ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780039 全員に公開 講習/トレーニング京都・北摂

石清水八幡宮

日程 2015年12月17日(木) [日帰り]
メンバー olddreamer
天候晴れ かなり強い風
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
0分
合計
3時間30分
Sスタート地点11:0014:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
中間は省きました
コース状況/
危険箇所等
サイクリングロード 一般道

写真

出発まもなく愛宕山を見ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発まもなく愛宕山を見ます
4
桂川左岸のサイクリングロードに乗っかります
いつのと違って今日は下流に向かって歩きます
三川合流点より2キロのポスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桂川左岸のサイクリングロードに乗っかります
いつのと違って今日は下流に向かって歩きます
三川合流点より2キロのポスト
4
鵜の団体さんです
揃って休憩中のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鵜の団体さんです
揃って休憩中のようです
5
隣にはサギが数羽
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣にはサギが数羽
4
合流点より1キロのポスト
桂川、宇治川、木津川が1キロ先で一緒になり淀川になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点より1キロのポスト
桂川、宇治川、木津川が1キロ先で一緒になり淀川になります
4
目的地の石清水八幡宮は左のピークにあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的地の石清水八幡宮は左のピークにあります
3
宇治川を渡り終えるとすぐに木津川を越えます
御幸橋の石柱 付け替え前の古い橋に使われていたものをそのまま使っています
「ごかうはし」と彫られています
旧仮名遣いの時代のものです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇治川を渡り終えるとすぐに木津川を越えます
御幸橋の石柱 付け替え前の古い橋に使われていたものをそのまま使っています
「ごかうはし」と彫られています
旧仮名遣いの時代のものです
2
御幸橋から下流側を見ると右岸に桜並木が続いています背割り堤と呼ばれています
花見時には大賑わいになります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御幸橋から下流側を見ると右岸に桜並木が続いています背割り堤と呼ばれています
花見時には大賑わいになります
4
帽子が飛ばされそうになる寒風の中、水につかりながら測量されています
ポールと巻き尺?を使って尺取虫方式で進んでいました
ご苦労様です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帽子が飛ばされそうになる寒風の中、水につかりながら測量されています
ポールと巻き尺?を使って尺取虫方式で進んでいました
ご苦労様です
4
川を渡り終えると次は京阪電車の線路を超えます
すぐ右が八幡駅です
駅から八幡宮までケーブルカーが運行されています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を渡り終えると次は京阪電車の線路を超えます
すぐ右が八幡駅です
駅から八幡宮までケーブルカーが運行されています
2
撮り鉄に変身!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮り鉄に変身!
3
一の鳥居前です
立て看板は 十の建物が国宝に指定されるというお知らせです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居前です
立て看板は 十の建物が国宝に指定されるというお知らせです
2
一の鳥居の扁額
八幡宮の八は鳩になっています
一方はくちばしを閉じています もう一方は開いています 狛犬のように阿吽になっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居の扁額
八幡宮の八は鳩になっています
一方はくちばしを閉じています もう一方は開いています 狛犬のように阿吽になっています
7
案内図です
山上の本殿には表参道と裏参道があるようです
しばらく思案の後裏参道に決めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内図です
山上の本殿には表参道と裏参道があるようです
しばらく思案の後裏参道に決めました
3
こんな石段が九十九折れになっています
結構な勾配です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな石段が九十九折れになっています
結構な勾配です
3
ほぼ山上の展望台にきました
手前は八幡市 遠景は京都市
中央の稜線に花背の中継塔が見えました
直線距離で32劼△蠅泙
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ山上の展望台にきました
手前は八幡市 遠景は京都市
中央の稜線に花背の中継塔が見えました
直線距離で32劼△蠅泙
2
比叡山です
左肩奥に横高山さらに奥に皆子山?(まだ同定していません)
各ピークの前後関係が良く分かります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比叡山です
左肩奥に横高山さらに奥に皆子山?(まだ同定していません)
各ピークの前後関係が良く分かります
4
谷崎潤一郎の碑がありました
ここで数人の女性が大きな声でお話をされていたので早々に退散しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷崎潤一郎の碑がありました
ここで数人の女性が大きな声でお話をされていたので早々に退散しました
3
本殿に回る途中、ケーブルカーの山上駅に寄りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本殿に回る途中、ケーブルカーの山上駅に寄りました
2
トーマスエジソンのモニュメントです
白熱電灯のフィラメントにここ八幡の竹が使われたことを記念しています
逆光のうえエジソンの横顔レリーフが光って訳の分からない状態になりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーマスエジソンのモニュメントです
白熱電灯のフィラメントにここ八幡の竹が使われたことを記念しています
逆光のうえエジソンの横顔レリーフが光って訳の分からない状態になりました
3
いよいよ本殿
この門をくぐって・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ本殿
この門をくぐって・・
2
本殿の東北の隅です
三角形に切り欠かれています
横の立て札によると鬼門の役割をしているということです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本殿の東北の隅です
三角形に切り欠かれています
横の立て札によると鬼門の役割をしているということです
4
本殿の西北側に宝物殿がありました
校倉造りです 江戸中期の建造ということです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本殿の西北側に宝物殿がありました
校倉造りです 江戸中期の建造ということです
4
こんな引き戸がありました
右に手をかける穴が見えますが左にも金具の取っ手が付いています
どちらに開けるのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな引き戸がありました
右に手をかける穴が見えますが左にも金具の取っ手が付いています
どちらに開けるのかな?
3
京都の酒屋さんが集合しています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都の酒屋さんが集合しています
4
帰りは表参道を使いました
落ち葉がいっぱいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは表参道を使いました
落ち葉がいっぱいです
2
ちょっと寄り道をします
松花堂跡です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと寄り道をします
松花堂跡です
2
流れ落ちる水を取り込んだ庭のある家が見えました
手入れはされていません
手入れをすると素敵な庭になるでしょうに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れ落ちる水を取り込んだ庭のある家が見えました
手入れはされていません
手入れをすると素敵な庭になるでしょうに
4
町に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町に出ました
2
帰路ビルの壁面に飛行神社と大きな看板が見えました
話に聞いていましたがこんなところにあるとは思っていませんでした
また寄り道です
模型のカラス飛行機を作った 二宮忠八氏の次男がここに創建されたとか 宮司さんのお話を伺いました 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路ビルの壁面に飛行神社と大きな看板が見えました
話に聞いていましたがこんなところにあるとは思っていませんでした
また寄り道です
模型のカラス飛行機を作った 二宮忠八氏の次男がここに創建されたとか 宮司さんのお話を伺いました 
2
F-104戦闘機のエンジンがガラスケースに収まっています
ガラスが光ったり大きすぎたり写すのが難しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F-104戦闘機のエンジンがガラスケースに収まっています
ガラスが光ったり大きすぎたり写すのが難しい
6
ゼロ戦のエンジン
大阪湾で底引き漁の網にかかって上がったものだそうです プロペラが曲がっているのは事故で墜落したのでしょうか 折れずに曲がっているのはジュラルミン製かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゼロ戦のエンジン
大阪湾で底引き漁の網にかかって上がったものだそうです プロペラが曲がっているのは事故で墜落したのでしょうか 折れずに曲がっているのはジュラルミン製かな
5
帰り道は宇治川の堤防です
愛宕山に雲のカーテンがかかっています
ひょっとしたら雪かも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道は宇治川の堤防です
愛宕山に雲のカーテンがかかっています
ひょっとしたら雪かも
2
京阪電車宇治川橋梁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京阪電車宇治川橋梁
4
サイクリングロードのポストの起点は三川合流点ですが
これは河口が起点になていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サイクリングロードのポストの起点は三川合流点ですが
これは河口が起点になていました
3

感想/記録

いつもの散歩のつもりでした
数日前にテレビで石清水八幡宮を写していました それを思い出して今日は八幡さんに行ってみることにしました
風が強く堤防の上はアゲインストで帽子が飛ばされそうなくらいでした

西隣の鳩ケ峰(142m)にも足を延ばすつもりでしが、用があって時間切れになりました
いろいろ珍しいものを見たので満足でした
訪問者数:251人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/2
投稿数: 3459
2015/12/17 22:31
 興味深いコース!
こんばんは!
興味深い?コースですね。
文学、科学、交通、家相、色々な物があるんですね。
驚きです。
エジソン電球の竹(フィラメント)が京都の竹とは知っていましたが、ここでしたか!
ゼロ戦の栄エンジンも展示とは、更にビックリです。
もし、ここを歩いたら…、
何をしているのか分からなくなる自分を、想像してしまいました。
登録日: 2012/6/25
投稿数: 1639
2015/12/17 22:53
 Re: 興味深いコース!
こんばんわ ringo-yaさん

偶然見つけた飛行神社が一番面白かったです
八幡市にあることは聞いていましたがこんなところとはちょっと驚きでした
よく近くを車で通っていたものですから

モミジも終わり北のほうの混雑もなくなっているでしょうから次あたりからいつものところに出かけようかと思っています
登録日: 2012/11/30
投稿数: 2558
2015/12/18 7:30
 観光モデルコース
おはようございます

見所満載の充実したコースですね〜
特にringo-yaさんの興味を引くものがそこここに在ります
途中のケーブルカーは観光客(参拝者)用なのでしょうか?
山上の住人用では無いような気がしますが経営は成り立つのでしょうか??

「航空神社」は知っていましたが「飛行神社」は初耳でした

楽しい散策コースですね〜
お疲れ様〜  
登録日: 2012/6/25
投稿数: 1639
2015/12/18 10:26
 Re: 観光モデルコース
おはようございます mumさん
ゴメンナサイ 訂正があります
私が見たのは 飛行神社 です  コメントは航空神社になっていました
訂正します

私が見たときはケーブルカーには乗客はいませんでした
頂上近くまで車道が通じているので車利用が多いのではないかと思います

確かにringo-yaさんを意識して写すことがありますね
mumさんを意識して三色の葉っぱを見つけようとしています この度もきれいな黄色と形の葉がありましたが赤や白がありませんでした

いろいろ寄り道の多いトレーニングでした

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ