ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780675 全員に公開 ハイキング関東

奥久慈男体山【西金駅→奥久慈男体山→袋田の滝→袋田駅】

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー SuSE
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
2時間1分
合計
8時間11分
S西金駅10:3811:39古分屋敷峠駐車場11:43大円地駐車場11:49一般・健脚コース分岐11:5212:48奥久慈男体山13:4515:29第二展望台15:3015:40第一展望台(後山・鍋転山)15:4316:11月居山16:1416:40袋田の滝17:3418:07見返り橋町営無料駐車場18:49袋田駅18:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

■写真1 - 西金駅
都内から乗換案内ではじき出されるのは…10:21着。
無人につきSuicaで来てしまうと精算が面倒です。
2015年12月19日 10:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真1 - 西金駅
都内から乗換案内ではじき出されるのは…10:21着。
無人につきSuicaで来てしまうと精算が面倒です。
■写真2
ウォームアップを兼ねて舗装路を1時間歩きます。
標高が低いところでも風が冷たく感じる日でした。
2015年12月19日 10:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真2
ウォームアップを兼ねて舗装路を1時間歩きます。
標高が低いところでも風が冷たく感じる日でした。
■写真3
弘法堂との分岐の辺りから、正面に奥久慈男体山。
この辺りでは奥久慈を省略して「男体山」と呼ぶみたいです。
2015年12月19日 11:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真3
弘法堂との分岐の辺りから、正面に奥久慈男体山。
この辺りでは奥久慈を省略して「男体山」と呼ぶみたいです。
■写真4
しかしまぁ、見事に屹立しています。
ここを直登とか、悪い冗談にしか見えません。
2015年12月19日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真4
しかしまぁ、見事に屹立しています。
ここを直登とか、悪い冗談にしか見えません。
■写真5 - 大円地山荘
そんな奥久慈男体山の麓には山荘と名のつく蕎麦屋。
車で周回するプランだと、いい休憩所になりそう。
2015年12月19日 11:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真5 - 大円地山荘
そんな奥久慈男体山の麓には山荘と名のつく蕎麦屋。
車で周回するプランだと、いい休憩所になりそう。
■写真6
登山道に入って、すぐにコースの分岐があります。
鎖場を未経験なら健脚コースは避けたいところ。
2015年12月19日 11:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真6
登山道に入って、すぐにコースの分岐があります。
鎖場を未経験なら健脚コースは避けたいところ。
■写真7
展望のない樹林帯を、黙々と登ります。
処理されていなければ、この辺りに猪の死骸があるので注意。
2015年12月19日 11:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真7
展望のない樹林帯を、黙々と登ります。
処理されていなければ、この辺りに猪の死骸があるので注意。
■写真8
さっそく第一鎖場が現れました。
ちょっと過保護な気もしますが、序盤はこんなもん。
2015年12月19日 12:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真8
さっそく第一鎖場が現れました。
ちょっと過保護な気もしますが、序盤はこんなもん。
■写真9
少しずつ難易度は上がってきますが、三点支持でいけます。
微妙な勾配で、四つん這いで登る感じ?
2015年12月19日 12:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真9
少しずつ難易度は上がってきますが、三点支持でいけます。
微妙な勾配で、四つん這いで登る感じ?
■写真10
色んな意味で難易度の高い隙間くぐり。
見た目より狭く、ザックの両側を擦りながら通過します。
2015年12月19日 12:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真10
色んな意味で難易度の高い隙間くぐり。
見た目より狭く、ザックの両側を擦りながら通過します。
■写真11
山頂が近付くにつれ、ホールドが減り難易度が上がります。
写真で見ると二足歩行できそうなくらいの勾配ですが…。
2015年12月19日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真11
山頂が近付くにつれ、ホールドが減り難易度が上がります。
写真で見ると二足歩行できそうなくらいの勾配ですが…。
■写真12
山頂よりも、やや西側の稜線に出てきました。
左が袋田へ、右が山頂へと至ります。
2015年12月19日 12:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真12
山頂よりも、やや西側の稜線に出てきました。
左が袋田へ、右が山頂へと至ります。
■写真13 - 奥久慈男体山
休憩されていた人がいるので、俯瞰写真は割愛で。
山頂部分は広く、収容人数は多いほうです。
2015年12月19日 12:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真13 - 奥久慈男体山
休憩されていた人がいるので、俯瞰写真は割愛で。
山頂部分は広く、収容人数は多いほうです。
■写真14 - 奥久慈男体山
山頂には男体神社の奥院である祠もあります。
柵の外側を周回できますが滑落には注意を。
2015年12月19日 12:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真14 - 奥久慈男体山
山頂には男体神社の奥院である祠もあります。
柵の外側を周回できますが滑落には注意を。
■写真15 - 奥久慈男体山
平野部の向こう側には日光連山。
薄目ながらも存在感は大きいあたり、流石です。
2015年12月19日 13:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真15 - 奥久慈男体山
平野部の向こう側には日光連山。
薄目ながらも存在感は大きいあたり、流石です。
■写真16 - 奥久慈男体山
南方の眺望。
654mの低山とは感じさせないほど見渡せます。
2015年12月19日 13:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真16 - 奥久慈男体山
南方の眺望。
654mの低山とは感じさせないほど見渡せます。
■写真17
山頂でランチして袋田へと縦走しましょう。
健脚コースのと分岐にある東屋。
2015年12月19日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真17
山頂でランチして袋田へと縦走しましょう。
健脚コースのと分岐にある東屋。
■写真18
北風が寒いけど、気持ちの良い稜線歩き。
踏み跡も明瞭で、よく歩かれていることが伺えます。
2015年12月19日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真18
北風が寒いけど、気持ちの良い稜線歩き。
踏み跡も明瞭で、よく歩かれていることが伺えます。
■写真19
何かの植物の綿毛。
ケサランパサランの正体とも。
2015年12月19日 14:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真19
何かの植物の綿毛。
ケサランパサランの正体とも。
■写真20
奥久慈のウノタワを大きく迂回します。
北進を止め、大きく反時計回りを描く辺り。
2015年12月19日 14:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真20
奥久慈のウノタワを大きく迂回します。
北進を止め、大きく反時計回りを描く辺り。
■写真21
露岩部分は全て階段状に削られています。
濡れて滑りやすい所もあるので慎重に。
2015年12月19日 14:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真21
露岩部分は全て階段状に削られています。
濡れて滑りやすい所もあるので慎重に。
■写真22
ガツンと谷底まで降りてからの登り返し。
白木山への分岐を過ぎると、稜線ともお別れです。
2015年12月19日 14:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真22
ガツンと谷底まで降りてからの登り返し。
白木山への分岐を過ぎると、稜線ともお別れです。
■写真23
第二展望台なる開けた場所より。
障害物がないので日没は遅めに感じます。
2015年12月19日 15:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真23
第二展望台なる開けた場所より。
障害物がないので日没は遅めに感じます。
■写真24
少し歩いて第一展望台より。
地図では鍋転山や後山と表記された場所。
2015年12月19日 15:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真24
少し歩いて第一展望台より。
地図では鍋転山や後山と表記された場所。
■写真25
驚いたことに、ツツジらしき花が咲いていました。
さすがに花期も終盤を迎え、残すところ僅かの状態です。
2015年12月19日 15:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真25
驚いたことに、ツツジらしき花が咲いていました。
さすがに花期も終盤を迎え、残すところ僅かの状態です。
■写真26
月居城跡の登り返しが地味にキツい…。
落ち葉でトレースが薄くなりますが、直登で大丈夫です。
2015年12月19日 16:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真26
月居城跡の登り返しが地味にキツい…。
落ち葉でトレースが薄くなりますが、直登で大丈夫です。
■写真27
休憩がてら、歩いてきた南方を振り返り。
奥久慈男体山の姿は、すっかり見えなくなっていました。
2015年12月19日 16:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真27
休憩がてら、歩いてきた南方を振り返り。
奥久慈男体山の姿は、すっかり見えなくなっていました。
■写真28
間もなく日没を迎えます。
足元が見えなくなる前に急いで下山せねば。
2015年12月19日 16:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真28
間もなく日没を迎えます。
足元が見えなくなる前に急いで下山せねば。
■写真29 - 月居城跡
山頂は城を構えるには疑問の狭さ。
一段下がった広場に建てられていたのでしょうか。
2015年12月19日 16:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真29 - 月居城跡
山頂は城を構えるには疑問の狭さ。
一段下がった広場に建てられていたのでしょうか。
■写真30
鞍部にあった寺の鐘つき堂シルエット。
体力的にしんどければ、滝本方面に下山すると楽だと思います。
2015年12月19日 16:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真30
鞍部にあった寺の鐘つき堂シルエット。
体力的にしんどければ、滝本方面に下山すると楽だと思います。
■写真31
どうして登り返すし。
しかも階段で太ももが悲鳴を上げます。
2015年12月19日 16:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真31
どうして登り返すし。
しかも階段で太ももが悲鳴を上げます。
■写真32
何にもない落胆ピークからの階段降り。
ちなみに降りきるまで断続的に続きます。
2015年12月19日 16:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真32
何にもない落胆ピークからの階段降り。
ちなみに降りきるまで断続的に続きます。
■写真33
こんなにしんどいなら、滝本に降りればよかった…。
と後悔していると美しい袋田の滝の上部。前言撤回です。
2015年12月19日 16:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真33
こんなにしんどいなら、滝本に降りればよかった…。
と後悔していると美しい袋田の滝の上部。前言撤回です。
■写真34
吊橋の脇に降りてきました。
下山はここで完了し、袋田の滝を観光します。
2015年12月19日 16:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真34
吊橋の脇に降りてきました。
下山はここで完了し、袋田の滝を観光します。
1
■写真35 - 袋田の滝
日本三名瀑にノミネートされる袋田の滝。
残念な感じなのは冬で水量が少ないから?
2015年12月19日 17:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真35 - 袋田の滝
日本三名瀑にノミネートされる袋田の滝。
残念な感じなのは冬で水量が少ないから?
■写真36 - 袋田の滝
エレベータで上部の展望台にワープします。
岩肌が目立つのは、やはり水量不足だからか。
2015年12月19日 17:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真36 - 袋田の滝
エレベータで上部の展望台にワープします。
岩肌が目立つのは、やはり水量不足だからか。
1
■写真37 - 袋田の滝
冬が深まり、氷瀑になればライトアップは更に美しくなるでしょう。
今年は臨時バスの運行は無いようで、駅まで歩いて帰ります。
2015年12月19日 17:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真37 - 袋田の滝
冬が深まり、氷瀑になればライトアップは更に美しくなるでしょう。
今年は臨時バスの運行は無いようで、駅まで歩いて帰ります。
1
■写真38 - 袋田駅
途中のcocoストアで酒と肴を調達してきました。
駅前は絶望的なほど真っ暗で何もありません。
2015年12月19日 18:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真38 - 袋田駅
途中のcocoストアで酒と肴を調達してきました。
駅前は絶望的なほど真っ暗で何もありません。
撮影機材:

感想/記録
by SuSE

晴れの週末、テント担いで奥多摩でも行こうとするも寒そうで断念。
自分、軟弱者ですから。

日帰り低山狙いでレコを漁っていたら、奥久慈男体山とな。なるほど。
山名は知っていたけど、山と高原地図には未掲載のエリアだったので盲点でした。

低山ながら多くの鎖場があり、袋田の滝まで縦走できる興味深い山。
雪が降る前に、一度くらいは登ってみることに。


■西金駅→奥久慈男体山
都内の自宅からでは、どう頑張っても西金駅に10:21着となってしまいます。
計画上は日没前に下山できるのですが、余裕がなく少し不安を抱えての歩き出しに。

大円地の駐車場まで、黙々と1時間ほど舗装路を歩きます。
途中、親切な車の方に声を掛けて貰いましたが、レコ記録中なので丁重にお断り。

アプローチ中は要所に指導標が設置され、迷うことはありません。
大円地山荘の脇から登山道に入り、やっとハイク開始に漕ぎ着けました。

歩き始めてすぐに、健脚コースと一般コースの分岐が現れます。
健脚というと長い縦走路のイメージですが、ここでは直登の鎖場を指すようです。

ならば健脚コースしかないでしょう!
と意気込むも、直後に現れた猪の亡骸にビビる始末。

鎖場は序盤は楽勝ながら、進むにつれて難易度を増していきます。
鎖を使わずに登れるか試したところ、ホールドが潤沢なお陰で最初から最後まで登れました。
ただ、鎖の支柱は頻繁に使いました。

越えても越えても現れる鎖場をやっつけて、山頂より西側の稜線に出ます。
ここには大きめの東屋があり、展望を見ながらランチも出来ますね。

あとは山頂まで一息です。晴天時の眺望は低山とは思えないほどの絶景。
360度パノラマとまでは行かなくても、日光連山まで見渡せる視界の広さはあります。


■奥久慈男体山→袋田の滝→袋田駅
殆どの方が大円地に車を停めての周回ルートのようです。
山と高原地図に慣れてしまうと、未記載エリアは緊張します。

袋田の滝への縦走路は、1/25,000地図では色んなルートが交錯すれども実際は影も形もなく。
特に中間部分は絶望的なので、エスケープルートは実質ありません。

下り基調の鼻歌ルートかと思いきや、ガッツリと登り返しが何度となく現れて体力を奪います。
なので思うように時間短縮ができず、袋田の滝までたっぷり3時間かかってしまいました。

特にラスト、月寄山からの階段登り降りは体力的にも精神的にもキますわ。
でも、頑張った分だけ袋田の滝の上部を見ることができて、少しラッキーです。

帰り途中に袋田の滝のライトアップに立ち寄りますが、んー思ったより貧相な感じ。
冬だから水量が乏しいのか?日本三名瀑とは思えない謙虚さでした。

今年は駅までの臨時バスは運行していないらしく、トボトボ歩きます。
途中の商店で酒と肴を購入し、長い帰路に備えます。
水郡線は運行本数が少ないので、ご利用は計画的に。
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/2
投稿数: 963
2015/12/21 23:30
 袋田の滝〜袋田駅 の路 お店なくて、残念ですね、
SuSEさん こんばんは〜 、お邪魔いたします
私も 昨年 SuSEさんと 同じようなコースを歩きました。
やはり 山と高原地図がない中歩きました。
案外駅でもらったガイドマップが良かったりしました。
袋田の滝までの アップダウンも結構ありますよね。
そのあとしっかり私は 滝までの道間違えて引き返す羽目になりましたが。。
袋田の滝→袋田駅は 結構ありますね、
私など途中温泉 (思い出 浪漫館さん)によりましたが それでも 長い道のりがあった記憶があります。
袋田駅の前には食べるとこ ありませんが 酒屋さんが 一件ありました。私の時は まだ開いていてそこで燃料補給ができました。
登録日: 2012/1/8
投稿数: 107
2015/12/25 0:15
 Re: 袋田の滝〜袋田駅 の路 お店なくて、残念ですね、
tsuiさん、こんにちは。

また物好きなところを歩かれてますね
そう言えば駅舎にパンフレットがありましたね。手厚いですよね。
自分は大子町観光協会が公開してるコースマップをプリントアウトして行きました。
http://www.daigo-kanko.jp/wp-content/themes/daigokan/image/hiking/pdf/h_d_y_course.pdf

縦走コースの中盤以降は思った以上にキツかったです。
普通に歩いていたら、全然タイムを縮められませんでした
日帰り入浴も調べてはいたんですが…時間の都合でパスしました。
駅前に店があるとは聞いていましたが、怪しかったので cocoストアにして正解です。
どのみち水戸経由で都内に帰るのに、暇つぶしの は必要でしたので!

また意外なマイナールートを共有できたらいいですね

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ