ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779338 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

久々の黒岩谷西尾根 <有馬へ筆屋道を偵察>

日程 2015年12月13日(日) [日帰り]
メンバー notung
天候終日:曇時々晴 山上の気温10〜15℃ 微風 停滞時も寒さは殆ど感じず
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 : JR神戸線 摂津本山〜住吉 \130
    くるくるバス 住吉BS→エクセル東BS (所要約15分) \210
復路 : 神鉄有馬温泉〜有馬口〜谷上 →(北神急行)→地下鉄三ノ宮 \930
   JR神戸線 三ノ宮〜摂津本山 \180
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
1時間8分
合計
5時間43分
Sくるくるバス エクセル東BS07:5808:23五助堰堤08:39大平岩(右岸に徒渉)08:56住吉河原09:0409:37石畳回廊09:3909:59本庄橋跡10:13土樋割・黒岩谷西尾根の取付き10:36「走り松」10:3811:04西尾根終点11:07一軒茶屋11:21六甲山・最高峰(昼食休憩)12:0512:43魚屋道/筆屋道の分岐12:55谷道/展望デッキの分岐13:18瑞宝寺公園(靴下替え)13:3013:41銀の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
銀の湯−(0:08)−温泉街 14:26〜14:48
−(0:04)−神鉄有馬温泉駅 14:52

登高合計(エクセル東〜最高峰)
203min 3時間23分 純歩行 191min 3時間11分
下山合計(最高峰〜銀の湯)
96min 1時間36分 純歩行 84min 1時間24分
行動総計 299min 4時間59分 純歩行総計 275min 4時間35分
山行総計 343min 5時間43分
コース状況/
危険箇所等
○エクセル東〜五助堰堤〜住吉谷右岸線(下部)〜住吉河原
 いつも通り、五助から住吉河原まで右岸線(バリケード封鎖中)を歩行。
 大平岩の徒渉点に掛かる丸太橋はシッカリ健在でした。感謝です。
○住吉河原〜森林管理歩道(右岸線上部)〜本庄橋跡〜土樋割
 ところどころ藪っぽい所や小さな落石箇所もありましたが、歩行困難なし。
 終盤の大崩落地点は未だそのままの状態。すでに堆積土砂を乗り越えて進む
 明確な踏跡が出来ており、通過に際して特に危険は感じませんでした。
 >但、もう一回ドッと降れば、さすがにこのままでは済まないでしょうね・・
 魚屋道合流直前の笹藪もキレイに刈り払われていました。
○土樋割〜(黒岩谷西尾根)〜一軒茶屋〜最高峰
 黒岩谷西尾根はマイナールート(登山地図に記載無し)ではありますが、
 それなりに通行者は多い模様。踏跡も明確、一本道の急登を迷う心配なし。
 但、小さく岩登りをする箇所からすぐ上、以前から風化の進んだガレ場があり
 傾斜がキツいうえにコブシ大の石が散乱しているため、
 安易に足を運んで、注意を怠ると容易に石を落としてしまいます。
 とくに同行者や行き会わせたハイカーが周囲にいる場合は要警戒です。
 最後、突如現れる丸太階段を越えると(好展望箇所です)笹の尾根筋になって
 辿り着いた小広場から一軒茶屋まではすぐ。
 最高峰までの舗装道については今さら書くまでもありません。
○最高峰〜魚屋道〜筆屋道分岐
 登山道というよりも遊歩道。
 昨夏の崩落箇所が二箇所ありますが危険箇所なし。
○筆屋道〜(谷道)〜瑞宝寺公園
 「筆屋道は平成26年(去年)の11号台風の被害が復旧していない
  箇所があります」「注意」の掲示がありますが・・・
 要は通行止めではなく通行注意、ということで迷わず進入。
 分岐から下ってすぐ倒木が散乱していますが道筋は明瞭。
 下った堰堤の上で踏跡が紛れますが、ダムの右岸側へ横切ると
 すぐに明確な登山道が現れ、ダムを巻いて急下り。
 ここから10分ほどで新しい「谷道←→展望デッキ道」の分岐が現れ、
 谷道方向に進むとすぐ、瑞宝寺谷に掛かった立派な橋に出会います。
 これを渉ったところから、昨夏の台風で崩落〜埋もれてしまった
 かつての谷道(下流へのショートカット道)が復活していました!
 整備された皆様にこころから感謝申し上げます。
 >以前の徒渉箇所の20mほど上流を、この橋で渉る形になっています。
 >かなり大回りになってしまう展望デッキ経由ルートを当初予定していたため
 >このサプライズ(?)は実に嬉しかった。
 >「展望デッキは見飽きた」「瑞宝寺公園へ下るだけ」のハイカー諸兄には、
 >この「ショートカット谷道」をお勧めします。
○瑞宝寺公園〜銀の湯
 遅い盛りを迎えた表六甲とは違い、名物の紅葉はさすがに完全終了ずみ。
 公園は閑散としていました。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ウール混紡(厚手)肌着 防風ソフトシェル ダウン中間着(着用せず) サポートタイツ ソフトシェルパンツ トレラン用シューズ(走りませんが)
備考 持って行けば良かった=七味どうがらし

写真

0758 地味目の紅葉を眺めて出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0758 地味目の紅葉を眺めて出発
2
黒五山も可愛いパッチワーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒五山も可愛いパッチワーク
3
落ち残りの「紅一点」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち残りの「紅一点」
2
プチ木道を越えて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチ木道を越えて
2
五助堰堤上の力水「飲んでも大丈夫」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五助堰堤上の力水「飲んでも大丈夫」
2
住吉谷は「それなりの」紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉谷は「それなりの」紅葉
2
大平岩で右岸に徒渉。丸太橋にいつもの感謝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平岩で右岸に徒渉。丸太橋にいつもの感謝
2
この風景「奥入瀬もどき」と呼んでおります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この風景「奥入瀬もどき」と呼んでおります
2
流れの脇に・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れの脇に・・
1
陽が差してきましたよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が差してきましたよ
1
地味ながら青空に映えますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味ながら青空に映えますね
4
いかにも晩秋の山道を
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いかにも晩秋の山道を
1
青空を仰ぎながらゆっくりと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空を仰ぎながらゆっくりと
2
0937 石畳回廊で一服
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0937 石畳回廊で一服
1
例の崩落箇所も踏跡しっかり、楽々通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例の崩落箇所も踏跡しっかり、楽々通過
1
笹もキレイに刈り払われて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹もキレイに刈り払われて
1
ほどなく魚屋道に合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく魚屋道に合流
2
本庄橋跡へ・・おおッ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄橋跡へ・・おおッ!
4
一本だけ紅葉が生き残っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本だけ紅葉が生き残っていました
4
錦の絨毯を登りながら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錦の絨毯を登りながら
3
今年最後の?紅葉狩りです。
諦めていただけに嬉しい誤算
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年最後の?紅葉狩りです。
諦めていただけに嬉しい誤算
4
まだ堰堤内は浚渫中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ堰堤内は浚渫中
1
こーゆーのが気になる性分でして(笑)・・このお姐ちゃんはいったい何者だ?なんでJAPANなんだ?顔のペイントは?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こーゆーのが気になる性分でして(笑)・・このお姐ちゃんはいったい何者だ?なんでJAPANなんだ?顔のペイントは?
5
1013 土樋割。やって来ました「いのししマーク」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1013 土樋割。やって来ました「いのししマーク」
3
久々の黒岩谷西尾根をゆっくり楽しみます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々の黒岩谷西尾根をゆっくり楽しみます
3
このルート初めてと仰有る団体さんを、ここで抜かせて戴きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルート初めてと仰有る団体さんを、ここで抜かせて戴きました
2
右は蛇谷北山。左が石宝殿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は蛇谷北山。左が石宝殿
1
丸太階段を頑張ると好展望ですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太階段を頑張ると好展望ですが・・・
1
今日は残念、アキマセン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は残念、アキマセン
2
秋の名残と西お多福山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の名残と西お多福山
3
最高峰へ・・いいムード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰へ・・いいムード
1
うあ・・自撮り失敗ですワ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うあ・・自撮り失敗ですワ
6
袋入りどん兵衛でランチ・・・七味を忘れたのは痛恨事(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袋入りどん兵衛でランチ・・・七味を忘れたのは痛恨事(笑)
8
主稜線を縦に見下ろせるのはここだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線を縦に見下ろせるのはここだけ
2
魚屋道から荒れ気味と聞く筆屋道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道から荒れ気味と聞く筆屋道へ
1
要するに「通れる」ってことで?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要するに「通れる」ってことで?
1
のっけから倒木潜りですが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のっけから倒木潜りですが
1
踏み跡シッカリ、困難なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡シッカリ、困難なし
1
ここは堰堤の右岸側へ横切る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは堰堤の右岸側へ横切る
2
思いのほか荒れていない箇所も多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思いのほか荒れていない箇所も多い
1
瑞宝寺谷西尾根の取り付き地点を過ぎて・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞宝寺谷西尾根の取り付き地点を過ぎて・・
1
お?・・新たな分岐が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お?・・新たな分岐が
1
右は遠回りの展望デッキ。
ここは迷わず左へ進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は遠回りの展望デッキ。
ここは迷わず左へ進む
2
かつての徒渉箇所の上流に、立派な橋が架かっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かつての徒渉箇所の上流に、立派な橋が架かっていました
2
渉ったすぐ上にも凄い崩落跡が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渉ったすぐ上にも凄い崩落跡が
2
対岸は以前、大看板があったベンチ場ですが・・このアリサマです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸は以前、大看板があったベンチ場ですが・・このアリサマです
2
ここがかつての徒渉箇所。そのまま左岸を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがかつての徒渉箇所。そのまま左岸を進みます
1
荒れた箇所もありますが問題なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた箇所もありますが問題なし
1
面倒なので太鼓滝は「横から失礼」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面倒なので太鼓滝は「横から失礼」
1
最後、河原を横断すれば
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後、河原を横断すれば
2
1318 瑞宝寺公園に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1318 瑞宝寺公園に到着
2
また来るよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来るよ!
4
さすがに紅葉は一葉残らずサッパリ。ベンチで濡れた靴下を換えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに紅葉は一葉残らずサッパリ。ベンチで濡れた靴下を換えました
2
久々の銀泉でひとッ風呂あびて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々の銀泉でひとッ風呂あびて
2
グッと一杯!のあとは
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グッと一杯!のあとは
4
今日のオメアテ、いつもの定番。タマリマセン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のオメアテ、いつもの定番。タマリマセン
8

感想/記録
by notung

歳末を迎え、ようやく気分もスッキリ、体力検定もかねて
久々の黒岩谷西尾根を最高峰へ頑張りました。
帰路は復旧探索をかねて筆屋道へ。
瑞宝寺公園まで、展望デッキを経由すると優に10分はロスするのですが
ショートカットの「谷道」が復活していたのは本日のハイライト!
地道な整備にこころから感謝です。
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/22
投稿数: 1535
2015/12/16 23:17
 復活??
notungさんの繁忙期は過ぎたのか
2週連続ですね

工事現場のお姐ちゃんは、
サッカーのサポーターのつもりなんでしょうが
工事現場とサポーターが結びつきません
理解に苦しみますね
まだ所々晩秋の木々も見当たりますが季節は冬。
今年の氷瀑はどうでしょうかね〜
登録日: 2012/5/11
投稿数: 229
2015/12/17 10:37
 無理やりです・・
tamu-chanさん コメありがとう存じます
いやいや、いつまでグズっててもしょうがないので
無理クソでもいいから復活しなきゃ って感じです。
(小さな声で)実はウェイトがリミット越えそうな危機感もあり(後略)

なるほど、あれ、サッカーのサポーター「の、つもり」なんですね。疑問氷解。
でもなんで目をつぶってるんかな・・・(もぉええやろ!)
紅葉谷も上部は既に整備され「氷瀑いつでも来い状態」にはなっていますが
この異常暖冬では今季は厳しいかもしれませんね 

この記録に関連する本

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ