ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779018 全員に公開 ハイキング奥秩父

釜ノ沢五峰(長若中学校前BS〜小鹿野警察前BS)

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー yamadora
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

秩父大神社
2015年11月29日 09:11撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父大神社
般若山法性寺山門から巡礼者を見下ろす般若面
2015年11月29日 09:19撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
般若山法性寺山門から巡礼者を見下ろす般若面
石灰岩の「お船」
2015年11月29日 09:50撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灰岩の「お船」
お船の船尾から秩父方面を眺める観世音菩薩
2015年11月29日 09:51撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お船の船尾から秩父方面を眺める観世音菩薩
青空に浮遊するかのよう
2015年11月29日 09:52撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に浮遊するかのよう
「お船」船首の鎖場の上には大日如来が祀られる
2015年11月29日 10:01撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「お船」船首の鎖場の上には大日如来が祀られる
亀ヶ岳と名付けられた岩峰
2015年11月29日 10:38撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀ヶ岳と名付けられた岩峰
展望台から長尾根と武甲山
2015年11月29日 10:39撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から長尾根と武甲山
三ノ峰頂上
2015年11月29日 11:37撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ峰頂上
五峰の先から両神山を望む
2015年11月29日 12:32撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五峰の先から両神山を望む
樅の大木
2015年11月29日 12:39撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樅の大木
鎖の間を下る兎岩
2015年11月29日 13:17撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖の間を下る兎岩
大日峠越えの巡礼道
2015年11月29日 14:11撮影 by P-03E, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日峠越えの巡礼道

感想/記録

山と渓谷社の分県ガイド「埼玉県の山」の改訂版を買ったところ、いくつか山の入れ替えがなされていて、その中で興味を抱いたのがNo.15の「般若山・釜ノ沢五峰」。地図を見ているだけでは、目につかない山だが、変化に富んだコースで面白そうだ。
西武秩父駅から小鹿野町営バスに乗り、長若中学校前で下車。民家が点在する舗装路を歩いていくと、右手に秩父大神社が現れる。さらに般若川沿いの道を進むと、般若山法性寺。山門には般若の面が掲げられている。本堂前で協力金として300円を払う必要がある。
観音堂から岩の間を通り、崖の上の仏を拝んで先に進むと、石灰岩の「お船」に出る。船尾には観世音菩薩、船首には大日如来の像が立つ。少しスリルも感じる岩上からの展望も素晴らしい。
第一鉄塔からは非常に滑りやすい道となり、注意が必要。第三鉄塔の辺りからは長尾根や武甲山の眺めがよい。亀が頭を擡げたような亀ヶ岳は奇観と呼べる。下りきったところが民宿の長若山荘。ここから、山荘で整備した釜ノ沢五峰への登山道に入る。
それほど労せずして五峰を巡ることができるが、文殊峠への道標に従うのみでは、巻き道でいくつかのピークを通過してしまうことになる。ピークに立つには、どの分岐も「鎖場」などと示される方に行くのが正解である。また、五峰の先は、鉄塔工事中で迂回路が示されているが、迂回路から尾根道へ復帰する道標はない。迂回路をそのまま辿ると布沢の集落に下りてしまうため、工事現場に沿って尾根に速やかに復帰するのが正解である。
兎岩分岐からは、「山と高原地図」のルートを離れて竜神山へ向かう。石灰岩が侵食された賽の洞窟を経て、鎖が張られた間を下る兎岩を通過する。林道に出て釜ノ沢沿いの道を行けば、長若山荘の前に戻ってくる。
さらに直進していくと、往路に通った法性寺への道にぶつかる。ここから、法性寺の前を直進し、大日峠越えの巡礼道を登っていく。薄暗い道だが、幅が広く歩きやすい。大日如来の像が立つ峠からは下り坂となり、沢をからめればやがて集落の中の舗装路に着く。しばらく歩けば小鹿野町役場前を通る往還のバス通りである。
訪問者数:133人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

鎖場 林道 巻き道 高原 道標 往還 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ