ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779737 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

伊吹山南尾根 上平寺〜弥高尾根〜直登

日程 2015年12月13日(日) [日帰り]
メンバー syuji1964, その他メンバー2人
天候曇のち晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上平寺駐車場を利用しました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
50分
合計
7時間0分
S上平寺07:0007:40京極氏遺跡07:5008:00弥高寺方面と山頂方面の分岐09:00スキー場方面へのトラバース地点09:50標高1150m地点10:0010:30伊吹山山頂11:0012:20スキー場から弥高尾根へのトラバース地点13:00弥高寺跡14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口に入山届ポストあり
後半は藪こぎあり
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
共同装備 GPS ツェルト
備考 同行者がGPSをもっていて後半でたびたび使用しました

写真

弥高尾根から伊吹山をのぞむ。900標高mを超えたあたり。ここまではルート明瞭で赤テープがしっかりついていましたが、この先は藪こぎで地図を読みながらの歩行です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥高尾根から伊吹山をのぞむ。900標高mを超えたあたり。ここまではルート明瞭で赤テープがしっかりついていましたが、この先は藪こぎで地図を読みながらの歩行です。
2
標高1000あたり。灌木に覆われた斜面の藪こぎをぬけたところです。ただこの藪こぎも、下草はかなりシカに食べられていて、割と歩きやすかったと思います。いたるところにシカのふん。ルートはありませんが獣道らしきものをたどって進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1000あたり。灌木に覆われた斜面の藪こぎをぬけたところです。ただこの藪こぎも、下草はかなりシカに食べられていて、割と歩きやすかったと思います。いたるところにシカのふん。ルートはありませんが獣道らしきものをたどって進みます。
2
高度を増して、東尾根がよく見えるようになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を増して、東尾根がよく見えるようになりました。
2
登ってきた弥高尾根方面をのぞむ。霊仙山から琵琶湖まで眺望がひらけて最高です。上野登山口からのルートでは味わえない景色が広がっていて感動です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた弥高尾根方面をのぞむ。霊仙山から琵琶湖まで眺望がひらけて最高です。上野登山口からのルートでは味わえない景色が広がっていて感動です。
7
上平寺の谷をバックに急登を登ります。このあたりは低灌木のガレ場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上平寺の谷をバックに急登を登ります。このあたりは低灌木のガレ場です。
3
尾根の上平寺谷側に岩が多く、スキー場側は草付きのような感じです。この時期は意外に歩きやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上平寺谷側に岩が多く、スキー場側は草付きのような感じです。この時期は意外に歩きやすいです。
5
のこり100mほどの登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のこり100mほどの登りです。
4
山頂から尾根の斜面を振り返りました。こうしてみると結構な斜度がありました。無雪期で足元に不安はないものの、谷側をのぞくとそれなりの高度を感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から尾根の斜面を振り返りました。こうしてみると結構な斜度がありました。無雪期で足元に不安はないものの、谷側をのぞくとそれなりの高度を感じます。
3
下山路で見つけたナメコの群生です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山路で見つけたナメコの群生です。
4
行者谷に立っていたブナの木。弥高尾根はこんなふうに下草はクマザサの広葉樹林です。たいへん気持ちの良いトレッキングコースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者谷に立っていたブナの木。弥高尾根はこんなふうに下草はクマザサの広葉樹林です。たいへん気持ちの良いトレッキングコースです。
3

感想/記録

登山時は、弥高尾根からスキー場へのトラバース地点まで行って、藪の状況等を見極めて、直登するかどうかを決めようという計画でした。季節的なものなのか、思ったより藪がひどくなく歩きやすいので、想定した時間より早く登ることができました。登り3.5時間でした。

このコースの標高900m以下のところは、道がはっきりしている快適なトレッキングコースでした。入山者が少ないのか自然が濃い印象を受けました。城跡や寺跡をめぐる楽しさもあります。

全体として尾根を歩いているため、上野登山口からのスキー場コースよりも展望がよく、高度を稼ぐにしたがってひらけてくるのがか格別でした。

9合目より上では植物保護エリアに少し足を踏み入れざるをえないので、要注意です。多くの方におすすめするコースではありませんが、伊吹山の一味違った魅力を発見できるルートです。
訪問者数:538人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ