ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780311 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

アイゼン確認 日光湯元から前白根

日程 2015年12月18日(金) [日帰り]
メンバー LadyM
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
1時間11分
合計
8時間18分
S湯元温泉バス停09:0609:16湯元温泉登山口09:1709:57堰堤・分岐12:02外山鞍部12:0312:51天狗平12:5213:35前白根山14:16天狗平14:36外山鞍部14:3716:06湯元温泉登山口16:13湖畔前バス停17:2017:21金精道路ゲート17:22湯滝17:23湯滝入り口バス停17:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湯元スキー場は全く雪無し オープン未定
登山口も雪は無く枝が張りガレの上に薄雪が凍っている 
外山鞍部近くでやっと雪が出るがモナカ雪状態で下は凍っている
外山分岐から雪が出てくる
天狗平から雪が吹きだまり、踏み抜くと腿、まで埋まる
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

湯元スキー場 ここまで雪がないとは!!!
2015年12月18日 09:19撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯元スキー場 ここまで雪がないとは!!!
雪はなくとも青空に白根が覗く
2015年12月18日 09:21撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はなくとも青空に白根が覗く
登り口付近 枝が張り出し、ガレが多く、雪の下は凍っている
2015年12月18日 10:23撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り口付近 枝が張り出し、ガレが多く、雪の下は凍っている
外山鞍部直下でやっと雪が
2015年12月18日 11:15撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外山鞍部直下でやっと雪が
外山分岐からの尾根
2015年12月18日 12:10撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外山分岐からの尾根
天狗平から前白根の稜線に登る箇所は雪がたっぷりで踏み外すと腿まで沈む
2015年12月18日 12:54撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平から前白根の稜線に登る箇所は雪がたっぷりで踏み外すと腿まで沈む
1
男体山に雪無し
2015年12月18日 14:04撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山に雪無し
1
天狗平への下降 ワカンが欲しい程雪がある
2015年12月18日 14:04撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平への下降 ワカンが欲しい程雪がある
撮影機材:

感想/記録
by LadyM

 今回は何回も外れてしまうのでアイゼンを買い換えたため、靴とのかみ合わせの確認のため出かけた。アイゼンを試すためあえて枝と石ガレにめげながら往復したが外山分岐からはモナカ雪になった。天狗平では雪が結構あり、前白根への登りは踏み外すと腿まで潜った。前白根かたは澄み切った碧空をバックに奥白根、白根隠山から皇海山まで続く尾根が漣漣と連なる。雪のない男体山一家を見ながら下山。
 頑張って下までアイゼンをつけていたので外した時は緊張から解放されストックを置き忘れてしまった。バスに乗ってから気がつきバスを降りて探しに戻ったが、地面にまだら薄雪で見つからず痛恨のミス!

 アイゼン(ワンタッチ)は昨年購入したが何回も外れ、店で見てもらったら締めを強くすればよいとのこと。しかし強く閉めても先から外れ(右のみ)自力で外れない程逆に靴の受けの方が型が付いてしまった。今度はベテランの店員が見て、左右の靴の形状が変わり、アイゼンの穴一つ長さが違っていることがわかった。結局アイゼンを替えることしかなく、靴先のとまりがピッタリのためセミワンタッチを選ぶしかなかった。前爪で蹴り込んだ時の心配があったが今回はその機会が無く確認できなかった。自分で用具の選定やメンテが怪しい私のレベルの方は、ベテランの信頼できる店員の方に見てもらうべきだと痛感。
 それにしても近郊でたっぷりな(そこそこの)雪山歩きはいつできるのだろう?!


訪問者数:662人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン ストック 鞍部 セミ ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ