ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779395 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走十勝連峰

十勝岳(山頂モルゲンを目指して)

日程 2015年12月14日(月) [日帰り]
メンバー HANZO, その他メンバー1人
天候登り〜概ね晴れ、山頂はガス時々晴れ
下り〜快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
1時間26分
合計
7時間48分
Sスタート地点03:1203:44吹上温泉分岐04:21十勝岳避難小屋04:2205:17昭和火口05:1906:54十勝岳08:0908:58昭和火口09:14十勝岳避難小屋09:2211:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPS途中で電源入れ忘れたため、帰り避難小屋から望岳台まで一部ログ有りません。
コース状況/
危険箇所等
雪の状態も良く登りやすいです。避難小屋まではツボ足でも問題なし。
MSR Evo Ascentで最後まで登れました。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

暗闇の中をヘッドライトで進みます。
2015年12月14日 04:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗闇の中をヘッドライトで進みます。
2
肩からの景色 雲よ早く抜けてくれと思いながら最後の登りに取り掛かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩からの景色 雲よ早く抜けてくれと思いながら最後の登りに取り掛かります。
7
山頂到着時の状況
ガスの中>< 無念…。
太陽はたまにこれくらい見える程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着時の状況
ガスの中>< 無念…。
太陽はたまにこれくらい見える程度
11
山頂のエビのしっぽと太陽さん。
なんかライオンみたいですね^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のエビのしっぽと太陽さん。
なんかライオンみたいですね^^
25
一瞬の晴れ間をぬって撮れた景色。これで精一杯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬の晴れ間をぬって撮れた景色。これで精一杯
31
富良野岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富良野岳方面
19
陽がすっかり上がってからの富良野方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽がすっかり上がってからの富良野方面
17
美瑛岳は徐々に雲が抜けて行き始めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛岳は徐々に雲が抜けて行き始めました
11
富良野岳ジャイアント尾根をアップで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富良野岳ジャイアント尾根をアップで
7
美瑛岳がすっきり晴れてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛岳がすっきり晴れてくれました。
11
山頂は強風で寒くて辛かった。
写真のため、頑張って耐えてましたが1時間程度滞在で撤退><
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は強風で寒くて辛かった。
写真のため、頑張って耐えてましたが1時間程度滞在で撤退><
10
昭和火口付近から美瑛岳を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和火口付近から美瑛岳を望む
8
十勝岳から美瑛岳にかけて続く稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝岳から美瑛岳にかけて続く稜線。
4
美瑛岳何度見てもカッコイイ!!また見に来るよ〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛岳何度見てもカッコイイ!!また見に来るよ〜!
12

感想/記録
by HANZO

先週末に御来光登山で十勝岳に登られた方のレコを見て、こんな景色をファインダーに収めたいと思っていたところ、丁度休みに晴れの予報が^^
GPVで雲一つない予報。
これは行くしかないと思い、早速、同僚を誘って行くことに。
冬山登山はまだまだ初心者。
それに加えナイトハイクをするのはとても怖かったですが、何事も経験。
札幌近郊から車を走らせ、望岳台へ2時半に到着。
星空が広がっていて風も穏やか。
期待に胸が膨らみます。
スキーなども持ってきていましたが、検討した結果、今回はスノーシュー&アイゼンでの登山とすることに。
準備を整え、3時過ぎに早速出発!
丁度、私たちと同じタイミングでもう一ペアいて大変心強かったです。
真っ暗な中、ヘッデンを頼りに高度を上げていきます。
初めての冬の十勝岳でしたが、雪もしっかり締まっていて非常に歩きやすかったです。
夏道より障害が少なく、快適に避難小屋まで到達できました。
避難小屋から先は、所々クラストしてましたが、スノーシューの爪はしっかり雪面を捉えていたので問題なく登れました。
最後の肩の登りあたりで明るくなってきて、日の出時間が迫ってきました。
しかし、山頂を見るとガスの中…。
日の出時刻丁度くらいで山頂に着きましたが、ガスの中…。何も見えません。
しかし、ここまで来たので晴れるまで待ってやるとろう城を決意。
しっかりと防寒対策を整えます。

日の出から15分程度でやっと一瞬晴れ間が^^
すかさず景色をファインダー収め、またガスの中…。
そんな戦いを続けていると待っていてくれた相方が、寒さの限界…。
先に降りてもらい、避難小屋で合流することに
山頂に一人強風と寒さと戦いながら、景色を撮り続けました。
モルゲンロートを堪能することはできませんでしたが、日が上がり、雲も次第に晴れてきて、なんとか冬山らしい絵が撮れました。

なんだかんだで山頂で1時間程度滞在し、山頂から撤退することに、昭和火口付近まで下りるとすっかり風もなくなり、雲もなくなってきていました。
皆さん経験したことある「THE 降りると晴れる現象」です。
こんなことなら御来光狙いじゃない方が良かったんでは…。
と後悔しつつも、いつかまたリベンジしようと心に誓い、避難小屋まで戻ります。
小屋で待っていた相方と合流。先行者のペアも休憩されていて、色々楽しく話させてもらいました。

また、いつか快晴の御来光登山を夢見てリベンジしたいと思います。
http://photo-is-my-life.mods.jp/
訪問者数:475人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/11/7
投稿数: 55
2015/12/15 21:12
 すばらしい山写真、ご馳走様でした。
HANZOさん、こんにちは。
幻想的な山の写真、頂きました、こんな写真を見せられると
行きたくなっちゃいます〜ぅ。
登録日: 2013/6/21
投稿数: 4
2015/12/17 22:12
 コメントありがとうございます。
こんにちは!
好天に恵まれ白と青のコントラストに見とれながらの下山でした。
いつか金色に輝く十勝の山々をファインダーに収めたいと思います^^

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ