ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780613 全員に公開 ハイキング近畿

千ケ峰〜うっすら雪化粧と霧氷

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー 39ISA
天候くもりのち一時晴れ間
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三谷登山口駐車場(約20台ぐらい収容可能)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
50分
合計
4時間38分
S三谷登山口09:2210:12三谷・岩座神分岐10:1510:43千ヶ峰10:5511:36市原峠12:0512:54千ヶ峰13:0013:17三谷・岩座神分岐14:00三谷登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
わかりやすいコース。
三谷登山口から沢沿いの登山道には数か所岩が露出しているところがあり、濡れている時はすべらないように少し慎重にこなす必要があります。
また、沢をはずれたあたりから岩座神コースとの出合まではしばらく尾根沿いの急登となります。
千ケ峰山頂から市原峠までは晴れていたら快適な稜線歩きが楽しめます。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

三谷登山口をスタート
2015年12月19日 09:23撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三谷登山口をスタート
沢沿いの道を登っていきます。奥は雄滝
2015年12月19日 09:37撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道を登っていきます。奥は雄滝
沢を外れてから急登の尾根道となる。
2015年12月19日 10:01撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を外れてから急登の尾根道となる。
2
千ケ峰山頂手前。ガスってます。
2015年12月19日 10:43撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千ケ峰山頂手前。ガスってます。
3
うっすら雪化粧の千ケ峰山頂
2015年12月19日 10:48撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすら雪化粧の千ケ峰山頂
5
山頂から市原峠方面の縦走路。風が強い。ススキに雪がついてススキらしくなっています。
2015年12月19日 10:55撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から市原峠方面の縦走路。風が強い。ススキに雪がついてススキらしくなっています。
2
市原峠へ向かう途中。両脇を霧氷に囲まれ、来たかいがあったと思う瞬間です。
2015年12月19日 11:00撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市原峠へ向かう途中。両脇を霧氷に囲まれ、来たかいがあったと思う瞬間です。
7
まだ、ガスってます。
2015年12月19日 11:04撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、ガスってます。
3
風が強く、ガスを追いやってくれ、段々と視界が開けてきます。
2015年12月19日 11:05撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強く、ガスを追いやってくれ、段々と視界が開けてきます。
3
このあたりからは視界もはっきり。モノトーンの世界から抜け、色が出てきました。
2015年12月19日 11:08撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからは視界もはっきり。モノトーンの世界から抜け、色が出てきました。
1
雲の間から日差し
2015年12月19日 11:12撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の間から日差し
3
振り返って千ケ峰山頂にまとう霧氷
2015年12月19日 11:16撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って千ケ峰山頂にまとう霧氷
2
千ケ峰。山頂は何かこの場所と世界が違うような雰囲気です。
2015年12月19日 11:26撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千ケ峰。山頂は何かこの場所と世界が違うような雰囲気です。
1
市原峠の東屋の休憩スペース。風もなく落ち着いて昼食ができた。
2015年12月19日 11:36撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市原峠の東屋の休憩スペース。風もなく落ち着いて昼食ができた。
晴れ間が大きくなってきた。(市原峠より)
2015年12月19日 11:50撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れ間が大きくなってきた。(市原峠より)
また、引き返します。千ケ峰。美しい山容です。
2015年12月19日 12:16撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、引き返します。千ケ峰。美しい山容です。
4
南に瀬戸内海が遠望できました。写真にはありませんが明石海峡大橋と淡路島も。
2015年12月19日 12:33撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南に瀬戸内海が遠望できました。写真にはありませんが明石海峡大橋と淡路島も。
4
千ケ峰への復路から市原峠方面を振り返って
2015年12月19日 12:44撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千ケ峰への復路から市原峠方面を振り返って
6
霧氷のトンネル
2015年12月19日 12:47撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷のトンネル
6
千ケ峰を引き立てる霧氷
2015年12月19日 12:48撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千ケ峰を引き立てる霧氷
4
またに山方面を振り返って
2015年12月19日 12:50撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またに山方面を振り返って
1
もうすぐ本日2度目の千ケ峰山頂。午前中とは違い視界良好
2015年12月19日 12:52撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ本日2度目の千ケ峰山頂。午前中とは違い視界良好
1
笠形山方面への仙人ハイク縦走コース。木々についた雪を強い風が飛ばしています。
2015年12月19日 12:55撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠形山方面への仙人ハイク縦走コース。木々についた雪を強い風が飛ばしています。
2
さあ、下山です。
2015年12月19日 12:57撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、下山です。
2
名残の1枚
2015年12月19日 12:57撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残の1枚
8
三谷登山口の駐車場に到着
2015年12月19日 13:59撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三谷登山口の駐車場に到着
1
撮影機材:

感想/記録
by 39ISA

 昨日、おとといの寒波から、霧氷を期待して自宅からもそんなに遠くない千ケ峰に行ってみた。
 千ケ峰はどうしても秋のススキの時期か冬の時期に登ることになってしまうが、今回も何とか霧氷を見ることができた。

 登山口へのアプローチからは千ケ峰はガスで見えなかったし、三谷登山口に到着してもあまり寒くなく、また雪も風も全くなく、少し不安な気持ちでスタートしたが、岩座神コースとの合流地点付近から高度を上げるに連れて、登山道脇にうっすらと雪があらわれ、周りの木々にも雪が着きはじめ、何となく期待できそうな気持ちで山頂に到着。晴れていたら360度の展望が楽しめるが、ガスっていて展望が全くきかない。しかし、風が強くとても冷たい。

 周りは見えないが、霧氷の絶好の条件ということで、早々に市原峠への稜線を下っていく。ガスで鮮やかではないが、すぐに霧氷が目に入ってくる。ほどなく強い風がガスをはらってくれ、視界も開けてくると、霧氷の絨毯がはっきりとしてきた。
 短い霧氷のトンネルと北播磨の山々の展望を楽しみながら、市原峠に到着。

 市原峠からの折り返しは天気もさらに回復し、晴れ間も出て往路よりも楽しめた山歩きとなった。
訪問者数:237人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ ガス 急登 出合 東屋 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ