ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779064 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

まだ冬は来ないのか? 湖北-行市山

日程 2015年12月13日(日) [日帰り]
メンバー yo_yoneda
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道365号を北上し、今市で左折、毛受(めんじゅ)兄弟の墓に向かいます。毛受兄弟の墓のところに、駐車場が有ります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間33分
休憩
22分
合計
2時間55分
S毛受兄弟の墓13:0813:29仲之谷山砦跡13:3213:44林道出合14:01別所山砦跡14:0214:20行市山砦跡14:24行市山14:3114:33行市山砦跡14:3914:40行市山14:4215:37仲之谷山砦跡15:3915:48林谷山砦跡15:4916:03毛受兄弟の墓G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログで、行市山砦跡〜行市山が2回出ていますが、いったんピストンで戻りかかったところを、周回しようと戻ったためです。
コース状況/
危険箇所等
■登山口(毛受兄弟の墓)〜行市山山頂・・・メインルート
 とても整備された登山道です。広めの明るい道で、「山頂まで3,000m」の案内に始まり、山頂までずっと、「山頂までxm」の案内があります。
 湖北には珍しいような歩きやすい道で、整備されている方に感謝です。
 途中、2回林道出合があります。一つ目は、あと2,000mの辺りで、左に分岐があり、下ると林道。二つ目はそのあとで、登山道が階段になりそこを上がると林道です。林道を横切り登山道に戻ります。
■行市山山頂〜林道・・・サブルート
 下りで使いましたが、下ってすぐ笹ヤブです。はじめは踏み跡たどりましたが、そのうち、わからなくなりました。GPS頼りにヤブを突っ切り、なんとか薄い踏み跡に出ました。その踏み跡をたどっていくと、植林地の道になってきて(植林でススキとか刈り払ってありました)、GPSに載っているルートとは外れながらも、林道に降りることができました。
 林道から下りてきた道を振り返って見ても、登山道とか何の案内もありません。それなので、どうも登山道というより植林地の道と思われます。それなので、ログは参考にしないでください。
 林道を通って下り途中、本来の登山道を探しましたが、案内も無くわかりませんでした。(帰ってから、本を見ると林道分岐(=下っているから林道合流)の少し行った谷を登るとありました)
 林道の合流で、T字になっており、左の下り方面には案内は無く、右の登り方面にのみ登山口の案内があり、間違って、そっちに行ってしまいました。そっちの方面は、2個目の林道出合の案内でした。林道をクルマで上り、途中から登山道に入るにはこの案内にしたがっていくといいでしょう。しかし、林道を下ってくるひと向けではありません。戻って、少し行くと1個目の林道合流のところに出ました。

本や案内看板にサブルートで林道から山頂に行くようなことが書いてありますが、上記のような感じなので、お勧めしません。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

今市で国道から外れるとすぐ案内がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今市で国道から外れるとすぐ案内がありました。
2
毛受(めんじゅ)の森
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛受(めんじゅ)の森
2
毛受兄弟の墓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛受兄弟の墓
2
戦跡めぐり案内
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦跡めぐり案内
登山道は、獣よけの柵を外して入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は、獣よけの柵を外して入ります
明るい道に、適宜案内があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい道に、適宜案内があります。
2
史跡案内図。林谷山は後回しにしました。これにはちゃんと山頂から東に下る道がのっているのですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
史跡案内図。林谷山は後回しにしました。これにはちゃんと山頂から東に下る道がのっているのですが・・・
標高の低いところでは、まだ紅葉が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高の低いところでは、まだ紅葉が
2
しっかり案内板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかり案内板
三角点は大切に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は大切に
2
途中、開けたところで湖北の山が見える。正面は呉枯ノ峰。その向こうは、小谷山かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、開けたところで湖北の山が見える。正面は呉枯ノ峰。その向こうは、小谷山かな
1
真ん中は虎御前山。その向こう霞んでいるのは、横山丘陵。一番向こうは霊仙山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中は虎御前山。その向こう霞んでいるのは、横山丘陵。一番向こうは霊仙山
1
のこり2,000m。このあたりに1個目林道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のこり2,000m。このあたりに1個目林道分岐
登山道から林道が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から林道が見える
階段が出てくるので登ると林道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が出てくるので登ると林道。
1
林道横断し、また登山道へ入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道横断し、また登山道へ入ります
1
説明もちゃんとあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
説明もちゃんとあります。
1
横山岳が見えてきた。手前右が墓谷山、左に七七頭ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横山岳が見えてきた。手前右が墓谷山、左に七七頭ヶ岳
2
横山岳が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横山岳が見えてきた
2
枯葉のじゅうたん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯葉のじゅうたん
行市山砦に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行市山砦に到着
1
余呉トレイルのクマさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余呉トレイルのクマさん
3
行市山の三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行市山の三角点。
2
湖北の山が一望に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖北の山が一望に。
1
右奥が霊仙山、左奥伊吹山は雲かかっている、その右七尾山、その右手前小谷山、その左手前が呉枯ノ峰かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥が霊仙山、左奥伊吹山は雲かかっている、その右七尾山、その右手前小谷山、その左手前が呉枯ノ峰かな
2
奥が金糞岳・白倉岳で、右手がカナ山〜天吉寺山、ブンゲン・虎子山は見えてないかな。その手前が己高山かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥が金糞岳・白倉岳で、右手がカナ山〜天吉寺山、ブンゲン・虎子山は見えてないかな。その手前が己高山かな
2
左に横山岳、その右墓谷山、その手前が樹に隠れているが七七頭ヶ岳、真ん中奥が土倉岳でその奥が蕎麦粒山かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に横山岳、その右墓谷山、その手前が樹に隠れているが七七頭ヶ岳、真ん中奥が土倉岳でその奥が蕎麦粒山かな
2
伊吹山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山アップ
2
霊仙山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙山アップ
1
琵琶湖とその手前に山本山のこんもりが見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖とその手前に山本山のこんもりが見える
2
帰りは山頂から東に下り、林道へ下りる道を行ってみる。この選択がよろしくなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは山頂から東に下り、林道へ下りる道を行ってみる。この選択がよろしくなかった。
帰りは、はじめはきれいな道だか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは、はじめはきれいな道だか・・・
笹ヤブがかぶってきて道がわからなくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹ヤブがかぶってきて道がわからなくなる
道がわかんないが突っきってみる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道がわかんないが突っきってみる
1
かすかな踏み跡に出て進むと、ススキが刈り払われた植林地の道へ、その踏み跡をたどります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かすかな踏み跡に出て進むと、ススキが刈り払われた植林地の道へ、その踏み跡をたどります。
1
林道に出てきた。案内も何にも無い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出てきた。案内も何にも無い
林道まっすぐ来てT字路へ(振り返ってパチリ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道まっすぐ来てT字路へ(振り返ってパチリ)
1
右はこんなの
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右はこんなの
左には登山道の案内。そっちに行ってしまった=下山では間違い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左には登山道の案内。そっちに行ってしまった=下山では間違い
1
右を少し行くと登山道への道が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右を少し行くと登山道への道が
登山道案内が見えた。ここで復帰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道案内が見えた。ここで復帰
樹の陰に行市山全景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹の陰に行市山全景
1
帰り、林谷山砦跡に行ってみる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り、林谷山砦跡に行ってみる
もみじ。最後の一葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ。最後の一葉
1
木の葉のじゅうたんを下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の葉のじゅうたんを下る
1
気づかなかったが、杖がおいてあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気づかなかったが、杖がおいてあった。
1
帰りに、余呉湖に寄ってみる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに、余呉湖に寄ってみる
2
わかさぎ釣り?の人たち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかさぎ釣り?の人たち
1
マイクロバスで賤ヶ岳に来ていた人たちが整備体操していた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイクロバスで賤ヶ岳に来ていた人たちが整備体操していた。
1

感想/記録

休みに、昼から時間が取れたので、湖北の行市山に行ってきました。
分県・滋賀県の山に載っている湖北の山で、足を踏みいてれていなかった山です。
本を見る限り、そんなに時間もかからなそうだったため、昼からでも大丈夫かなと思い行ってきました。
登山道は、湖北の山にはあまり無いほど、整備された歩きやすい道で、案内たくさんで、道も広くきれいで気持ちよく登れました。山頂からは、湖北の山々が一望でき、展望がすばらしいです。北は横山岳から、南は霊仙山まで、山々が並んで見えるのは、感激しました。

その感激のまま登った道をピストンで折り返せばよかったのですが、欲を出して、周回して帰ろうと思ったのが間違いでした。
下りの林道への道は、案内看板にもちゃんとかいてある道なのですが、笹ヤブで道に迷うし、植林地で正規ルートを外れるし、林道分岐で反対がわに行きそうになるし・・・
まだまだ修行が足りないことを実感しました。
訪問者数:290人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ