岩をレイバックで登る。
このレイバック、三角形の頂点辺りが難しい。
2015年12月12日 15:56撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3Pを登る。
正面の三角形の岩をレイバックで登る。
このレイバック、三角形の頂点辺りが難しい。
1
上から撮ってもらう。
今回は厳しかった。
2015年12月12日 16:14撮影 by N03C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から撮ってもらう。
今回は厳しかった。
1
大テラスに着く
2015年12月12日 16:25撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大テラスに着く
この上にもルートまであるが、1P〜3Pまでが核心
今回は、タイムオーバーでここまで。
2015年12月12日 16:26撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この上にもルートまであるが、1P〜3Pまでが核心
今回は、タイムオーバーでここまで。
1
大テラスから股峠まではトラバースで戻れる。
ただし、石を下に落とさないように注意
2015年12月12日 16:50撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大テラスから股峠まではトラバースで戻れる。
ただし、石を下に落とさないように注意

感想/記録

二子山中央稜に2回経験のあるKさんと登った。
筆者はオンサイト(初登)なので、今回はKさんのトップに甘えさせてもらった。
1P、2P共に傾斜は立ってはいるが、カバがあり岩が乾いていれば、登りやすい。
3Pはクラックが続き、レイバックで登らなければならない、
プロテクションも少なく、カムも必要だろう。
レイバックは得意ではない筆者には、このビッチは難しかった。
本チャンでスリップをしてしまった。
Kさんがトップをしてくれていたお陰で墜落せずにすんだ。
レイバックのトレーニングは今後の課題だ。
また機会があれば、再チャレンジして、「レイバックpart2」を果たしたい。
ちなみに、この語彙にピンと来た人は、筆者と同じ懐メロ世代です。
今回は登山口発が当初の予定より相当遅れてしまい、スタートがかなり遅かったので、3Pを終えてタイムオーバーで稜線まで行かず、トポ図にもあったアクセス路を移動して股峠に戻った。
エスケープルートから戻れるのも、二子山の岩場の魅力だろう。
訪問者数:428人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

エスケープルート 林道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ