ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780351 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳

日程 2015年12月12日(土) 〜 2015年12月13日(日)
メンバー wangeller
天候1日目 晴れ  2日目 わずかに降雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち35%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間27分
休憩
1時間13分
合計
5時間40分
S八ヶ岳山荘08:2409:20やまのこ村09:22赤岳山荘09:34美濃戸山荘10:39堰堤広場10:4012:11赤岳鉱泉13:2013:28大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:2913:43ジョウゴ沢13:4413:49大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:5014:04赤岳鉱泉
2日目
山行
7時間2分
休憩
2時間33分
合計
9時間35分
赤岳鉱泉06:2206:56行者小屋06:5708:33文三郎尾根分岐08:3609:18赤岳09:2109:23赤岳頂上山荘09:2409:44赤岳天望荘09:4509:50地蔵の頭09:5110:33行者小屋10:45中山尾根展望台11:01赤岳鉱泉13:0014:02堰堤広場14:1214:55美濃戸山荘15:0915:16赤岳山荘15:16やまのこ村15:57八ヶ岳山荘15:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

大同心に迎えられる。
2015年12月12日 11:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心に迎えられる。
快晴の阿弥陀岳
2015年12月12日 14:12撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の阿弥陀岳
赤岳鉱泉はクライマーのメッカだった!9割くらいはクライマーで占められていたと思われる。となりのテントの2人パーティは裏同心ルンゼを登ったそう。刺激を受けました!
2015年12月12日 14:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉はクライマーのメッカだった!9割くらいはクライマーで占められていたと思われる。となりのテントの2人パーティは裏同心ルンゼを登ったそう。刺激を受けました!
ここで最初の一本。アイゼンを着ける。
2015年12月13日 07:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで最初の一本。アイゼンを着ける。
主稜線を北へ下降します。
2015年12月13日 09:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線を北へ下降します。
1
地蔵尾根を下る。
2015年12月13日 09:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を下る。
我がベースキャンプ。撤収して下山。美濃戸口までの3時間はキツかった。歩荷能力の向上に努めます。雪山縦走にはとてつもない体力が求められるのが良くわかりました。
2015年12月13日 11:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我がベースキャンプ。撤収して下山。美濃戸口までの3時間はキツかった。歩荷能力の向上に努めます。雪山縦走にはとてつもない体力が求められるのが良くわかりました。
1
撮影機材:

感想/記録

雪山2年目。昨季はガイド講習を受けながら、地元鈴鹿を中心に日帰りで雪山に登った。
今期は雑誌の影響もあり、厳冬期の赤岳に通い「本格的雪山登山」の習得を志すこととした。

目標
・厳冬期の南八ヶ岳の稜線を経験して雪山技術を獲得する
・雪上テント泊を経験して生活技術を獲得する

無雪期に南八ヶ岳へ行ったことは無かったが、直前のルート情報では暖冬で積雪も少なく、降っては解ける状況とのことだったので、厳冬期への偵察とアイゼンの足慣らしとして計画を実行した。

予定通り8時に美濃戸口に着き、8時30分歩き始める。林道で車に幾度と追い越され自分も赤岳山荘まで車で上がれば良かったと、重いザックに負けそうになりながら後悔する。
赤岳山荘の駐車場を横目に見ながら歩き続けるが、流石に疲れ堰堤広場の少し手前の作業小屋前で最初の一本。
堰堤を越え北沢ルートから登山道となる。雪は無いが、凍結している箇所があり、あぶない。
重いザックを呪いながら一歩ずつ沢筋を進むと突如正面に大同心であろう岩峰に目を奪われる。
やっと着いた赤岳鉱泉。ベースキャンプ設営が完了したのが予定より約1時間遅れ。当日、硫黄岳登頂を計画していたが、時間切れである。
しかし、まだ時刻は1時20分。稜線まで上がってみようとテントを出る。
ジョウゴ沢を越え尾根へ取付くが、時間が遅くなる不安感が先立ち、本日は休養にあてることとしてベースへ戻る。

こうなったらゆっくり楽しもうと思い、小屋でビールとおでんを頂き、温かい食堂でまったりする。旨い。テントに帰りごろ寝を決め込む。
外で歓声が上がるので、テントから顔をだすと、夕日に照らされた阿弥陀岳が美しい。担ぎ上げたバーボンを舐めながらアーベントロートのショーを鑑賞する。なんという幸福。

飯も食い、やることもないのでシュラフに入り浅い眠りにつく。9時頃目が覚め、空を見ると満天の星空。星座図鑑にそのまま書き写せるかのような。

翌朝。
4時起床。朝方フライシートをたたいていた音は降雪だったと知る。お湯を沸かし、朝食を食べ6時に外へ出る。6時20分ヘッデンを点けて歩き始める。
すぐに払暁となる。行者小屋には何張りもテントが張られていた。止まらず通過。文三郎道へ進む。
7時30分、最初の一本。暑くなったのでフリースを脱ぎ、アイゼンを着ける。
しばらく進むと樹林帯を抜け、階段の連続。階段のメッシュにツァッケを引っ掛けないよう注意して登る。風が強くなり、体が冷える。
赤岳の南面頂上直下に取り付くと岩と氷のミックス。足がかり、手がかりを考えながら攀じ登る。
9時15分、赤岳登頂。後続のパーティーに写真を撮ってもらう。
風が強く、視界も悪いのですぐに下山。一刻も早く安全地帯へ逃げることだけを考える。
お地蔵様にご挨拶をして地蔵尾根を降りる。また階段。斜度が強いところはクライムダウン。
行者小屋が見えほっとしてそのまま赤岳鉱泉へ帰着。11時丁度。
ナイスクライミング。現在振り返ると緊張感をもって夢中で登って降りたと改めて感じる。
まだまだ厳冬期とは言えない条件ではあったが、森林限界を超えた稜線の厳しさを体感した。
また冬が進んだ頃また挑戦したい。

訪問者数:121人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ