ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 778956 全員に公開 ハイキング近畿

千ヶ峰

日程 2015年12月13日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三谷登山口の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間47分
休憩
26分
合計
2時間13分
S三谷登山口10:1410:50三谷・岩座神分岐10:5211:17千ヶ峰11:3911:54三谷・岩座神分岐11:5612:27三谷登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

今日は播磨のお山へ。まず初めに目指す千ヶ峰には三谷コースから往復します。紅白に咲き競うサザンカが彩る登山口に掲げられているのは、
2015年12月13日 10:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は播磨のお山へ。まず初めに目指す千ヶ峰には三谷コースから往復します。紅白に咲き競うサザンカが彩る登山口に掲げられているのは、
やけに正確な「頂上まで2053m」を示す標識。どうやって測ったのでしょうか。
2015年12月13日 10:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やけに正確な「頂上まで2053m」を示す標識。どうやって測ったのでしょうか。
1
杉林の中を歩き始めると、ほどなく三谷渓谷に差し掛かり、渓流を見下ろしながら登ります。
2015年12月13日 10:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の中を歩き始めると、ほどなく三谷渓谷に差し掛かり、渓流を見下ろしながら登ります。
2
左岸から右岸に移ると、杉木立越しに雌滝が見えてきます。
2015年12月13日 10:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸から右岸に移ると、杉木立越しに雌滝が見えてきます。
1
さらに右岸から左岸に渡るところを直進し、雄滝に寄り道します。
2015年12月13日 10:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに右岸から左岸に渡るところを直進し、雄滝に寄り道します。
2
左岸を高巻き、雄滝を見下ろしながら先に進みます。
2015年12月13日 10:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸を高巻き、雄滝を見下ろしながら先に進みます。
1
渓流に寄り添いながら、落ち葉が敷き詰められた道を進み、
2015年12月13日 10:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流に寄り添いながら、落ち葉が敷き詰められた道を進み、
丸木橋を渡って再び右岸へ。
2015年12月13日 10:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸木橋を渡って再び右岸へ。
杉林の中に入ると、この先は急登が続きます。登山道のたもとには「あと842m」の標識。ということは、登山口からすでに1211m歩いてきたことになります。
2015年12月13日 10:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の中に入ると、この先は急登が続きます。登山道のたもとには「あと842m」の標識。ということは、登山口からすでに1211m歩いてきたことになります。
岩座神コースと合流すると、いったん傾斜は落ち着きますが、
2015年12月13日 10:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩座神コースと合流すると、いったん傾斜は落ち着きますが、
1
その後も緩急を繰り返しながら登り、
2015年12月13日 11:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も緩急を繰り返しながら登り、
1
ロープが張られた急斜面もあります。
2015年12月13日 11:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープが張られた急斜面もあります。
1
木々の背が低くなって笹原に飛び出すと、青空が見えてきました。
2015年12月13日 11:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の背が低くなって笹原に飛び出すと、青空が見えてきました。
2
千ヶ峰の頂上に到着します。南北に細長い頂上は見晴らしがよく、
2015年12月13日 11:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千ヶ峰の頂上に到着します。南北に細長い頂上は見晴らしがよく、
2
東方には篠ヶ峰、南にかけては杉原川の流域を見渡し、笠形山に続く尾根が伸びています。
2015年12月13日 11:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方には篠ヶ峰、南にかけては杉原川の流域を見渡し、笠形山に続く尾根が伸びています。
2
西方には段ヶ峰、北西方向には氷ノ山や但馬妙見山など但馬のお山を、北方には床尾連山や粟鹿山を望みます。
2015年12月13日 11:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方には段ヶ峰、北西方向には氷ノ山や但馬妙見山など但馬のお山を、北方には床尾連山や粟鹿山を望みます。
3
頂上でひと息ついたら、帰路は来た道を引き返します。植林帯を急降下して、
2015年12月13日 12:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上でひと息ついたら、帰路は来た道を引き返します。植林帯を急降下して、
三谷渓谷を進みます。
2015年12月13日 12:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三谷渓谷を進みます。
1
戻り着いた三谷登山口では、火消しリスさんが到着を待ってくれていました。続いては笠形山に向かいます。
2015年12月13日 12:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻り着いた三谷登山口では、火消しリスさんが到着を待ってくれていました。続いては笠形山に向かいます。
1
撮影機材:
訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ