ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 778824 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高岳(暴風テント泊)

日程 2015年12月10日(木) 〜 2015年12月12日(土)
メンバー ikimono1978, その他メンバー1人
天候くもり→雨(暴風)→大雨→雪→快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山者用無料駐車場使用(冬期)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間21分
休憩
0分
合計
1時間21分
S西穂高口(千石平)10:0610:34旧ボッカ道分岐11:27西穂山荘
2日目
山行
5時間6分
休憩
3時間23分
合計
8時間29分
西穂山荘04:2604:42西穂丸山04:4405:43西穂独標06:3206:56ピラミッドピーク07:1907:41チャンピオンピーク4峰07:4808:52西穂高岳10:2011:03チャンピオンピーク4峰11:0811:23ピラミッドピーク11:3411:50西穂独標11:5712:34西穂丸山12:42西穂山荘12:5312:55ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目は動いてないのでログはありません。山頂は3日目のログです。

写真

登山指導センター。
前回の槍ヶ岳から10日しか経っていませんがまたやってきました。本日は右俣には行かずロープウェイで西穂高岳へ。
2015年12月10日 08:53撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山指導センター。
前回の槍ヶ岳から10日しか経っていませんがまたやってきました。本日は右俣には行かずロープウェイで西穂高岳へ。
1
ロープウェイ西穂高口駅からの一枚
2015年12月10日 10:07撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ西穂高口駅からの一枚
平日にもかかわらずたくさんの観光客が
2015年12月10日 10:07撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日にもかかわらずたくさんの観光客が
西穂山荘までの樹林帯は小屋の方が設置してくれたであろう旗が至近距離でたくさん。
2015年12月10日 10:29撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘までの樹林帯は小屋の方が設置してくれたであろう旗が至近距離でたくさん。
西穂山荘前にテントを設営。翌日の12月11日が全国的に大荒れの天候になることは知っていますよ(汗)。今回の登山の目的の一つがこの荒天のテント泊です(汗)。ぽつん
2015年12月10日 15:13撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘前にテントを設営。翌日の12月11日が全国的に大荒れの天候になることは知っていますよ(汗)。今回の登山の目的の一つがこの荒天のテント泊です(汗)。ぽつん
1
嵐の前の静けさ。低気圧がジワジワと近づいてきます。
そして長い夜がやってきました。
風が生き物のように唸り続けた夜でした。
2015年12月10日 15:18撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嵐の前の静けさ。低気圧がジワジワと近づいてきます。
そして長い夜がやってきました。
風が生き物のように唸り続けた夜でした。
やっと夜が明けて朝が来ました。
早朝一瞬だけ青空が顔を出しましたがまた長い昼がやってきます。
2015年12月11日 08:32撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと夜が明けて朝が来ました。
早朝一瞬だけ青空が顔を出しましたがまた長い昼がやってきます。
竜巻のような風に家ごと飛ばされないように深夜にロープでテントを押さえつけた跡です(汗)
2015年12月11日 08:32撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜巻のような風に家ごと飛ばされないように深夜にロープでテントを押さえつけた跡です(汗)
4
そして雨が降り、雷が鳴り、どしゃ降りに。新穂高ロープウェイは一日運休。一人の登山者もいない西穂山荘で一時休憩させていただきました。
2015年12月11日 10:42撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして雨が降り、雷が鳴り、どしゃ降りに。新穂高ロープウェイは一日運休。一人の登山者もいない西穂山荘で一時休憩させていただきました。
1
クリスマスツリーが飾ってありました。
一日停滞でした。夕方以降雨は雪に変わりました。
2015年12月11日 10:43撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリスマスツリーが飾ってありました。
一日停滞でした。夕方以降雨は雪に変わりました。
2
最終日。4時30分頃西穂高岳山頂に向けて登山開始です。雪が降り続いています。
2015年12月12日 04:27撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終日。4時30分頃西穂高岳山頂に向けて登山開始です。雪が降り続いています。
3
独標です。旗が親切に等間隔に設置してあります。
2015年12月12日 06:07撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標です。旗が親切に等間隔に設置してあります。
2
遠くの空が赤らんできました。今日は高気圧ど真ん中の一日です。
2015年12月12日 06:07撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くの空が赤らんできました。今日は高気圧ど真ん中の一日です。
6
夜が明け快晴の一日が始まります。
前日は全国的に記録的な暖かい日だったようですが、その名残か気温が高めです。
2015年12月12日 07:02撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜が明け快晴の一日が始まります。
前日は全国的に記録的な暖かい日だったようですが、その名残か気温が高めです。
5
ピラミッドピーク通過。
2015年12月12日 07:14撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク通過。
2
奥に西穂高岳山頂が見えました。
2015年12月12日 07:14撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に西穂高岳山頂が見えました。
9
嵐に耐えたご褒美でしょうか。
2015年12月12日 07:15撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嵐に耐えたご褒美でしょうか。
10
西穂高岳山頂に到達しました。
2015年12月12日 09:33撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳山頂に到達しました。
3
西穂山荘に戻ってきました。ぽつんだったテント場が嘘みたいに賑やかなテント場に。
ロープウェイに乗って下山しました。
2015年12月12日 12:52撮影 by DMC-FT25, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘に戻ってきました。ぽつんだったテント場が嘘みたいに賑やかなテント場に。
ロープウェイに乗って下山しました。
4

感想/記録

今回の目的の冬の荒天のテント泊と、西穂高岳山頂の登頂が達成できました。
コースの状態ですが、雪に関しては、多いところ少ないところがあり、また、凍っているところ、緩んでいるところと変化が大きかったです。丸山・独標までは危険個所はありません。いつも登山を終えると忘れてしまいますが、独標から山頂側への下り、いくつかの急斜面を横切るトラバース・・・。緊張が強いられる箇所はいつも同じような気がする西穂高岳です。今回の核心は西穂高岳山頂直下で、夏道(のっぺりとした岩盤状を通過する道)を使ってみたのですが、薄く氷が張っており、危険と判断をして下山時はザイルによる懸垂降下で降りています。冬道がしっかりできればまた変わってくると思います。
訪問者数:722人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ