ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779088 全員に公開 トレイルランアジア

The North Face Hong Kong 100

日程 2015年12月12日(土) 〜 2015年12月13日(日)
メンバー kennogu
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
MTR (Central-Tai Po Market), Green MIni Bus 20C (Tai Po Market-Tai Mei Tuk)
(帰りは逆。香港島中心部の中環から始発の地下鉄でスタート地点7:20着でした。受付の後ストレッチとトイレですぐにスタートの感じです。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
19時間41分
休憩
1時間36分
合計
21時間17分
STai Mei Tuk08:0009:13CP1 Wu Kau Tang 1 09:1610:43CP2 Wu Kau Tang 210:4813:10CP3 Luk Keng13:1815:19CP4 Hok Tau15:3317:51CP5 Fanling18:1120:21CP6 Shek Kong20:3622:59CP7 Tai Mo Shan23:1402:38CP8 Yuen Tun Ha02:4405:21CP9 Sha Lo Tung05:3108:41Tai Mei Tuk
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★大会概要★
名称:2015 The North Face 100 Hong Kong
カテゴリー:100kmと50kmの部があります。
累積標高:100kmの部は7260m
制限時間:100kmの部は27時間
完走率:61.6% (100kmの部は出走555名、完走342名)
UTMB Point: 4 point

★危険箇所★
ほとんどが整備されたハイキングコースだが一部に藪漕ぎの急登あり、手袋持参の方が良いです。片側が急斜面になっているトラバース道を通過する箇所があり、草が深いのであまり意識しないで谷側へ滑落の可能性あり。危ないので草刈り実施していました。また徒渉箇所が数カ所あり一度転倒しました。後続も転倒していたので疲労のピークでは要注意です。コース上に時折野生の牛が出てくるので角に注意。今回は脇で寝ていて危険な目には会いませんでした。日本人のランナーが二人蜂の軍団に刺されたようです。私もまとわりつかれて閉口しましたがストックで追い払い無事でした。
その他周辺情報★コース上の売店★
このレースはチェックポイント以外で補給、援助を受けることは禁止されていますがコース上の売店で物を購入することは許されています。途中町や村を通過する箇所があり飲み物や食べ物を購入している参加者もいました。

★トイレ★
各チェックポイントにはありますが離れている場合があるのでコース上で見つけたら入っておくと良いでしょう。結構頻繁で出てきます。ただし時々紙切れになっているので要注意。CP5では駅の反対のショッピングセンターの中まで行かないとありません。ここで大分時間をロスしました。なんでトレランのレースの途中でショッピングセンターのトイレに行くのか理解に苦しみますが。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
携帯電話 1
ヘッドランプ 2
行動食 2 ジェル、飴
レスキューシート 1
ゴミ袋 1
ボトル 2
レースナンバー 1
現金, オクトパスカード
救急キット 1
非常食 1
個人装備品
数量
備考
トレッキングポール 1
雨具上 1
ドライレイヤー 1 着用
シャツ 1 着用
トレイルパンツ 1 着用
ソックス 1 着用
ビーニー 2 着用
サンバイザー 1 着用
サングラス 1 着用
Drop Bag at CP4 1

写真

[7:34] 荷物預けの列。この辺はあまり効率的ではない。
2015年12月12日 07:34撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[7:34] 荷物預けの列。この辺はあまり効率的ではない。
[7:46] スタート前のゲート。
2015年12月12日 07:46撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[7:46] スタート前のゲート。
1
[7:46] 朝6時前に家を出たのでこれで補給しておきます。
2015年12月12日 07:46撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[7:46] 朝6時前に家を出たのでこれで補給しておきます。
2
[9:13] 第1CPで水を取り先を急ぐランナー。この辺ではまだ皆さんイケイケ。
2015年12月12日 09:13撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:13] 第1CPで水を取り先を急ぐランナー。この辺ではまだ皆さんイケイケ。
[10:48] 第2CP。群がるランナー達。
2015年12月12日 10:48撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:48] 第2CP。群がるランナー達。
[13:15] 第3CP。日本人はやっぱり米ですね。実態は持ち帰り寿司用の酢飯。
2015年12月12日 13:15撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:15] 第3CP。日本人はやっぱり米ですね。実態は持ち帰り寿司用の酢飯。
2
[13:15] 第3CPのMedical Tent。しっかりとした運営ですね。
2015年12月12日 13:15撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:15] 第3CPのMedical Tent。しっかりとした運営ですね。
時刻不詳、写真を撮影してFBにアップしてくれる方がたくさんいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時刻不詳、写真を撮影してFBにアップしてくれる方がたくさんいました。
2
これも時刻不詳ですが多分この辺。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも時刻不詳ですが多分この辺。
3
[17:54] 第5CPの後で先を行くランナー。ここから覚悟が試されます。
2015年12月12日 17:54撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[17:54] 第5CPの後で先を行くランナー。ここから覚悟が試されます。
[20:28] 第6CP。階段に座り込んで補給するランナー。
2015年12月12日 20:28撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[20:28] 第6CP。階段に座り込んで補給するランナー。
[23:05] 第7CP。ここは室内です。冷えきった体に暖かいコーンスープとオニギリで補給。サンドイッチは喉を通らなそうだったので諦めました。
2015年12月12日 23:05撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[23:05] 第7CP。ここは室内です。冷えきった体に暖かいコーンスープとオニギリで補給。サンドイッチは喉を通らなそうだったので諦めました。
[2:43] 第8CP。意識朦朧。こんな写真しか撮れない。
2015年12月13日 02:43撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[2:43] 第8CP。意識朦朧。こんな写真しか撮れない。
[5:25] 第9CP。何でしょう、この写真。もう精神が破たんしています。
2015年12月13日 05:25撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[5:25] 第9CP。何でしょう、この写真。もう精神が破たんしています。
[5:25] 第9CP。なんだよこれ?と思うかも知れませんが何も具が入っていないお粥です。塩味が利いて暖かくてこれほど美味いと感じたことはありませんでした。あとはゴールへなだれ込むのみ。
2015年12月13日 05:25撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[5:25] 第9CP。なんだよこれ?と思うかも知れませんが何も具が入っていないお粥です。塩味が利いて暖かくてこれほど美味いと感じたことはありませんでした。あとはゴールへなだれ込むのみ。
1
[9:00] そしていきなり完走メダル。このリボンの様子でゴール後の精神状態が判るでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[9:00] そしていきなり完走メダル。このリボンの様子でゴール後の精神状態が判るでしょうか。
2
[18:36] 祝杯はすき焼きで
2015年12月13日 18:36撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[18:36] 祝杯はすき焼きで
2
[18:46] ゴールしても昼間用事があり飲めなかった。夜になったのでようやく乾杯ビールだけど、1本しか飲めませんでした。
2015年12月13日 18:46撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[18:46] ゴールしても昼間用事があり飲めなかった。夜になったのでようやく乾杯ビールだけど、1本しか飲めませんでした。
1
[18:58] 参加賞のTシャツとサンバイザーと完走メダル。メダルに名前入れるサービスがあったそうです。知らなかった。
2015年12月13日 18:58撮影 by iPhone 4S, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[18:58] 参加賞のTシャツとサンバイザーと完走メダル。メダルに名前入れるサービスがあったそうです。知らなかった。
3
撮影機材:

感想/記録

★コース★
前回走った「HK168」という大会(ハーフの部88.5km)とほぼ被っています。違うのはスタート(ゴール)地点と距離が少し長い分遠回りしているところでしょうか。狭い香港で長いレースを行うとパターンが限られてきます。この大会はかなりテクニカルな部分があるのと後半に山場がくるのでメンタル的にはきついです。ひとつは藪漕ぎ。途中で「龍山」という山を通過しますがこれがとんでもない薮の急登。この部分はまだ午後遅い時間なので前を行く参加者が急坂を登っていくのが良く見えます。試走なしで参加するとここでかなりへこむことになります。次に「大刀刃」という山への登り。「Fanling」という町中のCPを通過して急な階段をいやという程登ると一旦下ります。そして更に再びいつ果てるとも判らない石段がやってきます。3番目は「大帽山」への急登。階段混じりの急登で標高差700m位を一気に上げます。4番目は「八仙嶺」という8つのピーク。過去何度かここを通って香港で一番美しいと言われる稜線と記述しましたが、これがとんでもない直登の階段地獄。各ピーク自体の標高差は大したことがないのですが90km以上走ってきた体には8つのピーク超えは相当にこたえます。最後にもう1つ。その8つのピークをこなして舗装道路へ出るとあらぬ方向へ誘導されます。あれっこのまま道路を走ってゴールじゃないの?とおもいきや最後にもう1つお楽しみの薮山が待ってました。げげっエレベーションチャートにそんなん無かったやん!と言っても後の祭り。もうゲップが出るほど満腹でゴールにたどり着きます。

★マーキング★
香港の他の大会に比べてマーキングはしっかりしており、また要所にはマーシャルが配置されていて方向を指示してくれるので迷うところはありませんでした。ただし夜間は濃いガスが出てきて香港最高峰の「大帽山」というところの林道(と言っても舗装道路ですが)を通過する場所で周囲が見えなくなりヘッドランプでセンターラインを照らしながら走りました。それでもときどき道をはずしてひやっとしました。友人の日本人のランナーがここでヘアピンカーブを曲がらずに崖に転落してリタイアしてます。あ〜恐ろしや。コースのほとんどを試走したこともあり、また2週間前に走った大会とコースがかなり重なっていたので余裕をもって走れました。

★チェックポイントでの補給★
他の大会に比べると段トツに良いです。予定されたものがきちんと出てくる上に食べやすいように配慮されています。特にありがたかったのはオニギリとお粥、写真でも撮りましたが日本人にとっては本当に力になります。オニギリと言っても多分業務用の寿司のシャリで少し酸っぱいのですが贅沢は言えません。またスタッフの数が多いし良く教育されているので対応が適切です。ランナーの気持ちになって本当に良くサポートしていただきました。加えてMedical Tentが設置されていて応急処置をしてもらうことができます。私はお世話になりませんでしたがマメや靴擦れ、脚が攣ってマッサージ、切ったりした所の処置等を受けていた参加者がたくさんいました。こうした体制は間違いなくこれまで参加した大会の中で一番充実していました。

★難易度★
香港ではメジャーな100kmの大会が4つありますが制限時間が厳しい割に累積標高が大きいので完走するという観点ではこれまでで一番きつく感じました。自分的には難しい順番に本大会>Translantau 100>Vibram HK100>Trail Walkerとなります。ただし上2つの観点からはきついながらも走り易い大会です。

★感想★
夜になって風が強く、ガスが出て気温が下がりつらいコンディションになりました。コース上ではあちこちに座り込んで休憩している参加者に出くわします。Are you OK?と尋ねるとI'am all rightと返ってきますが傍目には全然OKじゃない人がたくさんいました。またチェックポイントでは明らかにリタイアして眠りこけたり、帰り支度をするランナーが多いこと。気を抜くと自分もそっちサイドに誘惑されそうでCPはできるだけ短時間で出ました。最後の区間ではイマージェンシーシートにくるまってコース脇にゾンビのように転がっているランナーもいました。その意味ではかなりメンタルな部分を試される大会でした。長い距離のレースになればサポートなしで制限時間内にこなすのは不可能です。試走もさることながらこれまで培ってきた軽量化、カロリー・水分補給、歩き方のノウハウが役に立ちました。徒渉地点で転倒したときに声をかけていただいた前後のランナーやFacebookで励ましてくれた友人のランナー、そして何より各CPでサポートしてくれたボランティアの皆さんに感謝します。
訪問者数:354人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/15
投稿数: 311
2015/12/15 21:39
 完走おめでとうございます
なんだかんだ言っても、しっかり完走されてますね!
さすがです。
登録日: 2012/1/17
投稿数: 155
2015/12/16 13:26
 Re: 完走おめでとうございます
mnakanoさん、ありがとうございます。次回ご来港の際には風光明媚なコースを準備しておきます。でも春、夏はダメですよ。ぜひ気候の良い冬にお越し下さい。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ