ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779823 全員に公開 ハイキング丹沢

不動ノ峰南尾根と竜ヶ馬場南西尾根(箒杉沢基点)

日程 2015年12月16日(水) [日帰り]
メンバー tosh
天候晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間39分
休憩
32分
合計
9時間11分
S大倉バス停07:3008:49花立山荘08:5009:09塔ノ岳09:15不動の水09:1609:55箒杉沢10:1012:10不動ノ峰休憩所12:15不動ノ峰13:24箒杉沢13:3414:44竜ヶ馬場15:12塔ノ岳15:1515:29花立山荘15:3116:41大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎大金歩道(降り)
尊仏参りの古道。西丹沢頂稜河川土地名称図に大金歩道と書かれてます。1150m辺りで大金沢へ降る支尾根がありますが、沢に至るまで比較的新しいテープが常に目の届く範囲で数多くあります。

◎みやま新道(登り)
テープ類は何もありません。隣接する尾根を含め落石多く地図・コンパスを持たずにミスルートした時は致命的な結果になる可能性があります。(今回は先週取り付きミスした周辺の確認のみ)

◎不動ノ峰休憩舎南尾根(登り)
テープ類は何もありません。急坂ということを除けば明瞭な尾根筋に危険箇所はなく、登りやすいです。1500mを過ぎると気持ちのいい笹原に踏み後が現れますが、獣臭が強い鹿道で次第に尾根を外れトレースは無くなります。

◎不動ノ峰南尾根(降り)
テープ類はないに等しいです。いくつか支尾根があり1253m地点辺りからその数は多くなります。支尾根を使う場合、箒杉沢への下降地点を見極めるのに地図と高度をにらめっこです。

◎竜ヶ馬場南西尾根(登り)
テープ類はないに等しいです。取り付きは急で末端右(南面)からよじ登りました。尾根に乗ってしまえば急坂ということを除き、危険箇所はなく登りやすいです。1300〜1400m辺りで右(南面)に並行する支尾根を確認しました。降る時は注意が必要かもしれません。

装備

備考 先週、カーフはつけてましたがパンツを膝までまくって行動してたらダニにやられました。多分みやま新道だと思います。VRは鹿道が常に交錯してます。アザミに付いてたのかもしれませんが、ダニ対策で今週はロングゲイターを履きました。

写真

塔まで今週は休まず登れた。まだ脚が重いです。山頂は珍しく誰もいませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔まで今週は休まず登れた。まだ脚が重いです。山頂は珍しく誰もいませんでした。
3
不動の清水。先週より少し水量が多いかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動の清水。先週より少し水量が多いかな。
1
大金歩道にて。尾根は緩やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大金歩道にて。尾根は緩やか。
大金歩道より竜ヶ馬場沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大金歩道より竜ヶ馬場沢。
そして小金沢との出合。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして小金沢との出合。
2
後で降りてくる予定の不動ノ峰南尾根は目の前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後で降りてくる予定の不動ノ峰南尾根は目の前。
箒杉沢に出て、目視と地図の確認では支尾根も危険箇所はないように思われます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒杉沢に出て、目視と地図の確認では支尾根も危険箇所はないように思われます。
そして振り向くと竜ヶ馬場への取付き。はぁ〜...何これ。
最後はこの場所に戻ってきて登る予定。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして振り向くと竜ヶ馬場への取付き。はぁ〜...何これ。
最後はこの場所に戻ってきて登る予定。
作業道の痕跡を遺す林道に沿って上流へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道の痕跡を遺す林道に沿って上流へ。
着いた。2週連チャンなので地形が良く分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた。2週連チャンなので地形が良く分かります。
1
取付きの大きな岩場は超えました。で、ここまで。先週トラバースで合流した地点のまだ手前ですが、もういいっすか?もういいでしょこの先は。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付きの大きな岩場は超えました。で、ここまで。先週トラバースで合流した地点のまだ手前ですが、もういいっすか?もういいでしょこの先は。
1
さっさと不動ノ峰休憩舎南尾根へ。みやま新道に取付く前に撮っておきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっさと不動ノ峰休憩舎南尾根へ。みやま新道に取付く前に撮っておきました。
尾根に乗りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗りました。
降る南尾根を左(西面)に見ながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降る南尾根を左(西面)に見ながら。
南尾根の崩壊地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根の崩壊地。
1
丹沢山とその尾根、みやま新道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山とその尾根、みやま新道。
ん?突然気持ちのいい笹原に道が現れました。しばらく跡を追ってみますが、次第に獣臭が漂い始めます。鹿のトレースです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん?突然気持ちのいい笹原に道が現れました。しばらく跡を追ってみますが、次第に獣臭が漂い始めます。鹿のトレースです。
1
この平地は一段と獣臭がキツい。恐らく鹿の寝床で今さっきまでここにいて、こちらの気配で逃げたのでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この平地は一段と獣臭がキツい。恐らく鹿の寝床で今さっきまでここにいて、こちらの気配で逃げたのでしょう。
道は途切れ尾根を外したので、膝位の笹原を横切り復帰します。
この笹原も多くの鹿道が交錯してました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は途切れ尾根を外したので、膝位の笹原を横切り復帰します。
この笹原も多くの鹿道が交錯してました。
休憩舎に出ました。一人休憩してるので通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩舎に出ました。一人休憩してるので通過します。
主脈に合流。そして降る南尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈に合流。そして降る南尾根。
不動ノ峰、保護柵の脇から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰、保護柵の脇から。
こちらの尾根の方が展望良好。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの尾根の方が展望良好。
南尾根にて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根にて。
1253m地点。東南に支尾根があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1253m地点。東南に支尾根があります。
地図と高度を何度も見て左(南南東)の支尾根に舵を切りましたが、ハズレ。残念。正解はもう一本先でトラバースで乗り換えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図と高度を何度も見て左(南南東)の支尾根に舵を切りましたが、ハズレ。残念。正解はもう一本先でトラバースで乗り換えました。
箒杉沢への支尾根にて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒杉沢への支尾根にて。
1
見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました。
ほぼほぼ狙った着地点到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼほぼ狙った着地点到着。
正面に日高と竜ヶ馬場南西尾根。土管に座りちょっと休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に日高と竜ヶ馬場南西尾根。土管に座りちょっと休憩。
戻ってきました。はぁ〜...。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました。はぁ〜...。
乗りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗りました。
先ほど降ってきた不動ノ峰南尾根とその崩壊地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど降ってきた不動ノ峰南尾根とその崩壊地。
もうちょいだぜ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょいだぜ。
主脈に合流です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈に合流です。
1
主脈からの今日の基点、箒杉沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈からの今日の基点、箒杉沢。
塔に戻ってきました。誰もいません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔に戻ってきました。誰もいません。
1
だいぶ雲が降りてきた。12月とは思えない暖かさでしたが、夜から寒気が入るようです。ようやく冬らしくなるのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ雲が降りてきた。12月とは思えない暖かさでしたが、夜から寒気が入るようです。ようやく冬らしくなるのかな。
2

感想/記録
by tosh

先週みやま新道の取付きをミス。地図を確認しもう一度と思いましたが、地図をじっと眺めてると、箒杉沢を基点にした尾根歩きを繋げるられることに気づいたら、みやま新道リベンジの思いは薄くなりました。
せめて前回トラバースからみやま新道に乗った1150m辺りまでとも思いましたが、それすらも途中でどうでもよくなり、尾根には乗ったもののその手前で引き返すことにしました。また改めて訪れたいと思います。

平日の箒杉沢VRは誰にも会わない静かな山歩きとなりました。
恐らく年内最後の山行となりそうです。
宿題もためてしまってますので、来年もまた丹沢で遊ばせてください。
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ