ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 779982 全員に公開 沢登り丹沢

葛葉川水系 堂屋敷沢右俣

日程 2015年12月17日(木) [日帰り]
メンバー yasuo12(CL)
天候晴れ→下山時にポツリポツリと小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菜の花台駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

駐車場から三角山へ
2015年12月17日 08:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から三角山へ
梯子は2回ある
2015年12月17日 08:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子は2回ある
今回は林道からP668から西南に出ている尾根を利用して沢へ下降した。下部の堰堤はショートカットできた
堰堤には新田沢
2015年12月17日 09:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は林道からP668から西南に出ている尾根を利用して沢へ下降した。下部の堰堤はショートカットできた
堰堤には新田沢
1
堰堤の連続攻撃を過ぎるとJF4m滝 水流左から流芯に抜けるルートが簡単そうだが、3週間ぶりの沢でシャワークライミングに怖気づいて左から巻きました。
2015年12月17日 09:27撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の連続攻撃を過ぎるとJF4m滝 水流左から流芯に抜けるルートが簡単そうだが、3週間ぶりの沢でシャワークライミングに怖気づいて左から巻きました。
1
大岩左から抜ける
2015年12月17日 09:37撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩左から抜ける
二俣で水量比は3:1。これは今回遡行する右俣
2段4m滝で流芯から抜ける
2015年12月17日 09:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣で水量比は3:1。これは今回遡行する右俣
2段4m滝で流芯から抜ける
本流の左俣 こちらは少し難しいらしい
2級下だからまあソロで遡行できるギリギリの範囲
2015年12月17日 09:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流の左俣 こちらは少し難しいらしい
2級下だからまあソロで遡行できるギリギリの範囲
右俣に入り最初の2mCS CS左から
やや被り気味卦⁺
2015年12月17日 09:44撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣に入り最初の2mCS CS左から
やや被り気味卦⁺
2段7×10m 下段が卦⁺
水流左から取りつき流芯を抜ける。スタンスがやや細かい。ホールドはしっかりとしてる
2015年12月17日 09:46撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段7×10m 下段が卦⁺
水流左から取りつき流芯を抜ける。スタンスがやや細かい。ホールドはしっかりとしてる
下段2×5m、上段トイ状3.5m 卦⁺
ここはステミングで突破
2015年12月17日 09:56撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下段2×5m、上段トイ状3.5m 卦⁺
ここはステミングで突破
上から上段苔がやや悪い
2015年12月17日 09:59撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から上段苔がやや悪い
1
最後の二俣は右俣に入り急斜面をバイルで登り林道へ
2015年12月17日 10:19撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の二俣は右俣に入り急斜面をバイルで登り林道へ
撮影機材:

感想/記録

今日は葛葉川水系では一番難易度が高いと思われる堂屋敷沢の右俣

菜の花台から三角山を経由して林道から左岸尾根を下降して入渓地点よりやや上からの入渓。この流域はとにかく堰堤が多い。堰堤マニアではないのでできるだけパスしたい。
堰堤を越えるとJF4m滝が出てくる。3週間ぶりの沢&久しぶりの寒気ですっかりと弱虫になった軟弱者は左から巻いてしまう。滝はガバガバだけどね

二俣までは平凡な渓相で右俣に入ると2段4m滝とCS2m CSは被り気味で卦⁺
大きな滝が見えてくると2段7×10m 下段が卦⁺
水流左から取りつき流芯を抜ける。スタンスがやや細かい。ホールドはしっかりとしてる
その上下段2×5m、上段トイ状3.5m 卦⁺ここはステミングで突破
最後の二俣は右へ進み急斜面をバイルで登り表丹沢林道へ

子供が帰宅早いので昼飯を嫁さんに頼まれてたので今日はショート沢
下山後に西から来た雨雲によりポツポツと降り出す
それにしても第二東名トンネル工事の音は凄い
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ